ハムレット

シンプルな政治劇〜ラゾーナ川崎プラザソル『ハムレット』

ラゾーナ川崎プラザソルで西沢栄治演出『ハムレット』を見てきた。若い役者を揃えたプロダクションで、シンプルだが力のある政治劇だったと思う。 張り出し舞台にはほとんど何もなく、大変シンプルなセットだ。後ろに白いカーテンがあり、カーテンの隙間から…

面白くは無いが、意欲はある翻案〜『To Be or Not To Be −ハムレットより−』

鷺ノ宮の古民家asagoroで演劇ユニットノイルによる上演『To Be or Not To Be −ハムレットより−』を見た。劇場はなんとここ↓ 『ハムレット』をバラバラにして1時間半くらいに縮め、現代日本の家庭劇として再構成したものである。母親が幼い頃に出ていってしま…

さっさと登場人物同士が殺し合って終わっててほしいと思うレベルのひどさ〜紀里谷和明演出『ハムレット』

スタジオアマデウスで、Theater Lovによる紀里谷和明演出『ハムレット』を見てきた。とにかくひどかった。単に下手でつまんないというだけではなく、なんかもうただ時間の無駄だったという感じである。メロドラマと小劇場の悪いところを凝縮させたような『ハ…

オフィーリアパネルが終了しました

表象文化論学会研究集会のオフィーリアパネルが無事終了しました。ビジュアル資料の準備や説明が足りなくて最後けっこうグダグダになってしまったのが司会としての大きな反省点ですが、無事終了しました。お越し下さった方々、登壇者の皆様、どうもありがと…

明日のオフィーリアパネルを前にウィキペディアに「オフィーリア」の記事を作りました

明日の表象文化論学会研究集会で行われるオフィーリアパネルを前に、日本語版ウィキペディアに翻訳で[[オフィーリア]]の記事を作りました。

アフリカを舞台にした完成度の高いプロダクション~RSC『ハムレット』

RSCの『ハムレット』を見てきた。サイモン・ゴドウィン演出で、ハムレット役はパーパ・エシエドゥ(ちょっと発音は自信無い)。 アフリカ(西部あたりの独立国という設定らしい)を舞台にしたプロダクションで、同じくサブサハラの国を舞台にほぼ黒人キャストで…

今まで見た中で最低の『ハムレット』〜砂地『ハムレット』

新宿のスペース雑遊で砂地『ハムレット』を見てきた。これは私が今まで見たハムレットの中で最悪かというくらいくらいひどいものであった。これは1年に1本あるかないかの、開始10分で後悔して出ようと思うが小劇場なので退路を断たれて構造上出られず(小さい…

NTライヴ版、ベネディクト・カンバーバッチ主演『ハムレット』

去年、バービカンシアターで生で見てきたベネディクト・カンバーバッチ主演『ハムレット』をNTライヴで見てきた。 基本的には以前にレビューで書いた感想とそうは変わらないのだが、字幕には相変わらず誤字脱字があった。ただ、「こっちのほうがよかったかも…

ベネディクトは良いが、演出の関節が外れている〜ベネディクト・カンバーバッチ主演、バービカンの『ハムレット』(演出ネタバレ注意)

話題沸騰のベネディクト・カンバーバッチ主演『ハムレット』をバービカンで見てきた。演出はリンジー・ターナー。 ↓売り出した瞬間にウェブサイトで買ったチケット。一瞬で売り切れたらしいので幸運であった。 バービカン内に入ると、ツイッターでの観客の感…

壁際のハムレット〜新宿梁山泊『ハムレット』

芝居砦・満天星で新宿梁山泊『ハムレット』を見てきた。実は既に今年三本目の『ハムレット』でいい加減デンマーク王室のもめごとにも飽きてきたのだが、エネルギッシュないいハムレットだったと思う。 基本的にはモダナイズのない上演で、衣装もセットもヨー…

まっとうなハムレット〜蜷川幸雄演出、藤原竜也主演『ハムレット』

彩の国さいたま芸術劇場で、蜷川幸雄演出、藤原竜也主演の『ハムレット』を見てきた。この二人で既に12年くらい前にハムレットをやっており、それは私も観ている。正直言って前の『ハムレット』のほうが良かったような気がする…たしかに藤原竜也は前より堂々…

