緑の島に、血まみれの赤黒い笑い〜『ウィー・トーマス』(ネタバレあり)

 ドイツ出張後、週末だけロンドンに行ってノエル・カワード劇場でマイケル・グランデージ演出、エイダン・ターナー主演で、マーティン・マクドナーの『ウィー・トーマス』を見てきた。舞台で見るのは初めてである。

 舞台は1993年のアイルランド、イニシュモア島。イカれたアイルランド国民解放軍(INLA)のテロリスト、ポードリッグ(エイダン・ターナー。なお、名前の発音はあんまり自信ない)は愛猫ウィー・トーマスが病気だという知らせを受けて、急いで故郷のイニシュモアの村に帰るが、実はウィー・トーマスは頭をブチ割られて死んでおり、ポードリッグを恐れた父のドニーと近所のデイヴィが嘘をついてウィー・トーマスは病気だとポードリッグに知らせただけだった。慌てたデイヴィは妹マレードの猫サー・ロジャーを盗んで、ドニーと一緒に黒塗りにして誤魔化そうとするが…

 ほとんどはイニシュモアのドニーの家で展開するのだが、この家のセットはかなり作り込んだものだ。道端とか冒頭の北アイルランドの倉庫の場面は、セットの前にヒツジとか草原とか、田舎の風景を抽象化した感じの模様が描かれた幕を下ろして、その前の狭いパフォーマンススペースで展開される。セット替えがないので流れはスムーズだ。

 とにかくブラックユーモア溢れる作品で、完全におかしいとしか思えないポードリッグがものすごい暴力を振るうのだが、それが現実離れしてるくらい陰惨なので、流血がエスカレートするほど笑っちゃうというとんでもない芝居である。冒頭でポードリッグがドラッグの売人を逆さ吊りにして拷問するところからなんかもうおかしいし、終盤でバラバラにされた人体がイニシュモアの田舎の家にぶらさがってるあたりは会場大爆笑だった。ポードリッグ以外の連中もまともな人間はほとんど出てこず、ドニーとデイヴィはマクドナー作品特有のバカな人たちなので、状況を改善させようとしてやったことがどんどん裏目にでて事態が悪化する。一番賢いのはマレードなのだろうが、マレードもかなり変…というか頭が働くぶん、暴力が陰惨だ。

 エイダン・ターナーは大変良くて、自分の猫以外には全く人間らしい愛情を示さない狂ったテロリストを楽しそうに演じている。『ロード・オブ・ザ・リング』や『ポルダーク』の色男とは大違いで、大げさに泣いたり暴力を振るったりするところが大変可笑しく、コメディのセンスもあるんだなと思った。なお、全員かなり濃いアイルランドの田舎の訛りで話しているので台詞がよくわからないところがたくさんあった…のだが、私が英語が下手だからなんだろうと思っていたら、レビューを見たところロンドン子でも難しかったらしい。ちなみに初めてダブリンで『イニシュマン島のビリー』を見た時も、アイルランドの西のほうの訛りがすごくて台詞がよくわからないところがたくさんあったので、ダブリン以外のアイルランド訛りは私はかなり苦手らしい…もう少し聞き取れるようになりたい。

世田谷パブリックシアター『ハングマン』2回目

 世田谷パブリックシアターで『ハングマン』2回目を見てきた。ちょっと親密感のある劇場になり、笑うところが増えたように思う。お客さんも埼玉よりリラックスしていたというか、隣の人につられて笑うようなことが多い感じだった。

最後の最後にフツーの人が来る〜『ハングマン』(ネタバレあり)

 マーティン・マクドナーの『ハングマン』日本語初演初日に行ってきた。長塚圭史演出、小川絵梨子翻訳で、既にNTライヴで英語版は見ている。プログラムに私が書いた原稿がのっており、招待で初めて初日乾杯というものにも参加したので緊張した。

 詳しいあらすじについては前回のレビューを見てほしいのだが、時代は60年代はじめから半ば頃まで、舞台はイギリス北部のオールダムである。絞首刑が廃止されるという大きな変化の中、死刑執行人でパブの主人であるハリーと、ロンドンからやって来た見慣れない若い男ムーニーを中心に展開する。実在の人物も出てくるし、実際の事件や人物をモデルにしたところもあるのだが史実ではなく、非常にブラックユーモア溢れるお話だ。

