ハイパーリンクと男らしさ~『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』

 『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』を見てきた。1969年の東大駒場の900番講堂で行われた三島由紀夫全共闘の討論会に関するドキュメンタリー映画である。

www.youtube.com

 TBSに残っていた記録映像をもとに再構成したものだということで、それに解説などがついている。全体的にハイパーリンク映画のような作りで、討論中によくわからない言葉が出てくると、ウィキペディアの内部リンクをクリックするみたいな感じで、解説映像と一緒に東出昌大がナレーションで説明してくれる。69年に共有されていたらしい時事ネタなどが全くわからないのでこの注は絶対必要である。さらに、とくに時事問題などが絡んでいなくても、69年のコンテクストがないとほとんどわからないような議論がわりとあり、これについては平野啓一郎などが三島や全共闘の学生が何の話をしているのかについてまとめてくれる。

 ただ、ハイパーリンク解説の面白さにはけっこう人によって差がある。当時この議論に参加した人や三島の関係者などにコメントをとるのは必要だろうと思うし、東出の情報を入れるナレーションも役立つ。ただ、私はこの手の映画には学者の解説が必要だと思うほうなのだが、正直内田樹小熊英二の解説は必要かな…と思った。三島のように特異な人の話を解説するのには小熊英二はざっくりしすぎているような印象を受けたし、内田樹はまあそう悪くないのだが、平野啓一郎の話のほうが似たような内容をより面白くわかりやすく解説しているような印象を受けたので(三島の再来と言われているだけあって、話もうまいし注ぎ込んでいる知的情熱の量がすごい)、こちらの話をもっとたくさん聴きたいという印象を受けた。

 

 また、おそらくこの映画をそのように見るのはダメだろうと思うし、そういう自分の見方に正直若干の嫌悪を感じるのだが、これはある種のねじれたBL映画なのではと思うくらいものすごくホモエロティシズムに関する映画である。何しろ当事者はご存命の方と、定義が難しいとは思うがおそらくはクローゼットな同性愛者で大変ショッキングなやり方で自殺された方なので、いくらなんでもそのような消費のしかたは無礼だとは思うのだが、そうは言っても何かものすごくホモエロティックなものがあるのに、それに誰も気付いていないフリをすることで成り立っているような映画なのである。とにかく女がほとんど出てこなくて、900番講堂に話を聞きに来ている人のほとんどは男性だし(画面に映っているかぎりでは女性は本当に数名しかいなかった)、主要な人物として出てくる女は性的要素を変なやり方でほぼ剥奪されている尼僧(瀬戸内寂聴)と赤ん坊(芥正彦の娘)だけである。1969年の政治というのがとにかく党派を問わず男性的なものとして提示されており、過剰なヘテロセクシュアル的男性性で武装あるいは偽装した男たちが知性を使ってわいわいがやがややっている映画になっている。三島は知ってのとおりやたら体を鍛え、自衛隊体験入隊し、楯の会を作って「男性らしさ」による武装を行っていた人だし、メインの論敵になるカリスマティックな若い演劇人である芥正彦は赤ん坊である自分の娘を連れてきていて、この2人とも自分の男らしさを900番の壇上でそれぞれ違う形でアピールしている。この2人の間で政治思想は異なっていてもある種の美学が通じてしまうというところにすごいホモソーシャル感(そして誰も口にしないし、したがらないホモエロティシズム)がある。自分でもそんなところに注目しているのはかなり不健全であると思ったのだが、芥正彦が900番の壇上で三島のたばこに火をつけてあげるという腐女子爆釣…というかこの集まりのホモソーシャル性を象徴するような記録映像がある。思想の差異を越えて、身体が身につけた無意識な習慣によって男同士がつながってしまうのである。

 この映画にはご丁寧に「三島と青年」というセクションがあり、三島が楯の会から全共闘まで若者たちとどう接していたかということについての回想がある。みんな真面目にいろいろ三島の美学とか理念とかを話す…ものの、三島のセクシュアリティのことは誰も話さない。この映画の不在の中心はたぶんホモセクシュアリティである。ホモセクシュアリティに言及しないことで成り立つ、エロティックで典型的かつ古典的にホモソーシャルな共同体の映画なのだ。

北海道立文学館「北海道ゆかりの文学」&「砂澤ビッキの詩と本棚」展

 北海道立文学館で「北海道ゆかりの文学ー2019年の主な受賞者とトピックス」展と「砂澤ビッキの詩と本棚」展を見てきた。実は「北海道ゆかりの文学ー2019年の主な受賞者とトピックス」展には、女性史学賞をとった私の本も展示されており、展示じたいは撮影禁止だったのだがとても嬉しかった。「砂澤ビッキの詩と本棚」展は、砂澤ビッキ澁澤龍彦とかいろいろな文学者などとの影響関係についての資料が展示されていた。

