いいところはたくさんあるが、あまり好みではなかった~NTライヴ『マクベス』

 NTライヴ『マクベス』を見てきた。ルーファス・ノリス演出で、主演はロリー・キニアとアン=マリー・ダフである。

www.youtube.com

 セットは内戦で破壊された近未来の都市で、ポストアポカリプス的な混乱状態がイメージされている。ただ、とくに前半部では立派な橋のセットが真ん中にあり、おそらくはけっこう発達した都市が破壊されたという美術プランで、砂漠が舞台の『マッドマックス』とか、同じくポストアポカリプス的な設定の『マクベス』でもあまり作り込まずにスコットランドの荒野を連想させるデザインにしていたジェームズ・マカヴォイ版『マクベス』とはかなり違いがある。橋で人が殺されるところもあるので、どっちかというとサライェヴォ事件が起こったラテン橋があり、のちに内戦で破壊されたサライェヴォを思い出した。

 

 それで、問題はたぶんこのセットの美術プランとマクベス夫妻の個性がイマイチ合致していないところである。ノリスが最初にコメントしていたのだが、ロリー・キニアもアン=マリー・ダフも非常に知的で真面目な個性の役者だ。このプロダクションのマクベス夫妻は、カリスマとか機転で内戦を生き延びてのしあがったというよりは、勤勉に働いて出世した人たちに見える。とくに、キニアマクベスが内戦の混乱につけこんであくどく儲けているところとか、想像しづらい。ジェームズ・マカヴォイが似たようなポストアポカリプス設定でマクベスをやった時は、マカヴォイがほんとにスコットランドのヤクザの若頭みたいな感じだったのでぴったりハマっていたのだが、キニアはこういう美術でマクベスをやるには真面目すぎるように見える。

 

 他にもいくつか、ちょっとよくないかもというところがけっこうある。前半はそんなにばっさり台本をカットしていなかったのだが、後半はカットが多い。大きいところとしては兵士たちが森に扮して行進しようとするところがなくなり、台詞でマクベスに伝えられるだけになっている。これはおそらく、セットが完全に都市なので森を出しづらかったのだろうが、それでもちょっとあっさりしすぎていると思った。さらに私が一番好きな、マルカム王子が非常に不自然な感じで女たらしのフリをした後「実はオレ、童貞なんだ」という若干コミカルな場面もカットされていたので、後半部分にはあまり笑うところがない。さらに、これは完全に私の好みの問題なのだが、全体的に照明が暗すぎるのもあんまりよいと思えなかった。もうちょっとアクションや表情がよく見えるように、メリハリをつけて明るいところは目立たせる照明にしたほうがよいのではと思った。

 

 よいところはたくさんあり、とくにマクベス夫妻の家庭の描写はたいへん丁寧である。このマクベス夫妻は仲睦まじい愛し合う夫婦だが、子供がいない。一方でライバルであるバンクォー(ケヴィン・ハーヴィ)は娘のフリーアンス(原作では息子)と遊んでやるのを楽しみにしているたいへんよい父親で、おそらくマクベスがこのへんに嫉妬しているらしいことがほのめかされている。そんなマクベス夫妻がダンカン殺しの後に互いを疎外しあうようになる様子はうまく描かれているし、バンクォーの亡霊が窓越しに出てくるところも良い。ただ、全体としてはけっこう私の好みではなかったな…と思う。

母上が大事なアーサー王伝説~『アクアマン』(ネタバレあり)

 ジェームズ・ワン監督のDCエクステンデッド・ユニヴァース新作『アクアマン』を見てきた。

www.youtube.com

 主人公はアクアマンことアーサー(ジェイソン・モモア)である。アーサーはアトランティスの女王アトランナ(ニコール・キッドマン)と人間の灯台守トム(テムエラ・モリソン)の息子で、アトランティスの王位継承権を持っており、女王の忠臣バルコ(ウィレム・デフォー)から特殊な能力を用いて行う戦闘や泳ぎなどを教わって育った。しかしながら、無理矢理海に連れ戻された母が処刑されたということを聞いて海との関係を絶ち、ちょこちょこ遭難の救援など人助けをして暮らしていた。そんなところに、海の危機を救う助力を求めて王女メラ(アンバー・ハード)がたずねてきて…

 

 とりあえずありとあらゆる神話やら古典やら先行映画やらなんやらを研究して取り入れたと思われる雑多な要素がてんこもりで、胸焼けするくらいぎっしり詰まった映画である。始まりは東アジアの龍宮伝説とか異類婚姻譚貴種流離譚みたいな世界に多く分布する民話だし、命名やトライデントを抜くところはまるっきりアーサー王伝説だ。さらに『バーフバリ』みたいな母孝行とか忠臣の話が入っているし、お母さんのアトランナを取り戻すくだりは『アントマン&ワスプ』にそっくりである。ビジュアルはラッセンみたいなのだが、動いている時の描写とか衣装プランなんかにはむしろ『バーバレラ』みたいな60年代末~70年代のSF・ファンタジーっぽい、ちょっとチャラチャラしたポップな雰囲気がある(メラの衣装とか、麗しのアトランナが金魚を食ってしまう微妙にグロ可愛いところとか)。そういうわけでどっかで見たような要素ばかりで作られているのだが、こんだけ詰め込まれると必ずひとつかふたつくらいは好みの要素があったりするし、退屈は全くしない。あと、最近のアメコミ映画にしてはアクションが出色で、海で重力が地上と違うからというのを口実にいろいろ面白いことをやっているし、動きの撮り方もとてもちゃんとしていてあまりダレない。

