ダンスと演技以外は見る価値なし〜ロイ・フラーのなんちゃって伝記映画『ザ・ダンサー』

 『ザ・ダンサー』を見てきた。一応、モダンダンスの革新者だったロイ・フラーの伝記ということになっているのだが、ほとんど史実に基づいてはいない。ダンスと演技はいいと思うのだが、脚本や演出は全くダメで、つまらない映画である。


 まず、フラー(ソーコ)が有名なサーペンタインダンスを開発する背景として、もっと古い形の伝統的なスカートダンスがあることを全く描いていないので、フラーが急にサーペンタインダンスを開発したように見える。伝統舞踊や大衆演芸のバックグラウンドがきちんとある人がモダンダンスを開発したというふうに描いたほうがいいと思うのだが、この映画はそういうダンスの歴史と発展の面白さには全く興味がないみたいだ。隔絶されていた天才が突然ダンスを開発したみたいな考え方になっていると思うのだが、私にはこれはけっこうくだらないセンチメンタルな歴史観に見える。

 さらにひどいのはイサドラ・ダンカン(リリー・ローズ・デップ)がまるでフラーを踏み台にして出世するレズビアンの悪女みたいに描かれていることで、このあたりはひどいミソジニーと同性愛嫌悪を感じる(監督は女性なのだが、それはこの映画がものすごくミソジニー的で同性愛嫌悪的なことの言い訳には全くならない)。歴史的には、フラーとダンカンは個人的にはうまくいってなかったが芸術的には互いを評価していたらしいのだが、そういう芸術家同士の人情の機微などはのぞむべくもない。別に史実にない百合を持ち込みたいのならそれもいいのだが、問題はフラーとダンカンの間にセクシーな情熱がほとんど感じられないことで(役者の息が合ってないのでは?)、ダンカンの振る舞いは色気がないのでただの人格が分裂した人にしか見えない。さらに、個人的には百合にするならそっちじゃなくてフラーと献身的なマネージャーであるガブリエル(メラニー・ティエリー)のほうだろと思うので(この2人の会話はわりとちゃんと書けててベクデル・テストもパスする)、この展開は全く趣味にあわない上、不出来な百合をえんえんと見せられているみたいで実に不愉快であった。ほかにも展開上、フラーとルイ(ギャスパー・ウリエル)がセックスするタイミングとイサドラが誘惑してくるタイミングの組み合わせがおかしいだろとか、序盤でケイトがフラーのダンスを横取りする展開にもミソジニーがひどく感じられるとか、いろいろ脚本に問題はある。

 ダンスの再現はさすがに綺麗だし、無声映画の授業でもダンスの歴史の授業でも必ず見せられるサーペンタインダンスの映画(これを踊ってるのはフラーじゃなくフォロワーのアナベルだが)をよく再現している。ソーコの演技も悪くはないし、衣装とかは綺麗だ。ただ、ほかにはぜんぜん、見るべきところはない。

80年代東ドイツ、見よう見まねでブレイクダンスを始めた若者たちの熱いダンス映画〜『ブレイク・ビーターズ』

 『ブレイク・ビーターズ』を見てきた。

 舞台は1985年頃の東ドイツ、デッサウ。社会主義政権下の町に、西側からアメリカのブレイクダンスがテレビや映画を通して入っていた。デッサウで体操をやっていた若者フランク(ゴードン・ケメラー)はたちまちブレイクダンスに夢中になり、アレックス(オリバー・コニエツニー)、マティ(ゾーニャ・ゲルハルト)、ミヒェル(セバスチャン・イェーガー)とともにストリートダンスグループを結成。街の通りでダンスをはじめるが、警察はこれをよく思わず、取り締まりをはじめる。ところが東ドイツ全土でブレイクダンスが流行し始めたのに危惧を抱いた娯楽芸術委員会は、フランクたちを「人民芸術集団」に格上げし、ブレイクダンスを「アクロバティック・ショーダンス」としてプロパガンダに使うことを計画。取り締まりを逃れるため、委員会のお墨付きを受けることにしたが、若者たちはだんだん委員会の干渉に不満をつのらせ…

 実際に80年代に東ドイツでストリートダンスが流行っていたという史実があり、それに基づいて作られているらしいのだが、内容はだいたいフィクションだそうだ。とくに最後の「記録から抹消された」パフォーマンスは創作らしい。

