この構成でいいのか?~『最後の決闘裁判』(ネタバレあり)

 リドリー・スコット最後の決闘裁判』を見た。

www.youtube.com

 中世フランスで実際に起こった決闘裁判を主題に、3章構成でそれぞれの当事者の視点から事の次第を描いた作品である。第1章がジャン・ド・カルージュ(マット・デイモン)、第2章がジャック・ル・グリ(アダム・ドライヴァー)、第3章がマルグリット・ド・カルージュ(ジョディ・カマー)の視点で描かれている。マルグリットが夫ジャンの元親友であるジャックに強姦されたとして訴えを起こし、それをジャンとジャックの決闘で決する、という物語である。史実に基づいているとは言え、かなり脚色はされているらしい。

 明らかに#MeTooを意識した作りで、性暴力にあった女性の主体性が置き去りにされ、結局男性同士の見栄の張り合いに回収されてしまう様子を皮肉をこめて描いている。とくに最後の決闘が意図的にかなり見苦しく、ロマンティックな騎士道的雰囲気を完全に剥奪されたものとして提示されている。非常にちゃんと戦っているところを撮ってはいるのだが、女性の権利が尊重され、法が公正であればやらなくていいことをわざわざ男同士で面子のためにやっている…みたいなばかばかしさがいろいろなところからにじみ出る演出で、一応きちんと終わるのだがあんまりすっきりしない。このあたりはいかにもリドリー・スコット(しかも明るい気分でない時のリドリー・スコット)という感じで、大変よく描かれている。

 ただ、構成についてはちょっと疑問がある。第2章は正直、これ要るのかな…と思った。第2章で出てくる情報はほとんど第1章か第3章に出てきているか、ちょっと脚本をいじれば第1章か第3章に入れられるものではないかと思う。いろいろなところにル・グリの思い込みが出てきて、それが実際はこうでした…ということが第3章で語られるのだが、そのわりにはちょっと控えめすぎるというか、ル・グリの妄想とか思い込みをもっといろいろなところでイヤな形で見せるならともかく、こんな押さえた描き方でわざわざこれだけの尺を使って強姦犯に主体性を持った語りを付与する必要があるのかな…と思った。結果的に第2章はけっこうアダム・ドライヴァーの演技とベン・アフレック演じるアランソン伯のオモシロキャラぶりを見せるのが主眼の章になってしまっている気がする。性暴力の告発を描いた作品で、強姦犯とそれを庇護している主君の演技を楽しむのが全体の三分の一の主眼…というのはなんだかバランスとしておかしい気がする。

 こういう映画でしかも #MeTooがテーマということであればマルグリットの主体性ある語りが最も重要で、さらにマルグリットを演じるジョディ・カマーは素晴らしい演技をしていると思う。しかしながらそもそも「人によって真実が違う」みたいな羅生門スタイルの描き方を用いると、必然的にそれぞれの語りが平等化・相対化されてしまい、「ひとりひとりにとって真実は違いますね」ということになって、告発者の語りが占める位置が小さくなってしまう。この作品に影響を与えている『羅生門』はかなりミソジニー的な作品で、同じスタイルで違うことを…という意欲に基づく構成なのはわかるのだが、この作品は「ひとりひとりにとって真実は違いますね」というところ以上にあまり突っ込んでおらず、最後はマルグリットの主体性よりも男性が見栄のために行う決闘の愚かさみたいなところに焦点が移ってしまっていると思う。この主題でこれ以上の出来のものを作るのは難しいとは思うのだが、先日『プロミシング・ヤング・ウーマン』を見た時と同じように、被害を受けて告発する女性の主体性を中心に構成する作品をもっと作れないのかな…とは思ってしまう。

 

 

 

今見るとちょっときついところも…『オリバー!』

 東急シアターオーブでミュージカル『オリバー!』を見てきた。チャールズ・ディケンズの有名な小説『オリヴァー・トゥイスト』のミュージカル化である。映画は見たことあるが、舞台で見るのは初めてである。

www.oliver-jp.com

 ヴィクトリア朝を舞台に貧しい少年オリバーの波乱の運命を描いた作品である。正直なところ私はディケンズはかなり苦手で『オリヴァー・トゥイスト』もそんなに面白いと思ったことは無いのだが、とはいえ子どもたちが生き生き活躍するよくまとまった作品ではある。ミュージカルは原作をけっこう刈り込んですっきりさせている。

