美術館

六本木ヒルズ「マーベル展」

六本木ヒルズの「マーベル展」に行ってきた。コミックについては全く知識がないのだが、それでもアメコミの出版とかマーベルの社史からけっこうわかりやすい解説があった。映像による解説がとても充実していて、キャプテン・アメリカ第一作は変身前のスティ…

森アーツセンター「大エルミタージュ美術館展」

森アーツセンターで「大エルミタージュ美術館展」を見てきた。非常に混雑していたのだが、ルネサンスから18世紀頃まで粒の揃った展示で楽しめた。とくにヨルダーンスの「クレオパトラの饗宴」が気に入った。クレオパトラが豊満なベネルクスふうの美人なのが…

国立新美術館「ミュシャ展」

国立新美術館で「ミュシャ展」を見てきた。「スラヴ叙事詩」の一挙公開ということだったのだが、正直、「スラヴ叙事詩」シリーズはデカいだけであんまり心に響かなかった。個人的な好みの問題なのだが、画面の大きさのわりにはちょっと平面的だし、着ている…

草間彌生展「わが永遠の魂」

国立新美術館の草間彌生展「わが永遠の魂」を見てきた。真ん中に草間彌生の絵画がびっしり展示され、中央にはインスタレーションのある大きな部屋があり、その周りに小部屋があるという展示方法である。ちょっとエログロな生命力に満ちた展示で、見ているだ…

畠山記念館「茶の湯の名品―破格の美・即翁の眼」

畠山記念館で「茶の湯の名品―破格の美・即翁の眼」を見てきた。重文になっているからたちの花入れを初めて見た。お抹茶も頂き、久しぶりに爽やかな気分になった。 ↓これは茶室。ただしお茶を飲んだのはここではなく、室内のほう。

練馬区立美術館「19世紀パリ時間旅行ー失われた街を求めて」

練馬区立美術館「19世紀パリ時間旅行ー失われた街を求めて」展を見てきた。地図からポスター、書籍、絵画、衣装までたいへん充実した展示で、とても良かった。『オペラ座の怪人』を彷彿とさせるような仮面舞踏会のポスターなどもある。ちなみに佐伯祐三の絵…

「ティツィアーノとヴェネツィア派」展

東京都美術館で「ティツィアーノとヴェネツィア派」展を見てきた。最終日だったので混雑がひどかったのだが、絵は楽しく見ることができた。ティツィアーノの「フローラ」が一番気に入ったかな。

「ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 」展

Bunkamuraで「ゴールドマン コレクション これぞ暁斎!」展を見てきた。可愛らしい動物戯画などが多く、センスを感じる。これを見た後にバレエの『ピーターラビットと仲間たち』を見たので、1日モフモフした気分に包まれた。 春画コーナー(奥まったところに…

「DAVID BOWIE is」展

天王洲アイルで「DAVID BOWIE is」展を見てきた。既にイギリスで見ていてその時に詳しい感想を書いており、あまり印象は変わらなかったのだが、『映像の世紀』や『戦場のメリークリスマス』についてのインタビュー資料などがロンドンで見た時よりも増えてい…

ボウイ展の様子がよくわかるドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』

ドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』を見てきた。ヴィクトリア&アルバート美術館で行われた展示に関するドキュメンタリー映画である。既にイギリスで展示を見ており、記憶をたどりながら見た(日本版も行く予定)。展示の見所やトークショーを織…

「マリメッコ展 デザイン、ファブリック、ライフスタイル」

Bunkamuraで「マリメッコ展 デザイン、ファブリック、ライフスタイル」を見てきた。マリメッコのデザインの歴史がよくわかる展示だが、初期の下絵とかはかなりいたんでおり、この手の資料保存の重要性を感じた。激込みだったのだがほとんどお客は女性で、年…

永青文庫「仙突ワールド−来て見て笑って!仙突さんのゆるカワ絵画−」

永青文庫で「仙突ワールド−来て見て笑って!仙突さんのゆるカワ絵画−」を見てきた。たしかにかわいい絵が展示されていたが、一部屋の展示でちょっと点数は少なかったかな…帰りに新江戸川公園で写真をとってきた。

デトロイト美術館展

上野の森美術館で「デトロイト美術館展」に行ってきた。印象派〜ポスト印象派くらいを中心に粒の揃った展示で楽しめる。ただ、デトロイト美術館は街が破産したため大変な財政難であるはずで、パネルにも少しそういう説明があり、とりあえず応援しないと…とい…

「クラーナハ展ー500年後の誘惑」

「クラーナハ展ー500年後の誘惑」を見てきた。とにかくキュレーションがしっかりしていて、比較的なじみの薄い画家を現代の他の画家や日本の美術史への影響などとからめて紹介する教育的な要素と、絵が単純に個性的で見ていて楽しいという側面両方がある展覧…

大仙突展

出光美術館で「大仙突展」を見てきた。大変な混雑だったのだが、仙突の代表作が多数展示されており、ユーモアと禅の教えに満ちた画風を堪能できる。そして思ったのは、まあ当たり前と言えば当たり前のことだが、仙突の禅画というのはきわめてコンセプト重視…