 NTライヴで見たイギリス版とはかなり違った芝居になっていたと思う。イギリス版では左寄りだったパブカウンターが右側になり、パブの入り口が真ん中になっていたのだが、そのせいでけっこう見た目の感触が違う。この、パブの入り口を真ん中にするという美術は、ムーニー(大東駿介)が入ってくるところで非常にうまく機能していた。真ん中からきちっとコートを着たムーニーが入ってくるのが非常に目立つようになっており、また衣類じたいはそんなに大きく他の連中と違うというわけではないのに、ムーニーを演じる大東駿介の身のこなしなどのせいで、話す前から明らかに地元民ではない感じが漂っていた。NT版のムーニーはロンドンのお洒落な若者という感じだったが、こちらのムーニーは洒落てるというよりは抜け目なく仕事で稼いでそうな油断のならない若者という雰囲気だ。一方でムーニーからちょっかいを出されるシャーリー(富田望生)はNT版より幼く、はるかに引っ込み思案な田舎娘という感じで、ムーニーが全く性欲ではなく策略でシャーリーを口説いてる感じがとても邪悪である。

 全体としては台本に誠実にじっくり作る感じの演出で、NT版みたいに派手にブラックユーモアを繰り出すよりは、フツーな中にちょっとクスクスするところがあるという印象だ。とくに最後、アルバート・ピアポイントがやってくるところは、NT版だと非常にわざとらしくて、ピアポイントも目立ちたがりの困ったオッサンなんだろうなぁ…と思わせるところがあったが、日本語版のピアポイント(三上市朗)は死刑執行人という珍しい仕事をしているのにごく真面目な常識人で、ずっとなんか変だった芝居の最後の最後に普通の人が出て来た…みたいな妙な意外性がある。しかしながら、この常識があるピアポイントが何も疑わず訪問をすませたせいで最後の大問題が起こってしまうことになるのがかえって皮肉だ。

 一箇所ちょっと思ったのは、やはり訛りで北と南の区別を明確にするのは日本語ではちょっと難しいということだ。日本語版ではオールダムの人たちは「アイ」が全部「エー」になるようなしゃべり方をしていたのだが、それでも話し方だけではムーニーのよそ者感を醸し出すのはちょっと無理があると思った。このプロダクションではムーニーの存在感がかなり異様で口を開く前からよそ者感があったからよかったのだが、訛りの使い分けというのは日本の舞台ではちょっと課題なのかなという気がした。

 なお、私事で恐縮なのだが、プログラムに掲載した自分の原稿を読み直して、一箇所ひどくわかりにくいところを見つけたのでちょっとだけ補足を…p. 10に書いたベイビーシャムについての解説文の最後で、「オールダムのパブにはそんなものはない」とあるのだが、これ大変読みづらい文章になってると思う。書いた時には、前の文で述べている、洒落たお酒を若い女性が飲むような状況を「そんなもの」で指して、オールダムのパブにはそんな女性のオシャレ飲酒習慣は全然ないという意味で書いたつもりだった…のだが、改めて読み直すと指示語が指してるものが何なのか曖昧で、ベイビーシャム自体がパブに置かれていないという文意にもとれそうに思った。ベイビーシャム自体はハリーのパブにあるので(誰も飲まないみたいだけど)、これはそういう意味ではない。たぶん「そんなお洒落な状況はない」とかなんとかにすべきだった。
 

演出は良かったが、台本はマクドナーとしては若書きっぽい〜『The Beauty Queen of Leenane』(ネタバレあり)

 マーティン・マクドナーThe Beauty Queen of Leenane』をシアター風姿花伝で見てきた。演出・翻訳は小川絵梨子がつとめている。コネマラ三部作のひとつで、戯曲じたいは昔読んだことがあったが見るのは今回が初めてだった(けっこう前に読んだので戯曲の内容をかなり忘れており、見始めてからコネマラ三部作のもうひとつの作品『コネマラの骸骨』とごっちゃにしてたのに気付いた)。

 舞台は90年代頃のアイルランドの田舎の村、リナーンである。主人公のモーリーン(那須佐代子)は老母マグ(鷲尾真知子)のめんどうを見ているが、2人は非常に不仲で憎みあっている。モーリーンがイギリスから一時帰国してきたパト(吉原光夫)と親しくなったせいで2人の暮らしに変化が訪れるが…

 セットはあまりきれいとはいえないキッチン兼客間である。中央の客席通路真ん中あたりに枠だけのドアが設置されていて、このドアを通って近所のレイ(内藤栄一)などがやってくる。舞台奥にドアがある。

 演出は母と娘の確執を細やかに描き出すものでとても良かった。モーリーンはたぶん凄いブス作りでもいけないし、美人でもいけない、「ビミョーにぱっとしない」みたいなわかりづらい雰囲気の女性だと思うのだが、那須モーリーンはそのへんをとてもうまくこなしていて、表情によってはとても繊細で魅力的に見えることもあるのだがふだんはブスっとしてて感じが悪い女性を微妙なニュアンスで表現していたと思う。台本のブラックユーモアを生かした笑える箇所もたくさんある。

