これならシェイクスピア劇をそのままやったほうが…『アウグストゥス-尊厳ある者-』&『Cool Beast!!』 

 宝塚の『アウグストゥス-尊厳ある者-』と『Cool Beast!!』を無観客有料配信で見た。

kageki.hankyu.co.jp

 基本的にアウグストゥスこと若きオクタヴィウス(柚香光)のキャリア序盤を描いたものである。カエサル夏美よう)の独裁官就任からアントニウス(瀬戸かずや)とクレオパトラ(凪七瑠海)の自殺までを描いている。オクタヴィウスとポンペイウスの遺児ポンペイア(華優希)の恋愛と友情の中間みたいな絆がかなり前面に出てきている。

 全体的にあまり史実にものっとっておらず、シェイクスピア劇準拠というわけでもなく、若いオクタヴィウスがいろいろなトラブルに直面して苦労して少し大人になって終了、というような感じのお話である。1時間半強しかないのでわりと物足りない感じだし、そもそもオクタヴィウスを主人公にこの時代を描いて面白いのかな…というのもちょっと疑問に思った。というのも、カエサル暗殺やらアントニウスクレオパトラのロマンスやらに振り回されているだけになってしまうからである。

 アントニウスクレオパトラのロマンスはわりとシェイクスピア準拠なのだが、クレオパトラがあんまり宝塚っぽくない…というか、話し方や立ち居振る舞いがどっちかというとストレートプレイの歴史メロドラマか、あるいは現代のミュージカルから出てきたヒロインみたいな感じがする。けっこう現実の女性らしくリアルにセクシーなのでむしろちょっと浮いている気がした。むしろシェイクスピアをそのままやったほうがいいのではという気もする。オクタヴィウスとポンペイアは合っていると思ったので、トップの役者にあて書きだからこうせざるを得ないのかな…と思った。

 

 なお、レビューのほうも含めて歌はちょっとノリが良くないところがあるというか、無観客だからなのかちょっとこれまでに見た公演に比べて安定した盛り上げがないように思えるところもいくぶんあった。やっぱり観客がいないとやりにくくて調子が出ないのかもしれない。最後の退団者の挨拶などからしても、やはり無観客上演はパフォーマーのほうでもかなりやりにくそうだ。

笑えてまとまりのある上演~チューリヒ歌劇場『セメレ』(配信)

 チューリヒ歌劇場の配信でヘンデル『セメレ』を見た。2007年の上演映像で、ロバート・カーセン演出のものである。字幕などはない。

www.opernhaus.ch

 『セメレ』は今年の初めにコーミッシュ・オーパー・ベルリンの配信を見たのだが、それに比べると全体的にメリハリをはっきりさせて華やかなところは目立たせるようにしており、まとまりのある演出だと思った。現代風なのだが、椅子とかベッドを使ってどちらかというと家庭的な雰囲気だったセットが最後に王宮らしくなって賑やかに終わる感じで、あまり気取った感じがなくストレートに盛り上げている。アタマス(トーマス・マイケル・アレン)やジュピター(チャールズ・ワークマン)がセメレ(チェチーリア・バルトリ)のことで悩んでいる場面などは音楽も演技もしっとりまとめている一方、セメレ、イノ(リリアーナ・ニキテアヌ)、ジュノー(ビルギット・レンメルト)などはわりと自己主張が強い女性陣である。

 笑うところもけっこうある。とくに笑えるのは、セメレが結婚式場から消えた後に結婚式のお客たちがセメレとアタマスの結婚がジュピターの介入で取りやめになったことを面白可笑しく報じるゴシップ紙を手に持って入ってくる場面である。見出しがいちいちパパラッチっぽくて可笑しい。

『日本農業新聞』の「食の履歴書」にコメントしました

 『日本農業新聞』2021年5月8日紙面の「食の履歴書」にコメントしました。いろんな人に食べ物についてインタビューする企画で、私はかぼちゃ団子とかについてコメントしました。

『北海道新聞』に『かわいいウルフ』書評を書きました

 『北海道新聞』2021年5月9日の紙面に小澤みゆき編『かわいいウルフ』(亜紀書房、2021)の書評を書きました。

www.hokkaido-np.co.jp

 

かわいいウルフ

かわいいウルフ

  • 作者:小澤 みゆき
  • 発売日: 2021/03/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

怪談パブ劇~The Weir (配信、ネタバレあり)

