アルフォンソ・クアロンの悪い癖~『ROMA/ローマ』(ネタバレあり)

 Netflixでアルフォンソ・クアロン監督の新作『ROMA/ローマ』を見た。配信だが、話題作だし一応新作なのでレビューしようと思う。

www.netflix.com

 舞台は1970年代初頭、メキシコのコロニア・ローマで家政婦として働く先住民の女性クレオ(ヤリッツァ・アパリシオ)がヒロインである。ミドルクラスの家庭に住み込みで働き、家族から愛されているが、ある日妊娠に気付く。ところが武術にハマっている恋人フェルミン(ホルヘ・アントニオ・ゲレーロ)はろくでもない男で、自警団(ロス・アルコネスという政府を支援する武装組織らしい)に入ってクレオを捨ててしまう。クレオは雇い主の家族に頼るが…

 

 モノクロの計算された画面が大変美しい映画である。先住民のヒロイン、クレオがちゃんと奥行きのある魅力的な人間として描かれているところも良い。しかしながら個人的に全然趣味じゃなかった…というか、2つの点で好きになれなかった。

 

 ひとつめは、クレオの女主人であるミドルクラスの女性ソフィア(マリーナ・デ・タビラ)やその母テレサ(ヴェロニカ・ガルシア)がやたらとクレオに優しく、理想化されすぎているということだ。クレオは勤め先でものすごく愛されており(女同士の話がたくさんあり、ベクデル・テストはパスする)、未婚で妊娠したことを打ち明けてもソフィアはそんなにショックを受けずに心配するだけだし、テレサクレオに優しい。シスター同士で助け合うのはもちろん美しいことだし、クレオは誰からも敬意を払われてしかるべき善良な女性なのだが、それでもミドルクラスとその使用人の間の垣根がこんなに簡単に取っ払われてしまうのは理想化のしすぎだと思う。なんかもうちょっとソフィアやテレサがショックを受けて何かのきっかけでそれを乗り越えるとかいうような描写があれば多少マシだと思うのだが、そういう葛藤すらないので、全体的にミドルクラスの女性たちを美化しすぎだ。これではヒロインが白人の救世主に助けてもらうだけの映画になってしまう。正直、いまどきこういう映画を作るんならダグラス・サークの映画とかを見直すだけで十分なんじゃないかと思う。

 

 もう1つは、男たちの世界が非常に政治化されている一方で、女たちが非常に非政治的で、家庭という美しい空間を守る存在として描かれていることである。外の世界では政治暴動が起こっているのに、この映画で女たちがいる空間は極めて個人的で、人々が助け合う理想化された場所のように描かれている。彼女たちが政治的になりうる契機は全然ない。この映画においては女たちのいる非政治的である意味逃避的な空間のほうが持ちあげられているのだが、こういう非政治の美化及び女性化みたいな描き方は、私は個人的に受け入れられないところがある。

 

 そして、クアロンの前作『グラヴィティ』にもこういうところはあったなーと思う。途中まではすごくフェミニズム的で女性の描き方に奥行きがあるように見える…のだが、微妙なところで台無しになるのである。『グラヴィティ』ではストーン博士がイケメンジョージ・クルーニーの幻想を見るところで私はずっこけた。『グラヴィティ』にも妙に家庭志向なところがあったし、たぶんこれは作家性なんだと思う。

ウィキペディアに[[トゥーセット・ヴァイオリン]]の記事を作りました

 日本語版ウィキペディアに「トゥーセット・ヴァイオリン」の記事を翻訳で作りました。東アジア系のヴァイオリニストであるブレットとエディがやっているクラシック音楽の啓蒙・諷刺番組を配信するオーストラリアのYouTuberデュオです。YouTuberの記事は初めて作りました。

ja.wikipedia.org

人間の小ささ~『フィレンツェの悲劇』/『ジャンニ・スキッキ』

 新国立劇場で『フィレンツェの悲劇』/『ジャンニ・スキッキ』二本立てを見てきた。フィレンツェを舞台にした1時間くらいのオペラ2本をまとめてやるものである。

www.nntt.jac.go.jp

 お目当てはオスカー・ワイルドが原作の『フィレンツェの悲劇』だったのだが、こちらはそもそもあまり戯曲じたい面白いと思わなかったので、そのせいかオペラもそんなに好きになれなかった。『サロメ』に比べると緊密さが足りないし、喜劇に比べると笑えるところがないし…

