ヒースロー近くのお屋敷、オスタリー・パーク

帰国の日、飛行場でちょっと時間があったのでヒースローの近くにあるオスタリー・パークに行ってきた。まず行く前に腹ごしらえということでサンデーローストを。 お屋敷に続く道には白鳥があそぶ湖。お天気はイマイチだが… ホレス・ウォルポールが褒めたらし…

チェスター

チェスターではまずローマ劇場遺構へ。 ひどい雨だ… ローマ式庭園。いたるところにローマの遺構がある。 お隣の洗礼者ヨハネ教会。この日はヘリテージウィークエンドで、イベントが行われていたのだが、中ではアメリカ合衆国やカリブの国々でハリケーンの被…

シュルーズベリまちあるき

シュルーズベリでまちあるきをした。古い街並みがよく残っている。 駅前はこんな感じ。駅を降りるとすぐ古い街並みで、鉄道や自動車道と城壁が接しているので、えらいスチームパンク感がある。 図書館。 図書館の前にあるダーウィン像。ここはダーウィンの故…

シュルーズベリ古戦場

シュルーズベリにバトルフィールドという地名があるのだが、ここはシュルーズベリの戦いの古戦場である。ここに行ってきた。街からバスで行かなければならず、凄い田舎にある。しかもバスが全く頼りにならず、変なところで下ろされるわ、ボタンを押しても止…

ピーター・ホール版『夏の夜の夢』が撮影されたお屋敷美術館コンプトン・ヴァーニー

1968年にピーター・ホールが演出した『夏の夜の夢』映像版の撮影が行われた、ストラトフォード=アポン=エイヴォン近くのお屋敷美術館、コンプトン・ヴァーニーに行ってきた。 柳のトンネル。 遠くから見たお屋敷。 氷室らしい。 ケイパビリティ・ブラウン…

ベッドフォードシャのお屋敷、レスト・パーク

ベッドフォードシャにあるお屋敷、レスト・パークに行ってきた。シェイクスピアに言及した現存する文書のうち、最初期のもののひとつがここで書かれたと言われている。 ルートンからタクシーで20分くらいのシルソーという辺鄙なところにあるのだが、ルートン…

ジャーナリスト・社会運動家としてのディケンズ〜ディケンズ博物館"Restless Shadow: Dickens the Campaigner"

ディケンズ博物館で"Restless Shadow: Dickens the Campaigner"を見てきた。キャンペーンジャーナリストとしてのディケンズの業績に焦点をあてた展示である。 ディケンズはホームレス問題、子どもの福祉、教育、娼婦になった貧しい女性の救済、クリミア戦争…

ダウントン・アビーの舞台、ハイクリア城

ダウントン・アビーの舞台であるハンプシャのハイクリア城に行ってきた。なかなか予約がとれない人気のお屋敷である。しかも相当に辺鄙なところにあり、ニューベリー駅からタクシーをつかまえないといけない。 ほんとにドラマそのまんまの風景だ。 オープン…

秩父観光

『ミカド』を見る前に少しだけ秩父観光をしてきた。 まずは駅のフードコートで黄金のわらじカツ丼とやらを。わらじカツ丼が名物だそうで、味は美味しいのだがかなりもたれる。 街で見かけためんこい駐車場。 ちちぶ銘仙館。 牧水の滝。 山から見下ろす秩父の…

ストラトフォード(9)少しダークで思いっきり笑える『十二夜』

マーサ・ヘンリー演出の『十二夜』を見た。 フェスティバルシアターの張り出し舞台を使い、奥には木を、前面には楽器を設置している。この楽器がくせもので、白っぽいガラスのボールを棒でこすって音を出すというもので、舞台を囲むように複数設置されていて…

ストラトフォード(7)18世紀のソーシャルメディア〜『悪口学校』

ストラトフォード・フェスティバルの芸術監督であるアントニ・チモリーノが演出したリチャード・ブリンズリー・シェリダンの戯曲『悪口学校』を見てきた。英語圏では人気作で、以前一度見たことがあるので、あらすじはそちらを参照。 サー・ピーターを演じる…

ストラトフォード(6)張り出し舞台を用いたミュージカル〜『ガイズ&ドールズ』

ドナ・フィオール演出『ガイズ&ドールズ』を見た。フェスティバルシアターでの上演だったのだが、グローブスタイルの張り出し舞台を使ったミュージカルなんてめったに見られないので、珍しい経験だ。 『ガイズ&ドールズ』のようなミュージカルはかなりのセッ…

ストラトフォード(5)暗くて暴力的な『ロミオとジュリエット』

スコット・ウェントワース演出『ロミオとジュリエット』を見た。 フェスティバルシアターのバルコニーがある張出舞台を使った上演で、とにかくこの劇場は張出部分がすごく客席になじんでいるのが上演空間として魅力的だ。舞台はけっこうシンプルで、もともと…

ストラトフォード(4)不安になる芝居〜『チェンジリング』

ジャッキー・マクスウェル演出『チェンジリング』を見てきた。この芝居を見るのは三回目なのだが、何度見てもすごい不安にかられる芝居である。 設定は1940年代、ファシスト政権下のスペインである。ハイヒールにすらっとしたドレスを着たすごく美しいビアト…

ストラトフォード(3)現代を諷刺する〜『アテネのタイモン』

ストラトフォード・フェスティバルでスティーヴン・ウィメット演出『アテネのタイモン』を見た。全体的に大変面白かったと思う。テクストを読むとさっぱり面白くないのだが、この芝居は上演を見るたびに興味が湧く。 真ん中に長方形の舞台があり、四方に客席…

ストラトフォード(2)2017 Shakespearean Theatre Conference: Shakespeare 401: What’s Next?