 コナー・マクファーソンのThe Weirを有料配信で見た。キアラン・オライリーの演出で、既にライヴ上演の経験があるプロダクションを撮り直したものである。先日『詩人かたぎ』を配信していたアイリッシュレパートリーシアターによる上演で、そちらと同様、ソーシャルディスタンシングのため完全別撮りである。

www.stream.theatre

 舞台はアイルランドの地方のパブで、ブレンダン(ティム・ラディ)のパブが舞台である。常連のジャック(ダン・バトラー)とジム(ジョン・キーティング)が来ており、少し遅れてフィンバー(ショーン・ゴームリー)が最近引っ越してきたヴァレリー(アマンダ・クエイド)を連れてくる。ヴァレリーにイイとこを見せたい男たちがいろいろ妖精やら幽霊やらの怪談を始めるのだが、続いてヴァレリーが披露したお話は自分の経験に基づく深刻なもので、雰囲気が一変する。

 台本はかなり暗くて深刻な内容で、最初は話し上手な男たちが酒を飲んでイキりながら盛り気味の怪談をするみたいなちょっとコミカルな展開なのに、だんだん怪談の気味悪さが増していく上、ヴァレリーの話はシャレにならない深い喪失のお話で男たちがちょっとしおれてしまって…というような様子を丁寧に描いている。ヴァレリーがワインを頼むとめったにそういう注文がないブレンダンがちょっとまごまごしたり、みんなお酒が入るとだんだん話がなめらかになったり、描写の行き届いたパブ劇だ。幽霊や妖精などのお話の単に「面白い」社交ツールとしての要素と、人が人生でつらいことに対処するためにそういう話を必要とすることがあるんだという深刻な要素の両方を提示している作品である。昔話などが盛んなアイルランドの文化がよく出ている芝居と言えると思う。

 ただ、役者陣は頑張っているし、編集もとてもうまくつないでいるのだが、これは実際に全員が同じ場所にいる上演で見てみたいと思った。ほとんどひとりひとりの役者のクロースアップで撮っているのだが、何しろ密室的なパブ劇なので、もうちょっと引きで人々がいろいろなやりとりするところを見たいと思うところが多い。日本でも2000年に上演されたことがあるらしいのだが、是非一度ライヴで見てみたいと思った。

 

今月のwezzy連載は女性史関係の絵本の時代考証チェックです

 今月のwezzyの連載が出ました。『コンヴァージェンス・カルチャー』の刊行関連企画と、新学期その他で多忙だったため3回休載していましたが、復活しました。絵本には時代考証があやしいものも多いのですが、今回はとくに女性史関連絵本をとりあげて時代考証を考えました。

wezz-y.com

ほとんどミュージカルみたいな上演~ストラットフォード・フェスティバル『十二夜』(配信)

 ストラットフォード・フェスティバルの配信で『十二夜』を見た。2011年上演の映像で、デス・マカナフ演出のものである。

www.youtube.com

 難破船のようなイメージのセットで、衣装はわりと時代劇っぽいところもあるのだが(1920年代風のスーツとかスポーツ用の衣装が出てくる)、美術は全体としてかなり現代的である。とにかく音楽が多くてミュージカルかと思うような演出で、舞台上にピアノやらギターやらが出てきて登場人物がみんな歌う。フェステ(ベン・カールソン)やヴァイオラ/シザーリオ(アンドレア・ルンゲ)が歌うのはよくあるが、このプロダクションでは他のキャラクターもみんな歌う。オリヴィア(サラ・トパム)やサー・トウビー(大スターで去年お亡くなりになったブライアン・デネヒー)なども歌っており、もともと歌う役のフェステはロックスターみたいに大活躍である。キッチンでフェステやサー・トウビーが"Hold thy Peace"を歌うところはまるでツアー後にバンドがホテルで大暴れしているみたいだ。サー・アンドルー(スティーヴン・ウィメット)がこのキッチンでこっそりピザの宅配を頼んでいたり、細かいギャグも組み込まれている。

 このピザ場面をはじめとして笑うところもたくさんある。ヴァイオラ/シザーリオとサー・アンドルーの史上最弱同士の決闘は笑えるし、最後にセバスチャン(トレント・パーディ)が出てきて兄妹が再会するところではオリヴィアやアントニオ(マイケル・ブレイク)がいちいち驚いていて非常に笑える。サー・トウビーやサー・アンドルーがベテランで安定感があるのはとてもよく、とくにデネヒーのサー・トウビーは実に楽しく、貫禄もあるキャラクターで良かった。全体的にはちょっと好き嫌いが分かれそうな気もするが(音楽と笑いが中心でちょっと忙しすぎると思う人もいるかも)、私は非常に好みのプロダクションである。