とてもよくできた映画だが、気になるところが~『リンドグレーン』(ネタバレあり)

 試写会で『リンドグレーン』を見てきた。言わずと知れたスウェーデンの有名作家、アストリッド・リンドグレーンリンドグレーンになる前の時期、つまり作家業を始める前にシングルマザーとして暮らしていた時代を描いた伝記映画である。

www.youtube.com

 20世紀初頭、スモーランドの田舎の農場で育ったアストリッド(アルバ・アウグスト)は保守的な習慣に飽き飽きしており、地元の新聞社で働き始める。記者として才能を示すようになる一方、妻子持ちで離婚寸前のブロムベルイ(ヘンリク・ラファエルセン)と恋に落ちる。しかしアストリッドは妊娠してしまう。とりあえずブロムベルイの離婚が成立するまで、息子をコペンハーゲンの里親に預けて働くことにするが…

 

 偏見の根強い時代にシングルマザーとして息子を育てたアストリッドの努力をリアルに描いた作品である。自分の気持ちに忠実になり、子供の父親と結局結婚しないと決めるあたりの勇気はすごいし、また引き取った息子となかなかうまくいかなくて、愛情だけで子育てができるものではないというシビアな状況を描いているところも良い。全体としてはとてもよくできた映画である。

 

 ただ、二箇所くらいかなり気になったところがあった。この映画はリンドグレーンが作家になる前を描いた作品なのだが、そのせいでなんだかテレビシリーズの最初の3分の1くらいを見たような感じのところで終わってしまう(アストリッドの勤め先の「リンドグレーン」さんが登場してちょっと仲良くなったくらいのところで終わる)。スウェーデンでは誰もが知っている有名人なのでこれでいいのだろうが、この後アストリッドが結婚して作家になって…というさらなる波乱があるのにそこは描かれないし、また文筆家としての苦労は全然出てこない。そして、ここで終わるのに二時間を超える尺で、いくつか「これは不要では?」と思うような場面があった。丁寧なのはいいが、ちょっと冗長さを感じる。

 

 さらに私がひっかかったのは、マリー(トリーネ・ディアホム)の描き方だ。コペンハーゲンに住むマリーはアストリッドの息子ラーシュを預かって育てているのだが、このマリーはすごく良い人でとても興味深いキャラなのに、全然背景がわからない…というか、どういう経緯でスウェーデン人の未婚の母を助ける活動をしているのかとか、いったいお金はどうしているのかとか、こんだけ尺があるのにそのへんがほとんど掘り下げられていないのである。なんだか虚空からパッと出てきてアストリッドを助けてくれたのに、突然病気になって退場してしまう、展開上都合のいい妖精の代母みたいに見える。女性同士の絆とか、20世紀初頭の女性の社会活動とかを描くにあたってとても良いキャラになり得たはずなのに、この薄さがけっこう不満だった。

 

コペンハーゲン(9)カレン・ブリクセン博物館

 フレデリクスボー宮殿から東の方向にある、カレン・ブリクセン博物館にも行ってきた。デンマーク出身で、デンマーク語と英語で著作を書いた著名小説家である。映画化もされた「バベットの晩餐会」とか『アフリカの日々』の著者だ。イサク・ディネーセンという男性名で書いていたこともある。映画版『バベットの晩餐会』については新刊で批評しているので、とても期待して行ったのだが、家も展示も大変充実していた。

 ブリクセンが生まれ育ち、晩年も住んでいた家を博物館にしている。裏手には広い庭があり、鳥の保護区などもあるそうだ。

f:id:saebou:20190825052004j:plain

f:id:saebou:20190825051919j:plain

f:id:saebou:20190825052039j:plain

 ブリクセンの家の内装も保存されているのだが、家族代々の家具と、ブリクセンがケニアから持ってきたものなどが共存している。

f:id:saebou:20190825051624j:plain

f:id:saebou:20190825051714j:plain

f:id:saebou:20190825051807j:plain

f:id:saebou:20190825051833j:plain

f:id:saebou:20190825052121j:plain

 

f:id:saebou:20190825051553j:plain

これは使用人を呼ぶ時に使う道具らしい。

f:id:saebou:20190825051744j:plain

バベットの晩餐会メニュー!