 ただ、これはマクドナーの作品の中でも初期のもので、ちょっと台本自体がわかりやすすぎる気もした。モーリーンが夢みたいな調子でパトを見送った時のことを独白する箇所で、既に観客のほとんどはこれは現実ではなくモーリーンの妄想だろうと推測できるので、最後の場面であそこまでモーリーンの狂気を明確に強調しないほうがいいのではという気がした。レイがパトから手紙かなんかを持ってきて、それが「お元気でお過ごしください」的なそっけない文面だった→レイがボールの話をする、というくらいの場面展開で十分なんじゃないだろうか。

 あと、演出は行き届いていたのだが、タイトル及びタイトルに関わる台詞の訳し方がちょっとどうかなーという気がした。「美しきリナーンの女王」などと訳されていたのだが、原題のBeauty Queenというのはミスコンの女王とかのことなので、「リナーン一の美女」あるいは「ミス・リナーン」みたいな、ちょっと安っぽい言い方に訳したほうがいいんじゃないかという気がする。

 ちなみにちょっと前に文春にこの芝居のレビューがのったのだが、このレビューにある「処女による赤裸々な性の描写が見もの」っていうのは大間違いである。ネタバレになるので詳しくは言えないのだが、この作品は赤裸々な性の描写とかがあってはむしろ困るというか、そのへんをぼかしたり、なんとなくリアリティがないように表現することでプロットに対する観客の興味を持続させるのが重要なので、こういう芝居だと思って見に行くとむしろ混乱すると思う。

 

ブラックユーモアあふれるパブ劇〜NTライブ『ハングメン』

 ナショナル・シアター・ライヴ『ハングメン』を見てきた。マーティン・マクドナーの芝居で、マシュー・ダンスターが演出を担当している。ロイヤル・コート劇場で初演された後、ウィンダム劇場に移った。

 絞首刑が廃止されることになった60年代はじめ、イギリス北部のオールダムの街では、死刑執行人で妻とともにパブを経営しているハリー(デヴィッド・モリッシー)が新聞の取材を受けていた。かつてハリーが死刑執行した女性を狙う殺人事件の容疑者が冤罪であったのでは…という話が蒸し返され、これについてかつてハリーのアシスタントだったシド(アンディ・ナイマン)がちょっとした情報をハリーに与える。一方、ロンドンから見慣れない若い男ムーニー(ジョニー・フリン)がやって来てパブの娘で15歳であるシャーリー(ブロンウィン・ジェームズ)にちょっかいを出し始めるが…

 大部分がハリーとその妻アリス(サリー・ロジャーズ)のパブで展開するのだが、このパブのセットがとても良くできており、本当のパブみたいに見える。登場人物はだいたい物凄い速度でパイントグラスをあける飲んだくればっかりなのだが、一方でシドはハーフパイントしか頼まず、ちょっと弱っちい感じがする。一方、60年代ロンドンのオシャレな雰囲気を持ち込むすかした野郎、ムーニーはこの北部の古いパブではよそ者だ。街の人々が集まる一方、新参者もやってくる集会所としてのパブの雰囲気を使った演出が丁寧な作品である。

 全体的には非常にブラックユーモアあふれる内容で、笑わせて怖いマクドナー節である。ネタバレになるので詳しくは言えないのだが、とくかく台詞がよく書けていて笑ってしまう。ただ、最後の展開はマクドナーの前作『ウィー・トーマス』に似ていて、けっこう読める。

 この作品を見てちょっと面白いと思ったのが、『ハングメン』にも『ウィー・トーマス』にも未成年女性に対する性的関心のモチーフがあることである。『ハングメン』ではムーニーが15歳のシャーリーに手を出した上に振ってしまうというひどいことをする一方、『ウィー・トーマス』でも16歳くらいのメアリードにパドレイグが熱を上げる場面がある。こういう未成年の女性に対する男性の執着はブラックユーモア劇における風刺の要素があるのだと思うのだが、普通の芝居に出てくるペドファイルの描写とは相当違うので、もうちょっと注目して分析してみると面白いかもしれないと思った。

もう少し田舎くさいほうが…『イニシュマン島のビリー』(ネタバレあり)

 マーティン・マクドナー作、森新太郎演出の『イニシュマン島のビリー』を見てきた。この作品はダブリンでドルイドカンパニーの上演を見たことがある(ダニエル・ラドクリフ版は見ていない)。

 1930年代はじめのアイルランドロバート・フラハティ監督がドキュメンタリー映画アラン』の撮影のためアラン諸島にやってくる。イニシュマーン島の若者たちは映画に出たいし撮影を見たい!と撮影現場である隣のイニシュモア島に行こうとする。手足の悪い青年ビリーは、島一番の美人ヘレンやその弟でちょっと足りないバートリーがボートを持っているボビーに頼んでイニシュモア島に行くとききつけ、まんまとボビーを騙くらかして同行。そこでビリーがクルーの目にとまり、スクリーンテストのためアメリカに送られることに…