良いところもたくさんあるが、難点も多し〜座・高円寺、タイプス『ハムレット』

座・高円寺でパク・バンイル演出、タイプスの『ハムレット』を見た。 セットは右奥に玉座、左奥にアーチ状の入り口があり、基本的に場面転換はない。衣装はだいたい現代風…だが、完全に現代ものっていうわけではないと思う。 とりあえずいいところはたくさん…

カクシンハン『ハムレット』

カクシンハンの『ハムレット』を見てきた…のだが、これはちょっと依頼劇評を書く可能性がある作品なので(まだ決まってないのだが)、一応覚え書きとしてメモを書くだけにしておこうと思う。・舞台は前回の『仁義なきタイタス・アンドロニカス』に似ており、斜…

ライヴと映像の比較〜ナショナル・シアター・ライヴ『ハムレット』

ナショナル・シアター・ライヴの『ハムレット』を見てきた。 私、ぼんやりしてて「チャールズ・スペンサーがボロクソにけなしてたほうの、私がチケットとれなかったハムレット」だと思って見に行ったんだが、行ってみてから既に生で見たやつだと気付いた。生…

わかりやすく、詩情は少なく〜あうるすぽっと、KUNIO11『ハムレット』

あうるすぽっとでKUNIO11の『ハムレット』を見てきた。全く下調べとかしないでけっこうチケットもまぎわにとってふらっと行ったら非常に短かくて驚いたのだが、あとで調べたらこれ、通称バッド・クォートことQ1に基づいてるんですね!あうるすぽっとシェイク…

ゴブレイプロジェクト『赤いきつねとみどりのハムレット』〜学芸会とヴィクトリアンバーレスクのはざまで

池袋演劇祭の審査でゴブレイプロジェクト『赤いきつねとみどりのハムレット』を見てきた。なんかアイドル舞台とかいうものだそうで、普段はアイドルとかをやっている若い女性がオールフィメールでハムレットの翻案をやるというもの。観客はほとんど男で女性…

グローブ・トゥ・グローブフェスティヴァル、超ハイテンションなリトアニア語版『ハムレット』

グローブ・トゥ・グローブフェスティヴァルでリトアニア語版『ハムレット』を見てきた。リトアニアではなんと15年もロングランしている人気作で、主演はリトアニアのロックスターであるアンドリュス・マモントバス、ディレクターは本国で高い評価を得ている…

バービカン『ハムレット』〜これがドイツだ!地獄に堕ちたデンマーク王族ども

バービカンでドイツのシャウビューネの『ハムレット』を見てきた。ワケわかんないけどすごい迫力で「これがドイツか…」という感じ。 とりあえずこの上演は結構テクストをバラバラにしており、しょっぱなから"To be, or not to be"独白が放送される。その後も…

グローブ座『ハムレット』〜小規模だがスピーディで若々しく、非常に好み

本年初グローブ、『ハムレット』。全席ソールドアウトで高い席しか残っておらず、しかも残ってた席はやたらまぶしくてちょっと見づらいというよろしくない環境だったのだが(マチネでかんかん照りだった)、内容は非常に良かったと思う。 たった8人の役者でと…

ジンバブエ発二人芝居、オーヴァルハウス座『ハムレットの狂気』(Kupenga Kwa Hamlet)

オーヴァルハウス座で『ハムレットの狂気』(Kupenga Kwa Hamlet)を見てきた。去年バースで『ヴェローナの二紳士』をやってとても面白かったジンバブエの二人芝居ユニットが新しく持ってきた演目。相変わらず非常にエネルギッシュな舞台ですごくオススメ。 こ…

お疲れ気味のニート王子〜ナショナルシアター『ハムレット』

ナショナルシアターでニコラス・ハイトナー演出の『ハムレット』を見てきた。基本良かったと思うのだが、ちょっと私の好みからすると殺伐としすぎていてホットなわくわく感に欠けるかなぁという感じ。 演出スタイルとしてはセットも衣装も全部現代のものにし…