投票してももみ消される観客参加型演劇~『リア王~スマホVSリア王~』

 シアター風姿花伝木村龍之介演出『リア王スマホVSリア王~』を見てきた。タイトルからわかるように、スマートフォンをonにして見る演劇である。LINEのオープンチャットで登場人物の投稿を見たり、投票をしたりすることができる。舞台の中央にモニタが設置されており、そこにいろいろ観客向けの指示が出て、時々写真がとれるタイミングもある。

 セットは聖鰤天病院なる病院である。登場人物の多くは入院中みたいな格好で、奥にはシートで囲まれた禍々しい手術室風な閉鎖空間があり、グロスター(矢嶋俊作)の目がえぐられるところなどはそこであまりお客から見えない状態で演じられる。リア(栗田芳宏)の娘たちが椅子に座ってスマートフォンでLINEをしているところは全く病院の待合室だ。

 けっこうちゃんと『リア王』をやりつつ、序盤はLINEを使った情報のやりとりにお客さんも参加できる。このプロダクションでは通常の上演とちょっと順番を変え、最初に王国割譲の場面を持ってきてその後にグロスターがエドマンド(天野翔太)にひどいことを言う…という順番でやっている(ふつうは逆だと思う)。王国割譲の場面では分割されたブリテンの地図をLINEで配信してもらえる。次の場面はグロスターがとんでもないLINE(写真までついている)を送ってエドマンドが非常に動揺するという演出になっている。私はかねがねグロスターのエドマンドに対する態度はひどすぎるので息子がグレるのには理由があると思っていたのだが、こんなひどいLINEを送られたらエドマンドがどう考えても父親を憎むようになるだろうだと思った。途中で観客投票もあるのだが、投票結果をコーンウォール(越川みつお)たちが握りつぶしてしまうという(なぜか時間がちょっと戻る)、不正なリアリティショーみたいな演出もある。

 終盤はけっこう正統派の緊張感ある『リア王』になってあまりスマートフォンの出番がなくなり、あんまりスマートフォン演出が機能しないのでは…と思っていると、最後の最後にスマートフォンが象徴的に壊され、中央モニタに鏡みたいに割れる画像がうつるという終わり方になっている。これはここまでいんちきリアリティショーみたいに芝居を見ていた観客に挑戦し、しょっちゅうLINEをやっててもコミュニケーション不全な現代人を諷刺する演出だと思った。鏡みたいに画面が割れる演出はちょっと『リチャード2世』を思わせるところもあり(週末にちょうどこれについての学会発表をする)、興味深いと思った。あと、こういうふうにスマートフォンを使って観客参加で…というなら『恋の骨折り損』とかがけっこう向いているのではという気もした。

マレーシアエディタソンが無事終了しました

 ルックイースト政策40周年記念 「ウィキペディアでマレーシアの記事を書いてみよう」イベントが無事終了しました。ウィキペディアアジア月間及びマレーシアの東方政策40周年記念事業の一部ということで、東京外国語大学のご協力により実現することができました。お越しくださった方々、ありがとうございます。私は果物サラダみたいな料理ロジャックを翻訳で新規立項した他、[[ヘンリー・ゴールディング]]を翻訳で強化しました。

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

いっそ清々しい後悔のなさ~東京芸術劇場『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』

 東京芸術劇場で、シルヴィウ・プルカレーテ演出のモリエール守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』を見てきた。

www.geigeki.jp

 タイトルロールの守銭奴ことアルパゴン(佐々木蔵之介)はあまりにもケチで高圧的であり、子どもたちは困り果てていた。アルパゴンは近所の若い娘マリアーヌ(天野はな)との結婚を狙っていたが、マリアーヌはアルパゴンの息子クレアント(竹内將人)の恋人だった。アルパゴンの娘エリーズ(大西礼芳)は使用人のヴァレール(加治将樹)と相思相愛だが、アルパゴンは娘も金持ちの中年男アンセルム(壤晴彦)と結婚させたがっている。切羽詰まった子どもたちは想い人との結婚を実現すべく、いろいろと画策を始める。