 

 ただ、見ている間はかなり面白いのだが、よく考えると変なところもいっぱいある。どうもネレウス(ドルフ・ラングレン)がいろいろ仕組んでいたんじゃないかと思わせる演出があるのにそれがまったく明らかにならないし、なんでわざわざ海溝に行ったのかという理由がよくわからない(たぶんこうだろうという予想はできるのだが、映画の中でちゃんと説明はされていないと思う)。あと、トライデントは真の王しか手にすることができない→つまりトライデントを守っているカラゼンは真の王たる者が来たら妨害せずにトライデントを渡さねばならないはずだと思うのだが、アーサーが来ると半端に邪魔立てしたりするので、カラゼンちゃんと仕事してないと思う。あと、音楽の使い方について、グレタ・ヴァン・フリートの「サファリ・ソング」が出てくるところは良かったが、アフリカの砂漠の場面でTOTOの「アフリカ」をサンプリングしたピットブルの「オーシャン・トゥ・オーシャン」が流れるのはやりすぎである。

 

 しかし、最近のアメリカ映画はちょっと母上推しにすぎるのではと思う。『アクアマン』で重要なのはアーサーが女王アトランナの長子であるということであり、父親の血筋はどうでもいいらしい。『アントマン&ワスプ』でもお母さんを取り戻すのが大事だったし、『クレイジー・リッチ・エイジアンズ』でもお父さんの影が超薄くて二代にわたって家母長が大事であり(おばあさまとエレノア様)、『ヘレディタリー』は明らかに家母長制の話だ。まあ、あんなんがアメリカのトップにいて、「有害な男性性」みたいなものがクロースアップされている昨今、強くて優しい母上に救いを求めるみたいなトレンドが出てくるのはおかしくないと思うのだが…あと、王に君臨するアクアマンよりもアトランナやメラのほうがはるかに実務能力がありそうな感じがするというのは『ブラックパンサー』にも似ている。『ブラックパンサー』でも、ブラックパンサーは武力のオコエと知力のシュリに守られることにより王としてのカリスマを維持していて、カリスマはより少ないのかもしれないが実務能力は突出して高い女性たちに業務の一部を外注することで王でいられるということになっている。このへんの女性表象も最近のアメリカの政情と何か関係あるような気もするのだが、ちょっと自分の中ではあまり整理がついていない。

 

 なお、この映画がベクデル・テストをパスするかどうかはちょっと微妙である。アトランナとメラが話すところはあるのだが、とても短い上たいていアーサーがその場にいる。

カクシンハン『ロミオとジュリエット』ポストトークで登壇します

 カクシンハンロミオとジュリエット』、2/23(土)、18時の公演にて、ポストトークで登壇することになりました。

 

『週刊文春』の「名著のツボ」にコメントしました

 今週発売の『週刊文春』「名著のツボ」で『ロミオとジュリエット』についてコメントしました。次号でも『ハムレット』についてコメントする予定です。

 

次回のエクステンション講座では『アントニーとクレオパトラ』をとりあげます

 次回5/13~6/10の早稲田大学エクステンションセンター中野校でのシェイクスピア講座では、NTライヴでの上映にあわせて『アントニークレオパトラ』をとりあげます。全くシェイクスピアをご存じない方でも参加できますので、どなたでもお気軽にお申し込みください。

www.wuext.waseda.jp

www.ntlive.jp

イマイチ盛り上がらず、演技を見る映画~『天才作家の妻 -40年目の真実-』(ネタバレあり)

 『天才作家の妻 -40年目の真実-』を見てきた。

www.youtube.com

 ジョーン(グレン・クローズ)の夫である小説家、ジョゼフ(ジョナサン・プライス)が念願のノーベル文学賞を受賞することになる場面から始まる。家族で授賞式のためストックホルムに向かうが、実はジョゼフの小説はジョーンが書いているのではないかという疑惑が…

 

 全体的に、せっかく記者のナサニエルクリスチャン・スレーター)が出てくるのに、ジョーンが実際にジョゼフの後ろでどういうことをしているのかに関する開示の過程があんまり盛り上がらず、単純にグレン・クローズの演技を見るだけみたいな映画になっていると思う。ナサニエルがなんでジョーンが実際はジョゼフの小説を書いていると思ったのかについての説明が少ないし、その後はジョーン視点でけっこうストレートに情報が開示されてしまうので、ここでナサニエルが出てくる意味はあるんだろうか…とかなり疑問に思った。「完璧なMeToo映画」とか言われているらしいのだが、それにしては全く開示のプロセスに意外性がないし、別にジョーンは勇気を振り絞って誰かを告発したとかじゃないので、これはそういうふうに見るべき映画ではないと思う。共依存関係を描いた映画としてはまあ丁寧なのかもしれないが、クローズの演技と周りを固める助演陣の芝居に頼りすぎで、台本としては別にそんなに面白くはないと思った。なお、ベクデル・テストはちょっと微妙だが、ジョーンと娘の妊娠についての会話でパスする。