 一見地味そうだが、なかなかどうして熱いダンス映画である。新しい芸術や娯楽に飢えている若者たちがアメリカからやってきたダンスに夢中になるあたり、ダンスは物資があまりなくてもできる娯楽だからすぐに広まるんだなと思った。またまた、ダンスをするだけで警察が捕まえに来るというのはどこやらの国a.k.a.日本でも最近話題になっていたことで、東ドイツの昔の話だと言って笑って見てはいられない。さらに最初はストリートダンスを弾圧していたくせに、若者にアピールしそうだということになるとすり寄ってくるお偉いさんたちの描写はなかなか諷刺がきいていて面白かった。社会主義っぽくするため、個人技を見せるのがポイントのブレイクダンスを全員同じ振付で踊らせようとするあたり、発想のダサさがすごく笑える。これも東ドイツだけではなく、現代日本でもよく見受けられる事例だと思う(クールジャパンって、この東ドイツの娯楽芸術委員会と大差ないセンスだ)。

 ダンス映画として好みが分かれそうなのは、ダンスのクオリティを上げるための試行錯誤とかはあまり描かれていないところである。主人公たちはもともと体操選手で身体能力が高く、基本的な体の動かし方をかなり理解しているため、「見よう見まねで踊ったところとんでもねえヘンなダンスになり、まともになるまで試行錯誤」みたいなお笑い展開は無い。ライバルチームとの小競り合いやケガなどはあるのだが、主人公たちがぶつかる壁は芸術的なクオリティによる挫折と復活とかではなく、政治的な干渉である。表現の自由が無いところでは、クオリティみたいな内在的な問題よりも政治的統制という外在的なことがらが最大の問題になってくる。そして自由な表現や他のアーティストとの交流が許されないとなかなかクオリティが上がらない…ため、最後にナレーションで流れるように「東欧のブレイクダンスなんてドイツ統一後は誰も興味を示さなかった」というほろ苦い終わり方になる。

 なお、この映画はベクデル・テストはパスしない。登場人物のうち、まともに台詞がある女性はマティくらいである。

「ザ・アイリッシュダンス〜ラグース」

 Bunkamuraオーチャード・ホールで「ザ・アイリッシュダンス〜ラグース」を見てきた。

 ラグースは2年前にも来日しており、その時も見に行ったのだが、今回も前回同様、演奏と歌とダンスをバランスよく組み合わせたショーで、リラックスして楽しむことができる。「ダニー・ボーイ」とか「ユー・レイズ・ミー・アップ」みたいなお馴染みの曲が演奏される一方、サービスで「上を向いて歩こう」や「ふるさと」など日本の曲の演奏、またまたスティーヴィ・ワンダーの「迷信」なんかを演奏するなどの遊びもあり、アイルランドの楽器でこういう歌を演奏するのはなかなか変わった味わいがある。ダンスもバラエティ豊富で、エマ・オサリヴァンによるシャン・ノース・ダンス(伝統的なスタイルのソロのダンス)も見ることができるし、ほうきやフライパンなどを使った変わったダンスからお馴染みの伴奏なしでダンサー自身が靴の裏を打楽器みたいに使って踊るダンスまで、いろいろ楽しめる。楽しい演目なのにがら空きだったので、お暇な方は是非…

『リバーダンス』20周年記念公演

 『リバーダンス』の20周年記念公演にいってきた。

 既に二回くらい劇場で見たことがあるのだが、何度見ても本当にわくわくする。タップダンスとアイリッシュダンスのダンスバトルの場面は見るたびに笑ってしまうし…日本公演では「さくらさくら」のおまけ演奏もあった。

映画史上最もセクシーでない非モテ踊りとしてのモダンダンス〜『フランシス・ハ』

 『フランシス・ハ』を見てきた。

 ヒロインは27歳なのにまだダンスカンパニーの実習生で定職がなく、親友ソフィとべたべたしているフランシス。ところがソフィがニューヨークのもっといいエリアに住むため出て行ってしまい、金欠のフランシスはいろいろなところをうろうろ泊まり歩きつつ、少しだけ人生に向き合って…という話。

 これ、前編モノクロのオシャレな映像といい、たいした事件も起こらないのに機知に富んでいて爽やかな展開といい、やたらに自然な主演女優グレタ・ガーウィグの演技といい、すごくよくできた面白い映画だったと思う。のだが、すごくよくできていて面白かった分、個人的にけっこうよくわからないところが多くてそんなにのれなかったかなぁ、と…

 まず、最初のフランシスとソフィのベタベタした距離感が全然わからなかった。ああいうふうに携帯でしょっちゅう電話するのか…とか、フランシスがソフィと離れられないから男と住めないと言ったりとか、電話が嫌いで人間嫌いな私にはちょっとわからない世界である。いやまあああいう女性もいるんだとは思うが…さらによくわからなかったのはパッチのキャラクターで、人前でのソフィに対する態度といい、ソフィに仕事やめて日本についてこさせるところといい、私にはかなり困った男みたいに見えたのだが、この映画のオチでは別にパッチはそんな悪い人じゃなかった、みたいなことになっている。
 