 ビニールみたいなペラペラのシートにドアの形の穴をあけたものがぶらさがっているセットで、美術や着るものはわりと現代風だが、たまに時代不明のものもある。このペラペラのセットがおそらくポイントで、アルパゴンの薄っぺらさみたいなものと呼応していると思う。終盤はこのシートが崩れ落ちで、粗大ゴミ置き場みたいな荒涼とした場所で大団円となる。

 全体的にけっこう不穏なブラックユーモアあふれる作品である。とにかく強欲なアルパゴンを佐々木蔵之介がとても楽しそうに演じている。最後の落とし方は先日見た『スカパンの悪だくみ』みたいに生き別れになった家族の偶然による再会でオチをつけていて強引だし、さらに取り持ち役のフロジーヌとアンセルムを壤晴彦が1人2役で演じているせいで余計、結末のいい加減さが際立つようになっている。一方でアルパゴンが全く自分の金銭に対する態度を反省せず、最後まで悔い改めないところが面白い。アルパゴンが最後に結婚できて喜ぶ家族たちには目もくれず、お金の小箱を舞台中央で抱きしめて嬉しそうな顔で安心している様子はいっそ清々しい…というか、コイツは変わらないんだなぁという笑いを誘う。こういう頑固な人間には改心は望めず、実際的に対応しないといけない…というのは実に現実的な展開で、強引さとリアルさが絶妙なバランスで入り交じった終わり方だと思う。

「アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで」展

 府中市美術館で「アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで」展を見てきた。壁紙から本までいろいろなものが出ており、アメリカのものなどもある。とくにアメリカでアーツ・アンド・クラフツの影響を受けた製品は、一般市民にきれいなものを提供する…ということで結局大量生産になってしまったとかいうような説明がついており、本来のアーツ・アンド・クラフツとは逆転しているところがちょっと面白いと思った(今アーツ・アンド・クラフツ関係のグッズを美術館で買っている我々もそういう大量生産でアーツ・アンド・クラフツを受容しているわけだが)。

fam-exhibition.com

朝日カルチャーにて『ハムレット』オンライン講義を行います

 朝日カルチャーにて『ハムレット』オンライン講義を行います。「こんにちは、素敵な王子さま方」と題して、2023年3月4日の19時より、ハムレットのイメージの変遷について話します。有料ですが、アーカイブもありますので、お気軽にご参加ください。

www.asahiculture.jp

ものすごく大規模に『天体戦士サンレッド』をやっているような…『ブラックアダム』(試写、ネタバレ注意)

 ジャウム・コレット=セラ監督『ブラックアダム』を試写で見てきた。

www.youtube.com

 舞台は中東のどこかにあると思われるカーンダックである。この国は古い歴史があるが、英語を話すおそらくアメリカ系の組織であるインターギャングの支配下にあり、圧政に苦しんでいた。そこで反政府活動を行っていた考古学者のアドリアナ(サラ・シャヒ)は、追い詰められた時に身を守ろうとして5000年間眠っていたテス・アダム(ドウェイン・ジョンソン)を起こしてしまう。突然目を覚まして混乱気味のテス・アダムをつかまえるべく、アマンダ・ウォラー(ヴァイオラ・デイヴィス)の要請でジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカのメンバーが出動するが…

 いろいろ雑で緩いところはたくさんあるが、気楽に楽しめるアクションコメディである。いきなりテス・アダムが何の説明もなく英語を話し始めるあたりとかツッコミどころは満載で、このへんはやっぱりけっこう緩かった『ジャングル・クルーズ』と監督が同じだからかもしれない。空気が読めず、あまり建築物の安全性などを考えていないらしいテス・アダムがいちいちドアを開けずに壁をぶち破って出てくるところなどはちょっと笑える。