 私が見た回はフェイギンが武田真治、ナンシーがソニンだった。フェイギンはおそらく原作の反ユダヤ主義的なところを減らすため、小説に比べるとずいぶんポジティヴな結末を迎えるようになっている。また、これは武田真治の役作りのおかげもあるのかもしれないが、フェイギンがかなり人間味のあるキャラクターになっている。フェイギンは未成年者を集めて犯罪組織をやっているというとうてい擁護できない人物なのだが、この作品のヴィクトリア朝はあまり子どもたちには優しくなく、救貧院みたいな公的な施設さえ子どもたちをひどく虐待している。そんな中、救貧院の連中みたいに偽善的なことはしない一方、一応は子どもたちがちゃんとごはんを食べているかとか、顔を洗っているかといったことに気を遣っていて、暴力も嫌っているフェイギンは、周りの連中に比べると比較的マシな人として描かれているように思った。サイクスが相当に怖いので、余計フェイギンがちょっと間抜けなところもユーモアもある、まだまだ人間味のある人物に見える。

 一方でサイクスに虐待されていて完全にDV被害者になっているナンシーのキャラクターは、今見るとちょっときついものがある。"As Long As He Needs Me"が最初に歌われるところは、ナンシーが自分を虐待しているサイクスへの情愛を断ち切れず、虐待者に依存してしまっていることがわかる、大変恐ろしい歌である。ナンシーは"Oom-Pah-Pah"のところなどではけっこう陽気で、フェイギンや子どもたち、他の女たちの前ではそんなにしおれておらず、本来は元気な女性なのだと思うのだが、サイクスの前では小さく怯えた女性になってしまう。そんなナンシーがサイクスはおかしいと思ってオリバーを助けようとするのがDVからの脱出第1歩なのだが、サイクスの性格が異常すぎてナンシーは殺されてしまう。完全に孤立しているわけではないのに適切な助けを受けられず、恋人に殺されてしまうナンシーは、ヴィクトリア朝の感覚では更生を試みた末に自己を犠牲にしたかわいそうなヒロインということになるのだろうが、現在の感覚だともうちょっとなんとかならないものかと思ってしまう。

 あと、ミュージカルを見て、"Oom-Pah-Pah" はかなり荒っぽいところや色っぽいところもある歌なんだなと思った。たしかに子どもが主人公の芝居にしては歌詞が大人向けだなとは思っていたのだが、このミュージカルの演出では歌にあわせて面白可笑しくセックスを連想させるような踊りをけっこう強調している。たしかにパブで酔っ払ってみんなで歌う歌ならそうなるだろうなと思うので、このへんの演出は的確なんだろうと思う。

10/19(火)の 日経夕刊で『ジュリアス・シーザー』の記事にコメントしました 

 2021/10/19 の『日本経済新聞』夕刊の『ジュリアス・シーザー』に関する記事で、ごくごく簡単なコメントを行いました。オールフィメールの舞台に関するものです。 

10/17(日)の読売新聞で新刊が紹介されました

 10/17(日)の『読売新聞』「本よみうり堂」で新刊『批評の教室ーチョウのように読み、ハチのように書く』が紹介されました。

モーリス・ベジャール・バレエ団『バレエ・フォー・ライフ』

 モーリス・ベジャール・バレエ団『バレエ・フォー・ライフ』を見てきた。クイーンとモーツァルトの曲を使った演目で、1991年に亡くなったフレディ・マーキュリーと、1992年に亡くなったモーリス・ベジャール・バレエ団のダンサーであるジョルジュ・ドン、エイズで夭折した2人の才能ある芸術家の追悼のために作られた演目だそうだ。途中で「ブレイク・フリー」がかかるところで、舞踏みたいなやたら迫力あるダンスをする人の映像が出てくるのだが、これがドンだそうである。全体的に見ていてなんとなくステキだなと思うところはたくさんあるのだが、けっこうダンス初心者には難しいと思った。とくに花嫁衣装とかイギリス国旗などの衣装の使い方についてはあんまりピンとこなかったというか、クイーンの楽曲が連想させる愛とかイギリス文化みたいなものに安易に寄せているような気もしてとりわけピンとこなかった。www.nbs.or.jp

