見終わった後に、鼻から出るほどたくさんギョーザを食べたくなる作品~『クレイジー・リッチ!』

 『クレイジー・リッチ!』を見てきた。

www.youtube.com

 ヒロインのレイチェル(コンスタンス・ウー)は中国系アメリカ人二世で、ニューヨーク大学で経済学を教えている学者である。恋人である中国系シンガポール人のニック(ヘンリー・ゴールディング)が親友コリンの結婚式で里帰りするというので着いていくことになるのだが、なんとニックは実はシンガポールでもトップクラスの旧家の御曹司で、莫大な財産の相続人だった。レイチェルの前に、家族思いで厳格なニックの母エレノア(ミシェール・ヨー)が立ちはだかるが…

 

 ハリウッド映画としては珍しく、ほぼ東アジア・東南アジア系のキャストで固めた作品で大ヒットしたということで話題になっているのだが、話としてはけっこうふつうのロマンティックコメディ映画だと思う。この手のシンデレラストーリーはたくさん作られているし、婚約者の親とうまくいかなくて…なんていう展開も『ミート・ザ・ペアレンツ』とか、先行作がいろいろある。ただ、この作品は細かいところを丁寧に作り込み、役柄にあう役者をうまくキャスティングしているので、全体的にかなり完成度が高くなっていると思う。さらに一般人は想像もつかないようなシンガポールの富裕層の暮らしぶりが、単純に視覚的に物珍しくて面白いというのもある。

 

 しかしながら、この映画を見ていて思ったのだが、実はこれ『ジュピター』みたいな作品なんじゃないだろうか…ということだ。『ジュピター』は、キャラの強い連中の間で、突然名家に迎えられた平凡なヒロインが右往左往する話だった。『クレイジー・リッチ!』も、ヒロインであるレイチェルが基本的に常識のある一般人なので、周囲の超アクが強い人たちに比べると相対的にキャラが薄く、すごく「平凡」感がある。なんてったって婚約者のニックはとんでもないイケメンでまるで貴公子みたいだし、その母上は東アジア最強の女性であるミシェール・ヨーだし(たぶん『ミート・ザ・ペアレンツ』のロバート・デ・ニーロと同じかそれ以上に手強い)、レイチェルの親友ペク・リン(オークワフィナ)は何もかも強烈だし、レイチェルを助けてくれるニックのいとこであるオリヴァー(ニコ・サントス)とかアストリッド(ジェンマ・チャン)とかも個性がすごい。その中にいるとレイチェルはむしろかすんでしまう。右往左往するレイチェルはジュピターとあんまり変わらない。

 

 しかしながら、なんか女の子の夢が暴走してとんでもないことになっていた『ジュピター』に比べると、『クレイジー・リッチ!』は、平凡な一般人である私がプリンセスに…みたいな話をものすごくちゃんと処理している。そこが愛すべきスットコ駄作になってしまった『ジュピター』と、とてもよくできたロマコメになった『クレイジー・リッチ!』の差だ。まあ、レイチェルはニューヨーク大学の経済学部史上一番若くファカルティメンバーになったとかいう優秀な学者なので、普通人とはいっても今まですごく努力して成功した人ではあるのだが、それでもこの映画では周りに比べると相当に平凡な人として描かれている。しかしながら、始終助けられっぱなしだったジュピターに比べると、レイチェルはちゃんと自分の頭で考えて、くじけそうになっても信頼できる友人や自分の母に助けてもらいながらきちんと事態に対処する。さらに一見悪役に見えるエレノアにも豊かな人間味があり、レイチェルはエレノアと人間同士、腹を割って話し合うことで問題を解決しようとする。平凡なワタシでもちゃんと考えて人生を切り開いていけるんだ、というポジティヴなメッセージに溢れている作品なので、誰でも共感しやすいんだと思う。そして見終わった後には、鼻から出るほどたくさんギョーザを食べたいと思わされるさわやかな(?)気分になれるということがポイントだ(やはりギョーザの力は抗いがたい)。

 

 そういう点で、レイチェルを演じるコンスタンス・ウーが、可愛いけどいまいちキャラが薄いというのはむしろ良い方向に働いていると思う。伝統的なロマコメのキレッキレなヒロインとしてはむしろオークワフィナのほうが適役のような気もするのだが、オークワフィナくらい強烈だとミシェール・ヨーと軽々と対決できそうなのであんまりよくなく、やはりここはちょっと平凡そうなコンスタンス・ウーでないといけない。

 

 なお、この映画は女性同士が着るものとか食べ物とかについて話す場面があるので、ベクデル・テストはパスする(男性についての会話がほとんどだけど)。あと、あまり本編の出来とかには関係ないことなのだが、オリバーが「僕は一家のrainbow sheepなんだ」と言うところは、訳しにくすぎて日本語の字幕が相当苦戦していた。これは"black sheep"(「一族の厄介者」を意味する慣用句)にセクシュアルマイノリティのシンボルカラーである"rainbow"(虹色)をかけていて、つまりオリバーはレイチェルに気の利いた言い方で自分はゲイだということを伝えている。オリバーはとても良いキャラなのだがあまり出番がなく、ステレオタイプにヒロインを助けるゲイの役で終わってしまったのはちょっと残念だった。シンガポールはいまだに同性愛者に対する法的差別がひどい国でもあるので、もっとオリバーに活躍してほしかった。

 

saebou.hatenablog.com