 ちなみに、この映画ですごく面白いと思ったのは、モダンダンス=デートできなさ(undateableであること)の象徴みたいな扱いになっているところである。フランシスはしょっちゅう、親しい男友達であるベンジーにundateableだとからかわれていて、自他共に認める非モテである(訳語の適切さはともかく、字幕は「非モテ」となっている)。普通、映画の記号としてはダンス=モテだと思うし、この間のニック・フロストが出てた『カムバック!』とかはまさにそれで、ただダンスに打ち込むと最初はモテが目的でもそういうことはどうでもよくなってくる、みたいな要素が描かれていた。ラテン系のダンスっていうのは『レッスン!』なんかでもそうだが、常に炸裂するエロティシズムと熱い情熱の象徴であって、まあエロティシズムが炸裂しているので当然踊り手はモテる。『ダーティ・ダンシング』や『フットルース』においても、踊りというのは常に情熱的でセクシーな自己表現である。このへんの映画においては自己表現=セクシー、みたいな定式があるように思う。ところが『フランシス・ハ』におけるモダンダンスというのは、美しいし独創的だがちっともセクシーでない。モダンダンスでしかもなかなか芽が出ないフランシスがセクシーじゃないのは当然なのだが、とはいえフランシスは自己表現さえできれば別にセクシーでなくてもいいと思っているところが魅力でもあるので、これは正しい描き方だし十分効果をあげていると思う。しかしながらアートで全然セクシーじゃない芸術としてのモダンダンスっていう表現は、他のラテン系のダンスなんかとあまりにも違っていてちょっと興味深い。

市山流踊りと芸妓のエキシビション

 新潟出張の最後に、関連企画である「市山流踊りと芸妓のエキシビション」を見学。



 お座敷踊りなのでとてもお短く、3演目あったのだがすぐ終わってしまった。ちょっと物足りないが、まあ演目の性質上しょうがないのだろうと思う。「次は是非お座敷にお越し下さい」と言っていたのだが、いやそれはさすがに…この台詞のあと、会場から笑いが起こっていた。

『ニック・フロストのおっさんダンス天国』…ではなかった、『カムバック!』(ネタバレあり)

 『カムバック!』を見てきた。

 主人公はエンジニアのブルース(ニック・フロスト)。少年時代はサルサの天才として賞を総ナメしていたが、「ダンスは女のやること」とクズどもに暴力を振るわれたのをきっかけにダンスをやめ、今ではメタボおやじにどんどん近づいていた。ところがアメリカから転勤してきた美しい上司ジュリア(ラシダ・ジョーンズ)がサルサを習っているのを知り、トラウマを乗り越えてサルサを再開しようと決める。ところが同僚で職場一のモテ男であるドリュー(クリス・オダウド)もジュリアを狙っており、汚い手を使ってブルースの恋路を邪魔しようとする。ブルースの恋とダンスの行方は…

 話はいろいろ緩い感じでご都合主義的だし、ジョークに関してはそんなに可笑しいかなぁ…っていうところもある。あと、いつもはだらしないけどナイスなアイルランド男キャラで、この映画のブルースに近いような役が似合うクリス・オダウドが「職場一のモテ男だけど超イヤな奴」設定なのは果たして個性にあってるのか、というキャスティングの問題はあると思う(最初に出てきた時からすげーイヤな奴なんだが、「ほんとにこいつ最後までこんな調子なん?途中で化けるのでは?」という疑いを持ってしまった…あと、こういう雰囲気でモテ男という設定は日本やアメリカではあり得ないだろうな)。

 それでもニックとクリスが駐車場でやるへんなおっさんダンス対決(←あまりにも息がピッタリあっていて本当に爆笑モノ!)を見るだけでも金を払う価値があるし、最後のブルースの「エル・コラソン」(「心」のことらしい)溢れるダンスの面白さや、結局主人公が優勝しないで終わるという女子スポーツものみたいな終わり方なども含めて、とても愉しい映画だった。やはりニック・フロストの演技が役柄にピッタリあっているのが良い。さらに脇の役者も面白く、ブスっとした顔で下品なことばかり言ってるが実はブルースのことを心配している親友ゲイリーを演じるローリー・キニアがとても良かった。最初はダンスを敬遠していたのに、最後にブルースが踊るところを見て目を輝かせるあたりの演技はとても見ていて楽しい。サイモン・ペグも一瞬だけ出ている。

 ちょっと本筋から外れるが、こういう感じの「ダンスに体型は関係ない!心と創造性が大事だ!」みたいな映画を子どもの頃に見せてもらっていたら自分もダンスとか好きになっていたかもしれないなと思った。学校教育にダンスが取り入れられたらしいが、私は創作ダンスとか体育でやらされたけど大嫌いだったし、ああいうのは足が長くて運動神経のいい子がやるもんだと思っていた。もしニック・フロストが踊るところを子どもの頃映画で見ていたら、ちょっと違う考えを持っていたかもしれない。