全然ダメだと思う~『野外劇 ロミオとジュリエット』

 東京芸術劇場で『野外劇 ロミオとジュリエット』を見てきた。青木豪演出で、もともとは野外劇にする予定だったが新型コロナウイルスなどの事情でできなくなったらしい。500円で見られるプロダクションである。

tokyo-festival.jp

 

 正直なところ、全くダメなプロダクションだと思う。ダメなポイントは主に2つあり、まずはコンセプトが全然効いていない。また、技術的な点でも全体的に出来が悪い。

 コンセプトについてだが、「男女の分断が進み、性を自ら選び取るようになった近未来の池袋」が舞台であり、さらに「女系一家・モンタギューvs 男系一家・キャピュレット」ということで、モンタギュー家は全員女優、キャピュレット家は全員男優が演じる…のだが、そもそもこの時点でコンセプトに齟齬があるような気がする。男女の分断があるのに「性を自ら選び取る」という理屈がイマイチよくわからないのだが、「性を自ら選び撮る」ならなんでモンタギュー家を全員女優、キャピュレット家を全員男優が演じているのにジュリエットは女性っぽい衣服を着ていたり、ロミオは男性っぽい衣服を着ているのかとかが全然わからない。むしろこの理屈なら、それぞれの家族を現在のいろんな性別(ノンバイナリの人も含む)の役者が演じているのに、モンタギュー家は女性っぽい衣類、キャピュレット家は男性っぽい衣類を統一的に着ている、としたほうがいいのではないかと思う。男女の分断が進んでいるらしいのに家父長制が残存していてキャピュレットが子どもであるジュリエットに父権を及ぼせる理由も謎だし、男女の分断が悲劇的な異性愛ロマンスによって緩和に向かうなんていうのは甚だしい欺瞞だと思う。まず、このプロダクションが「男」と「女」をどうとらえているのかが不明で、正直、全然ちゃんと考えていない(あるいは後付けでポっと思いついただけ?)のではと思う。ジェンダーとかセクシュアリティを扱った上演としては頭が痛くなるような詰めの甘さだ。

 ふたつめとして、おそらく野外劇の予定だったものを室内に持ち込んだからだと思うのだが、全体的に演出とか演技がちぐはぐに感じられるところが多い。金属の足場を組んで舞台を囲み、下には草なんかが生えているのだが、外でやればけっこうマシになると思うものの、室内だとなんだか安っぽくありきたりに見えてしまう。演技のほうもとくに序盤はやたらガチャガチャしていて、野外だとデカい声で騒がないと人の注意を惹きつけにくいのを前提にしているのかな…と思った。また、若者同士の場面を短くしているのにキャピュレット父とか薬屋など、中年以上の男性が騒ぐところはわりとカットが少なく、そこ強調するところじゃないでしょ…と思った。全体的に演技のクオリティはかなり低く、主役の若い2人は頑張っていたものの、空回り気味でちょっとかわいそうだった。

 ちなみにこのなんとなく緩い感じはカーテンコールまで続いており、私が見た回ではカーテンコールのシメをやったのはジュリエット役だけでロミオ役がやっておらず、ふつうこういう芝居だとタイトルロールの2人がやったほうがいいのでは…と思った(それとも日替わりなのかな?)。あと、カーテンコールでいきなり隣の役者がジュリエット役の顔をつっつくみたいな動作をしていてジュリエットがちょっとびっくりしており、いくらなんでもカーテンコールでそういうことをするのはやめてもらえませんかねと思った。予期してないところで他人の体に触ったり、不用意な動きで他人を驚かせるようなことはしないでほしい。