彩の国さいたま芸術劇場『ヘンリー五世』

 彩の国さいたま芸術劇場『ヘンリー五世』のプログラムに記事を執筆したので、招待で行ってきた。このプロダクションについては劇評を書くかもしれないので、メモ程度にしておこうと思う。

 

  • 台本のカットがとにかくひどい

 初日から非難囂々になっていたことなのだが、アジンコートの演説がほぼない(ほんの数語くらいで終わり)。一番の見せ場であるアジンコートの演説がない『ヘンリー五世』なんて脱がないバーレスクと同じでその時点でやる気がなくなるのだが、とにかくここをカットしたせいで全体がかなりおかしくなっている。

 まず、アジンコート演説はカットなのに、その直後にウェスモランドが言う、むしろヘンリーと自分だけで戦いたいくらい士気が上がったというむねの発言はそのまま維持されているので、なんでウェスモランドがいきなり感動したのか全くわからなくなっている。

 さらに、ここをカットするとヘンリーのキャラとしての成長がよくわからない。このプロダクションの松坂桃李ヘンリーはかなり暗い性格でしかもいろいろ悩んでおり(このキャラクター造形じたいはいいと思う)、第4幕第1場で身を隠して兵卒たちに会い、王に対する兵卒たちの不満を聞いた後には悩みの独白で泣き崩れるくらい精神的に追い詰められている。アジンコートの演説は、このような悩んでいるヘンリーが覚悟を決め、自らを一兵卒たちと同様の兄弟なのだとポジティブに提示することで逆説的に王としての成長を示す働きがあるはずだ。ここで自らの弁舌に自信を持つことができるようになったヘンリーが、言葉が効かない新たな戦いとしてのキャサリンへの求婚に挑戦する、という流れができるはずである。ところが、王としての自信の確立を示すアジンコート演説をカットしたせいで、最後の求婚場面はそれまで暗いキャラだった松坂ヘンリーがいきなりポジティブな感情を爆発させてるみたいに見える。アジンコートの演説をカットしたせいで、ヘンリーがなんだかめちゃくちゃ情緒不安定な人みたいに見えてしまう。

→ちなみに、私はプログラムではアジンコートの演説についての解説を書いており、原稿を出した時点で演説場面でカットがあるかもしれないと聞いていたので「※実際の上演時には台詞が変更されている場合があります」という注意書きをつけたのだが、さすがにここまでばっつりカットするのは本当にまずいと思う。これだと『ヘンリー五世』をちゃんとやったことにはならないだろう。

 なお、これ以外に目立ったカットとしては、第3幕第4場でキャサリンがフランス語で下ネタと言うところがカットされている。この語呂合わせみたいな下ネタは訳が難しいのでまあしょうがないのかもしれないが、キャサリン、下ネタも言わせてもらえないのか…と個人的にちょっとさみしい気もする。

 ちなみに、アジンコートの見せ場をカットしたのに上演時間は3時間以上あり、最初にはご丁寧に『ヘンリー四世』二部作のダイジェスト映像まで上演される。そして演出家である吉田鋼太郎が演じるコロスの台詞はあまりカットしないで目立たせている上、最初にフォルスタッフが出てきて最後もなんかフォルスタッフの影的なものを意識させて終わるのは、演出家の自意識が強すぎる。

  • 戦争場面はやりすぎ

 リアルな戦争描写はいいのだが、中世~近世ふうの美術なのに、戦争の場面ではヘリコプターみたいな近代戦の効果音が轟音で鳴り響くのはちょっとうんざりする。全体的に戦争描写はやりすぎである。

 ただ、フルエリンが弓兵を連れて入って来て弓を射るところはいい。視覚的に効果が高いし、時代考証的にも正しい(アジンコートでは弓兵が活躍した)。

  あと、アジンコートの前夜にフルエリンが半裸で自分を縄で打ちながら入ってくる演出もやりすぎだと思う。自分を鞭で打つ修行をするのはキリスト教でもかなり過激な宗派で、中世では異端認定されたりしている。これだとちょっとフルエリンが極端に禁欲的な人に見えすぎる。

  • 演技は悪くない

 けっこう暗くて悩んでいるヘンリー五世を演じた松坂桃李、堂々としたフランス王を演じた横田栄司、笑いをもってくフルエリンを演じた河内大和等々、演技は悪くなかった。

  • 美術

 美術は木製のやぐらを真ん中に周りに木の柵が壊れたみたいな建造物が並んでいるもので、ちょっと新国立の『ヘンリー五世』の美術に似てる気がする。途中からこの木のセットを動かしてもっと殺陣で動き回れるようなスペースを作り、階段を使った派手な演出などもやったりしている。アジンコートの場面はちょっと『プライベート・ライアン』を思い出した(それなのにアジンコートの演説がないのだが)。