 

 『ジャンニ・スキッキ』のほうは死んだ金持ちの遺産をめぐる親族たちのいがみあいの話である。人間の欲を諷刺する面白おかしいばか話で、こちらのほうがずっと楽しめた。とくにセットが巨大な引き出しになっており、てんびん(正義、公正を象徴するはず)を中心に机とか本とかお菓子などの調度品をふつうの何倍も大きくして設置しているところが視覚的に面白い。ばかでかい調度品の間を登場人物たちが歩くと、まるで民家の机にちっちゃな妖精が紛れ込んだみたいで、視覚的に見映えがする。このセットは登場人物たちの器の小ささをよく示していて、見た目が楽しいだけではなくてちゃんと意味があるのもいい。

今後のウィキペディアイベント登壇予定

 この後ウィキペディアのイベントがいくつもありますので、登壇告知です。

場所はセルバンテス文化センターです。テーマはスペイン語圏文学です。4月20日に予備イベント、4月23日に本番イベントです。

ja.wikipedia.org

  • Japan SciCom Forum Workshop 2019

東京工業大学で開催されるJapan SciComの一環です。5月16日実施の科学関係者向けウィキペディアワークショップで、使用言語は英語です。

ja.wikipedia.org

 この他、5月にたぶんもう1回、9月にも2回くらいウィキペディアイベントで支援に入ったり登壇したりする予定です。

個人的に全くダメだった~『ビューティフル・ボーイ』(ネタバレあり)

 『ビューティフル・ボーイ』を見てきた。

www.youtube.com

 実話に基づいた作品である。ライターのデイヴィッド(スティーヴ・カレル)の長男ニック(ティモシー・シャラメ)は、まだ十代の半ばなのにドラッグにはまってしまう。リハビリで一度はよくなって大学に進学したニックだが、また薬を始めてしまい…

 

 これ、個人的にぜんっぜんダメだった。まず全体に編集のスタイルが好みではない。こういう映画なら、デイヴィッドがいかに愛情を注いで小さな時から息子を育てたかを先に見せてからニックの中毒を描くべきだと思うのだが、ミョーに時系列をいじっているせいで、父子関係がもともとどういうものだったのかがわかりづらくなっている。さらに切り返しの使い方とか人を撮る角度とかに変なクセが感じられ、デイヴィッドが薬物中毒の女の子とレストランで話すところとか、何を表現したいのかわかりづらい撮り方だと思った。

 

 さらにニックを演じるティモシー・シャラメがボロボロになっていく様子を中途半端に美しく撮っているのが良くないというか、完全に個人的な趣味だがちょっと受け付けられない。薬物中毒というのは基本、病気であるはずだ。美しい人がつらい病気にかかるところをロマンティックに描くというのは、病気の美化につながる。終盤でトイレで薬を打って倒れるニックを、光をあててまるでカラヴァッジオみたいに撮っているのはちょっとどうかと思った。さらにこの題材でニルヴァーナの曲なんかを使っているあたり、勘弁してくれという感じである。

 

 なお、この作品はベクデル・テストはパスしない。

「ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ」展

 練馬区立美術館で「ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ」展を見てきた。ガラス加工技術の変遷などがわかる展示で、車のラジエータなどの展示もあり、なかなか面白かった。

neribun.or.jp

クマのプーさん展

 文化村で行われた クマのプーさん展に行ってきた。私はどうもプーさんのぬいぐるみと野生動物が同レベルで離したりする設定が苦手なのだが、学生には卒論の題材としてとても人気があるので行ってこなければと思って見てきた。原画がたくさん来ており、他にも受容や販促などに関連した資料もある。プーさんのラテン語訳が出ているというのが面白かった。

wp2019.jp