 あらすじだけだとまるでアメリカンドリームの話みたいだが、演劇界のクエンティン・タランティーノことマーティン・マクドナーの作品なのでそうは問屋が卸さない。ブラックユーモアに満ちたほろ苦い笑いの詰まった作品である。

 ケイトおばさんとアイリーンおばさんのお店や、ボートがつないである浜辺などのセットはとてもよくできているし、そんなにつまらない演出というわけではなかった…のだが、ちょっとベテランの役者陣のこなれた演技に比べると若手の演技が大人しすぎたように思う。柄本時生のアホなバートリーはすごくよかったのだが、鈴木杏のヘレンはちょっと1930年代アイルランドの女性にしては洗練されすぎているように思った。ただ、ヘレンが女言葉で話さないのはすごくいい。古川雄輝のビリーはとても穏やかな若者で、このキャラクターとしては性格が優しすぎるのではという気がする。ボビーを騙くらかしたりするんだから、もうちょっと意地っぱりな感じのほうがいいのでは?。あと、英語圏ではこういう時、本当に足の悪い役者を雇って雇用機会を増やすべきだという話が必ず出てくるが(私は必ずしもそうは思わないが)、日本ではちょっとそういうレベルでもないだろうなぁ…昔のアイルランドの田舎の話だという雰囲気を出すだけでかなり若手には難しいのかもと思う。

 演出ほうも、なんかすっきりきれいにまとまっている印象で、全体的にもっとアイルランドの田舎っぽいパワフルさがほしかった(これは台本の翻訳のせいもあるかもしれない)。前にアイルランドで見た時は、西のほうの訛りがすごくて半分も英語がわからなかったのだが、それでももっとかなりパワフルでものすごく笑える芝居だと思った覚えがある。私はもう少し荒っぽい感じでまとめたほうが好きだ。

バラバラの肉体を取り戻す〜マーティン・マクドナー『スポケーンの左手』(ネタバレあり)

 シアタートラムでマーティン・マクドナーの戯曲『スポケーンの左手』を見てきた。2010年に初演された作品を日本語にし、小川絵梨子演出で上演している。小川絵梨子は既に何度かマクドナーの作品を演出したことがあり、かなりこなれていると思う。

 舞台はあんまりマクドナーっぽくなくアメリカだが、内容はすごくマクドナーっぽい。何十年もの間、若い頃に切り取られた左手を探している男カーマイケル(中嶋しゅう)が、手を持っているというサギ師のカップル、マリリン(蒼井優)とトビー(岡本健一)に騙されかけてモメまくり、そこにカーマイケルが宿泊しているホテルのフロント係でオペレータでとにかくいろいろやっているマーヴィン(成河)が絡むというものだ。セットはしょぼいホテルの一室から動かず、人物もこの4人だけで展開する。

 設定がもう既に不条理なのだが、内容もブラックユーモアに溢れている。マーティン・マクドナーは演劇界のタランティーノとひそかに言われているような人で、どこに向かってるのかよくわからない会話が得意である。とんでもなく妙ちきりんだが悲しい人生の物語に執着するカーマイケル、それを全く真面目にうけとらずに変な受け答えをするマーヴィン、カップルなのになんか息があってないマリリンとトビーの掛け合いはいろいろ笑える。カーマイケルとトビーが激高して言い合い、カーマイケルがアフリカンのトビーに対して差別語を言うとなぜかトビーじゃなくマリリンのほうが差別主義的だと言って怒るとか、オフビートな会話がたくさんある一方、マリリンやマーヴィンがけっこうフィジカルなやり方で笑わせるところもあり、蒼井優演じるマリリンがベッドの上でとにかくいっぱい跳ねたり、マーヴィンが突然脱ぎ出したりするところは視覚的に笑わせる。最後はどういうわけだか誰も死なず、しょうもない人生が続いていく感じで終わるところはまさに不条理だ。

 カーマイケルの左手が切断されているというのはおそらく精神的な去勢の意味合いがあるのだろうと思う。途中でトビーが「あいつはイカれてるけど女性に乱暴するような意味じゃない」と言っているが、カーマイケルの目的は自分のバラバラになった肉体を取り戻すことであってそれ以外のことには一切興味がないようだ。失った肉体の一部を求めてさまようカーマイケルは精神的に自分の障害を克服しようとしているということになるのだろうが、自ら障害に苦しむ弱者であるカーマイケルが他のマイノリティには差別しまくり、悪口を言いまくりのしょうもない男で、銃や火をふりまわして象徴的な男性性を誇示しようとしているあたりは皮肉な感じがする。ただ、私は最初、カーマイケルがトビーをクローゼットに監禁してホモフォビア的な悪口を言うのを見てカーマイケルは隠れゲイなんだろうと予想していたら同性愛じゃなく人種関係のネタでオチがついたので、ちょっと伏線を見誤っていたなーと思った。