 緩めの雰囲気や、全体的にカーンダックの町の人に尽くすのが大事だみたいな展開になっているせいで、なんだか『天体戦士サンレッド』(私が以前住んでいた川崎市を舞台にしたヒーローもの)を大金をかけてものすごいスケールでやっているような話である。カーンダックは中心部はかなり発展した都市で歴史もあるのにちょっと郊外に行くと畑が広がっているらしく、なんか川崎っぽい(川崎はサンレッドが住んでいる溝口あたりからちょっと離れるとナシとかのらぼう菜とかを作っている畑がある)。ロック様演じるアダムはヴィランなんだかアンチヒーローなんだかどうだか…というような役なのだが、マイペースなのに強大なパワーを持っているせいで大変迷惑な人になっているという感じである。子どもや市民や自分に親切にしてくれた人を守ろうという気じたいはあるのだが、現代人の感覚が通じない上にけっこう粗暴で、少しでも気に入らない相手はボコって敵は殺すし、いちいち壁をぶち破らずにはいられない(このご当地ヒーローなのにえらく粗暴なところがちょっとサンレッドに似ている)。

 アダムに対抗するジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカは、抑圧に苦しむカーンダックの市民に支持されているアダムを止めに来たということで正直、ヒーローのわりにあんまり良いとは言えないことをしていて、これも悪党なんだか善人なんだかよくわからないフロシャイム川崎支部サンレッドの敵である悪の組織の支部)みたいである。ベテランのお目付役みたいな感じで出てくるドクター・フェイト(ピアース・ブロスナン)は礼儀正しい好人物で、妙なヘルメットが特徴ということも含めて、フロシャイム川崎支部のトップであるヴァンプ将軍みたいだ。ただしハリウッド映画なので、フロシャイム川崎支部は豪邸だし、アニマルソルジャーみたいな若い戦士たちがドクター・フェイトにくっついているが、みんな可愛いだけではなくて大変なハイスペックで戦闘力が高い。

 そういうわけでものすごく豪華に『天体戦士サンレッド』みたいなノリで戦いをしてくれるのだが、ちょっと面白いのは終わり方がえらく民主的、共和制的であるところだ。だいぶ緻密に考えて作られていると思われる『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』が相変わらず王制継承の物語であるのを考えると、最後に王制を軽くぶっ壊してしまうアダムはなかなか革新的である。カーンダックにちょっとパレスチナを思わせるところがあったり、開発独裁批判が入っていたりするのも含めて、雑だがわりと政治的にいろんなことをやろうとしている映画だとは思う。

演技はいいが、好みではなかった~『シスター 夏のわかれ道』(試写、ネタバレ注意)

 イン・ルオシン監督『シスター 夏のわかれ道』を試写で見た。

www.youtube.com

 成都で医者になることを目指して勉強しているアン・ラン(チャン・ツィフォ)は、両親が交通事故で突然死したため、かなり年下の弟である6歳のズーハン(ダレン・キム)を親族から押しつけられることになる。アン・ランはキャリアのために弟を養子に出そうとするが、親族からは強い反対を受ける。だんだん弟が可愛くなってくるアン・ランだったが…

 ヒロインが親族から受ける圧力が大変リアルに描かれており、一人っ子政策の影響や、いまだに男の子ばかりが尊重される成都の文化などを丁寧に描いている。アン・ランに圧力をかけてくるのが、かつて自分も家族に夢をあきらめさせられたおばのアン・ロンロン(ジュー・ユエンユエン)だというのがキツいところで、苦労させられた女性が若い女性に対して自分と同じ苦労を押しつけ、抑圧を再生産しようとするところが繊細に描かれている。ヒロイン役のチャン・ツィフォをはじめとして、演技はみんな良い。

 しかしながら、終わり方があまりにもお涙ちょうだいでである。観客とか政府とかに配慮したのか何なのか、非常に保守的な結末を迎える。『恋人はアンバー』と少し似た感じもあり、正直なところ、こういう映画を続けて2本見たくはないと思った。