クリスは朝起きたらゲイになっていた〜BBC "I Woke Up Gay"

 BBCのドキュメンタリー"I Woke Up Gay"を見た。タイトルだけだと同性愛者のカミングアウトの話みたいだが(そしてそうでないわけではないのだが)、基本、脳卒中からの精神的リハビリに関するドキュメンタリーである。

 ウェールズのクリス・バーチさんは見たところなんてことない健康そうなゲイの好青年だが、実は少し前までラグビーが趣味のストレート男性だった。ある日突然脳卒中に襲われ、発作から回復した時にはゲイになっていたらしい(デイリーメイルの英語の記事らばQの日本語の記事もどうぞ)。ラグビーもやめ、美容師になる修行をし、今まで全く興味なかったファッションに気を使うようになって体重も落としたとか。今では年下のボーイフレンド、ジャックと同棲して結婚の予定らしい。クリスはほとんど昔の記憶がないが、写真などから集めた情報から推測するに今の自分のほうがいいヒトなんじゃないかと思っているようで、今十分幸せだと言っていた。

 しかしながら発作から回復した後突然ゲイになって性格も変わっていたというのはびっくりするような変化なので、家族やかつての友人と完全に疎遠になり、とくに母親と全く会わなくなってしまったらしい。これがゲイになったせいなのか、それともそれとは関係なく全体的な性格とライフスタイルの変化(なんか予想ではクリスさんの生家は勤勉で地味なワーキングクラスなんじゃないかって感じがしたのでライフスタイルの変化も大きいかなぁと勘繰りたく…)のせいなのかはちょっと番組ではぼかされていたのだが、どうにか母親と関係を修復しようと努力しているらしい。卒中の前の記憶がほとんどなくなってしまったのでかつての友人に記憶を取り戻す手伝いをして欲しいらしいのだが、今でも仲良くしているのは学校で友人だった女性一人だけ。昔の写真を手がかりに手当たり次第かつてのガールフレンドに連絡をとり、一人応答してくれたリンジーさんに記憶を取り戻す手伝いをしてもらったりするところが描かれている。

 また、快復後に親しくなった人たちもクリスの発作のせいでゲイになったという言い分を信じてくれない。脳卒中のあとに性格が変わるという症例は割合あるらしいのだが(ただし生き残れればの話、死亡率は割と高く危険な病気である)、さすがに性的指向が変わったという話は皆きいたことがないのでウソだろと思う人のほうが多い。ボーイフレンドのジャックも含めて、皆クリスは実はずっと生まれたときからゲイで、生き死にに関わるような体験をきっかけにそれが顕在化しただけだと思っている。中には新聞やテレビでクリスのことを知ってYouTubeにからかう動画を投稿したりする人までいる(クリスはそのうちのひとつのビデオをBBCのスタッフたちに見せて「こんな上流階級のアクセントでこんなこと言われるとムカつくよね!」と言ってた)。しかしクリスは過去の記憶がほとんどないにもかかわらず、自分は発作のせいで完全に性的指向が変わったのだと信じている。

 一方、クリスはBBCの企画の一環としてロンドン大学クイーンメアリカレッジに呼ばれ、脳と性的指向を専門に扱っているラボでテストを受けたり、カーディフに行って脳卒中で性格が変わった患者の精神的リハビリを専門とするセラピストに会ったり、リヴァプールに行って脳卒中の発作快復後に突然芸術的才能が開花した別の患者に会ったりする。ロンドンのラボでは結局「発作が原因かもしれないがよくわからない」とお医者さんに言われ、しかもお医者さん自身は性的指向が先天的で遺伝か生まれる前の母胎のホルモンに原因があるのではと疑っているため発作が原因という考えには否定的だ、というのをきかされがっかり。「お医者さんはみんなテストをしてもよくわかんないとか、あの証拠がどうとかこの証拠がどうとか言うけど、でも僕は実際にこうなんだよ!」みたいなことを言っていて、このあたりはなかなか胸に迫るところがある。ところがカーディフでは脳卒中をきっかけにゲイから異性愛者に変わった男性の症例がある、また卒中をきっかけに性格ががらりと変わるというのはかなりある、という話をきいてひと安心。最後のリヴァプールでは自分にそっくりな体験をし、家族や友人が離れていったトミーさんと仲良くなってだいぶ気が楽になる。

 同性愛が遺伝かホルモンか文化的かとかは正直私はあまり興味がないのだが(どの理由にせよ性的指向に起因する差別があってはならないし、たぶん宇宙の終わりまで解明されないんじゃないかという気がする)、とりあえず結構きちんと医学や脳科学の情報を出しながら若くして大病をした人の精神的リハビリを丁寧に追っているという点でとても興味深くまたユーモアがありつつ心に迫るところのある番組だったと思う。脳卒中に限らず、病気のせいで家族とぎくしゃくしたりする人はたくさんいるだろうし、そういう人にも見て欲しい感じの番組である。

 …ただ、一つだけ恨みがましいというか見ていてびびったことを書いておくと、卒中から回復してすぐ年下のイケメンのボーイフレンドと婚約して美容師として新しい人生を始め、友達もたくさん作って…とか、ちょっとコミュニケーション能力がありすぎないか?!うちが脳卒中をきっかけにレズビアンになったとしたらたぶん五年はデートの誘い方すらわからんで悶々とする日が続くと思うぞ…どうもクリスはストレートの時もLadies' manだった気配があるのだが、かつて学校時代から友達だったという女性が「セクシャリティと声とファッション以外は前のクリスと同じだし」と言うのもなんとなくそうなのかもと思った。