 展示コーナーにはブリクセンの手稿や、ブリクセンがデンマークのテレビに出演してストーリーテリングをする番組の映像など、さまざまな資料が展示されていて、とても興味深い。各国で翻訳されたブリクセンの著作などもあり、もちろん日本語のものもあった。ノルウェーのシグリ・ウンセット、スウェーデンのセルマ・ラーゲルレーヴ、デンマークのカレン・ブリクセンという北欧の3人の著名女性作家を特集した展示などもあった。

バベットの晩餐会 [DVD]
バベットの晩餐会 [DVD]
posted with amazlet at 19.08.24
TCエンタテインメント (2017-08-02)
売り上げランキング: 14,379

セルバンテスの日記念スペイン語文学者のエディタソン2019が終了しました

 セルバンテスの日記念スペイン語文学者のエディタソン2019が無事終了いたしました。成果記事一覧はこちらです。私はロルカの戯曲[[イェルマ]]と[[血の婚礼]]の記事を作りました。

ja.wikipedia.org

アポなしで斎藤緑雨が凸してくる、世にも恐ろしい明治文壇〜『書く女』

 世田谷パブリックシアターで永井愛の『書く女』を見てきた。樋口一葉黒木華が演じる。

 一葉がひどい貧乏暮らしの中で半井桃水に師事したり、他の作家たちと関わったりしながら才能豊かな作家として開花し、死んでいくまでを描いた作品である。一見、書いてばっかりの地味な芝居のように見えるが、遅筆だった一葉が独創的な「書く女」になっていく様子を多角的に描いており、全く飽きさせない。

 一葉はとにかく問題だらけのところで書いている女性である。まず明治の家制度では一葉は戸主なので、自由に結婚もできない。師匠の半井桃水に惚れているが、実は才能は一葉のほうが上だし、戸主同士で結婚もできないし、さらに桃水の遊び人疑惑もあってなかなか一葉は安心できない。またまた一葉の母親というのは生活力ゼロで文学のことを理解しておらず、政治的にも保守的で一葉みたいな知性を持たないウザい母として時には批判的に、時には愛情をこめて描かれている…のだが、いくらよいところもある人だとはいえ、実際こういう母親がいたら娘はかなりつらいだろうと思った。一葉が作家として成功してくるとだんだん文壇で支持者が増え、一葉にお熱をあげる男性文人たちも出てきたりするのだが、良い人たちだとはいえ、劇中で一葉が言っているように、女性である一葉を褒めるだけで鋭いツッコミをしてきたりはしないのでちょっと物足りないところもある。そんな逆境でも一葉は書く女としてひとり立った、というのが非常に心に残る展開と演出になっているし、黒木華の演技もいい。

 この芝居はなかなか政治的な芝居でもある。日清戦争によるナショナリズムの高まりのせいで、自由な精神で執筆をしたい作家たちにとっては書きづらい時代がやってきているという暗い世相が描かれているのだが、このあたりは日清戦争に仮託して現在の状況を諷刺する演出が行われていたと思う。さらに非常にフェミニスト的なところがあり、斎藤緑雨がやってきて一葉の作品に含まれている男性中心社会への批判を指摘するところは、文学を研究している者としては物凄く面白かった。この劇中で斎藤緑雨がやっているような精読に基づく微妙な解釈というのは文芸批評の醍醐味だし、さらにイヤミな口ぶりながらもフェミニスト批評みたいなこと(ちょっとひねくれてはいるが)をちゃんとやっていて、どこまでが史料に基づいたものなのかはわからないが実に良かった。

 しかしながら、このお芝居に出てくる明治の文壇というのは恐ろしい世界である。どのくらい史実に忠実なのかはわからないのだが、少なくともこの劇中では、お前の作品に文句があると言って斎藤緑雨レベルの批評家が、電話でもメールでもブログでもツイッターでもなく突撃訪問してくるのである!ブログで文句を言われ現代のほうが、直接会って喧嘩しなくていいだけだいぶマシだと思ってしまった。ほんとにあんな感じで訪問していたの?
 

小田嶋隆「触らぬフェミに祟りなし」を芸術史の観点から批判する

 『新潮45』2015年11月号の「言論の不自由」特集に小田嶋隆「触らぬフェミに祟りなし」(pp. 41-46)という記事が寄稿されているのですが、この記事には演劇の研究者(及びフェミニスト)としては見過ごせないレベルの調査不足、あるいは舞台芸術の軽視があると思ったんでツイッターで連続ツイートしたところ、togetterにまとめられたようです。ひとことで言うと、この記事においては「戦争ラブな男とはHしない女たち」批判をしているにもかかわらず、おそらくちょっと舞台か美術か古代ギリシャ史のどれかをかじった人なら組織名を聞いただけでピンとくるであろう元ネタ、アリストパネスの古典的な喜劇『女の平和』に一切触れていないということをツイートしました。なお、リンク先にあるオーブリー・ビアズリーの『女の平和』の挿絵はたいへん有名なものですが刺激が強いので(!)閲覧注意です。

 「戦争ラブな男とはHしない女たち」の文化史的コンテクスト