国立新美術館「アカデミア美術館所蔵ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」展

国立新美術館で「アカデミア美術館所蔵ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」展を見てきた。ティツィアーノやティントレットをはじめとする粒の揃った絵が来ているのだが、私の好みからするとちょっと穏やかな調和を感じさせる絵が多すぎるかも…あと、絵を保…

ブタの世界〜『ピーターラビット展』

文化村で『ピーターラビット展』を見てきた。最初に私家版で出た『ピーターラビットのおはなし』を含めた原画や書簡などを多数展示しており、解説パネルもわりと充実している。ディーン・フジオカが出ている解説ビデオもわかりやすい。やたら「ビアトリクス…

グラスゴー(1)マッキントッシュめぐり

日曜日は調査ができないので、グラスゴーでチャールズ・レニー・マッキントッシュ関係の史跡めぐりをした。 まずはグラスゴー・スクール・オブ・アート(芸大)のマッキントッシュツアー。 マッキントッシュが設計した有名な建物は2014年に火事で焼けてしまっ…

テイト・モダンのジョージア・オキーフ展とバンクサイド~サザーク散策+ロンドンのごはん

ちょっと順番が前後してしまうが、こちらは旅行最終日のロンドン散策も含めたまちあるきとごはん写真。 ロンドンではテイト・モダンに行ってジョージア・オキーフ展を見てきた。かなり見応えのある展覧会だった。 在ロンドン中はグローブ座やテイト・モダン…

チジックハウスとホガースの家

チジックに行ってきた。 チジックにはチジックハウスというヴィラがある。 正直、ヴィラはあんまり展示が充実していなくてそれほどでもなかった。お庭のほうはビートルズが"Paperback Weiter"と"Rain"を撮影したところで、綺麗である。 チジックハウスの近く…

クイーンズ・ギャラリー「マリア・メーリアンの蝶」&「スコットランドの芸術家たち」

ロンドンのクイーンズ・ギャラリーで「マリア・メーリアンの蝶」("Maria Merian's Butterflies")と「スコットランドの芸術家たち 1750-1900」("Scottish Artists 1750-1900")を見てきた。 まずは「マリア・メーリアンの蝶」を見る。メーリアンは17世紀ドイツ…

サーチギャラリーのローリング・ストーンズ展"The Rolling Stones: Exhibitionism"

ロンドンのサーチギャラリーでローリング・ストーンズの展覧会"The Rolling Stones: Exhibitionism"を見てきた。 ストーンズの長いキャリアを反映し、とにかく物量で勝負という感じの展示である。自分でミックスをいじれるブースなどが用意された音源コーナ…

国立新美術館「ルノワール展」

国立新美術館で「ルノワール展」に行ってきた。「色彩は『幸福』を祝うために」というだけあって、幸福感のある展示だった。ただ、途中でダンスの海外を紹介する際、先行例としてロココのニンフのダンスの絵とかを持ち出すのはどうかなと…ブリューゲルの田舎…

京都半日散策

学会前に京都を半日ばかり散策してきた。 まずは京都市美術館でダリ展を見た。こちらはメイ・ウエストの顔を模した撮影コーナー。 入り口に「刺激的な内容」の注意書きがあり、何だろうと思ったら「アンダルシアの犬」全編上映をやっていた。これはたしかに…

カラヴァッジョ展

国立西洋美術館でカラヴァッジョ展を見てきた。卒業旅行でイタリアに行った時に必死にカラヴァッジョを見て回ったので、既に見たことのあるようなものも数点あったのだが、それでもけっこう粒のそろった良い絵がきており、これだけまとめて見られるととても…

記録とライヴの間〜『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』

『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』を見てきた。 クリス・モーカーベル監督によるドキュメンタリーで、バンクシーは全然出てこない。ほとんどはバンクシーがニューヨークで2013年10月に実施した、1日ひとつ作品を発表する「ベター・アウト・ザン・イン」の…

村上華子 「ANTICAMERA (OF THE EYE)」

タカ・イシイギャラリーで村上華子 「ANTICAMERA (OF THE EYE)」展をみてきた。「オートクローム・リュミエール」という技法を使った「撮られ損ない」のような写真を大きくして展示するものである。枠の部分が焼け焦げたみたいになっていてちょっと幽霊の断…

ボストン(7)イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館

ボストン美術館から歩いて行けるところにイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館がある。ここも列ができていて大混雑だったのだが、行ってきた。 中がすごい。 ホント、お屋敷だ。 残念ながら二階が改修中だったのだが、それでもいろいろな美術品が展示さ…

ボストン(6)ボストン美術館

ボストン美術館に行ってきたのだが、とにかくこんでいてチケットオフィスに列ができており、中に入るまで30分くらいかかった。 そしてボストン美術館はとにかくデカい。 広い空間をうまく使って、通路にも展示が。 ジョン・シンガー・サージェントのすごい天…

ボストン(4)ハーヴァード大学美術館

さて、ボストンではけっこう観光もした。ハーヴァード大学でのセッションが終わった後はハーヴァード美術館へ。 ミロ。 ゴッホ。 オキーフとクレー。 モローやラファエロ前派なんかもけっこうある。 ?!死に神と闘うトラ? これはメアリー・カサットだった…