ストラトフォード・フェスティバル併催の学会2017 Shakespearean Theatre Conference: Shakespeare 401: What’s Next?に出た。4日間(初日はレセプションのみ、5日目の午前にも劇場でイベントがあるがこれは出られず)の学会で3日目に発表した。様子はツダった…

ストラトフォード(1)ストラトフォード・フェスティバルツアー

さて、フェスティバル中のストラトフォードに移動し、まずは劇場ツアーを。 フェスティバルシアター。大きな張出舞台があるメインの劇場である。 お庭がある。 銅像。 エイヴォン川とヴィクトリア湖。 劇場ツアーでは稽古場や小道具、衣装の工房などの舞台裏…

トロント(5)シンフル・サンデイズ・バーレスク

トロントではチェリーコーラズという店で日曜夜に行われるSinful Sundays Burlesqueに行ってきた。 開始10分前に店に行ったら誰もいなくて焦った。 …のだが、ショーは無事始まり、とても面白かった。ゲイ・ジーザス(すごい芸名だ)、デリシア・パスティーシュ…

トロント(4)トロント大学+まちあるきとごはん

トロントのメインイベントはトロント大学での調査なので、トマス・フィッシャー貴重書図書館に行ってきた。 すごくカッコいい図書館だ。 展示。受肉のマリの本とかが展示されている。 シェイクスピアもいる。 キャンパスは広々としている。 おまけとしてまち…

トロント(3)バータ靴博物館

バータ靴博物館という、トロント大学の近くにある靴専門の博物館に行ってきた。 こんな内装。 展示室。 いろいろな靴が揃っている。 日本の神道で使う靴。 アシャンティ人の黄金の靴。 マーガレット・アトウッドの靴。 19世紀のファッションの危険性について…

トロント(3)マッケンジー・ハウス

トロントの初代市長で、共和主義者の反乱を起こしたこともあるウィリアム・ライアン・マッケンジーの邸宅が保存されており、ここに行ってきた。 ガイドツアーで見学できるのだが、いろいろな話を聞けて非常に面白い。マッケンジーは19世紀前半の人としてはけ…

トロント(2)オンタリオ美術館

続いてオンタリオ美術館へ。フランク・ゲーリーが建てた目立つ建物だ。 内部は中心にオープンスペースみたいなのがあり、ぐるぐる回る階段がある。 特設展でジョージア・オキーフ展をやっており、これは大変よかった。オキーフの人生と作風の移り変わりをわ…

トロント(1)オンタリオ州議事堂

トロントに到着した。日曜日で図書館などはあいていないので、まずオンタリオ州議事堂へ。 初代首相、ジョン・A・マクドナルドの銅像がたっている。 ガイドツアーがあるのだが、なんと参加者は私ひとり。いろいろ案内してもらい、カナダの基本的な地理からオ…

小平と三毛別

帰北中に小平と三毛別に行ってきた。 まずは小平の鬼鹿にあるじょぐらでイクラホタテ丼。 その後、小平の道の駅へ。 ここには敷地に鰊御殿があり、道の駅の中にも鰊御殿の親方の部屋を再現したお休みどころが。 鰊御殿である旧花田家のお屋敷。重文らしい。 …

グラスゴー(2)まちあるきとごはん

グラスゴーでは日曜日以外はずっと調査だったのだが、合間の時間にまちあるきも少ししたし、いろいろ美味しそうなお店を試してみた。 こちらはグラスゴー大学の近くにあるグラスゴー植物園。 エリンを探せ! グラスゴーにはそこらじゅうにカモメがいる。宿泊…

グラスゴー(1)マッキントッシュめぐり

日曜日は調査ができないので、グラスゴーでチャールズ・レニー・マッキントッシュ関係の史跡めぐりをした。 まずはグラスゴー・スクール・オブ・アート(芸大)のマッキントッシュツアー。 マッキントッシュが設計した有名な建物は2014年に火事で焼けてしまっ…

ビュート島(1)ロスシー城

さて、グラスゴーでお目当てなのはビュート島。朝早く船で島にわたる。 グラスゴーからウィームズ・ベイまで行く途中で見かけたおもしろ駅名。IBMがあるらしい。 フェリーの渡し場があるウィームズ・ベイの駅。 フェリー。けっこう立派だ。 島に降りる。 ち…

ブラックバーンでフォリオもうで

さて、ロンドンから出てスコットランドに向かう途中、ブラックバーンに寄った。 こんな町である。 目的地はブラックバーン博物館。 ここでシェイクスピア没後400周年の記念展示が実施中。近くにあるストーニーハースト校のファースト・フォリオが公開されて…

ブレナム宮殿

ブレナム宮殿に行ってきた。ここはモールバラ公爵家の屋敷でけっこう辺鄙なところにある。私は博論でブレナム文書を使ったので(公刊されてるやつ)一度来てみたいと思っており、やっと訪問できた。 世界遺産になっており、大変立派なお屋敷である。 お屋敷の…

テイト・モダンのジョージア・オキーフ展とバンクサイド~サザーク散策+ロンドンのごはん

ちょっと順番が前後してしまうが、こちらは旅行最終日のロンドン散策も含めたまちあるきとごはん写真。 ロンドンではテイト・モダンに行ってジョージア・オキーフ展を見てきた。かなり見応えのある展覧会だった。 在ロンドン中はグローブ座やテイト・モダン…