アフリカの国が舞台の見応えある演出~セントルイスシェイクスピア祭『リア王』(配信)

 セントルイスシェイクスピア祭の『リア王』を配信で見た。演出はカール・コーフィールドによるものである。野外上演を撮影したものである。

stlshakes.org

 舞台は北アフリカのどこかの国という設定で、キャストはだいたい非白人である(ただ、設定が北アフリカのわりには美術などがもうちょっと南のほうの雰囲気だ)。アフリカということでドラムをたくさん使っており、最後のエドガー(ダニエル・ホセ・モリーナ)とエドマンド(リーランド・ファウラー)の決闘の場面も合図が原作通りのラッパではなくドラムになっている。舞台の中心に金色の鷲の形の王座があり、王国の不安定化とリアの失墜とともに途中でこれが倒れてしまう。衣服などはかなり現代的で、エドガーなどはフードをかぶってヒップホップやっててもおかしくないような雰囲気の衣装だ。ただ、そういうモダンな衣装に対して、リア王狂乱の場面のボディペインティングなどはやや古めかしい感じなので、あまり雰囲気がマッチしていないかもしれない。ところどころ変わった演出はあるもののわりと正攻法で、とくにリア王を演じるブロードウェイのスターであるアンドレ・ド・シールズの演技をじっくり見せるものになっている。

 正攻法とは言え、暴力的なところは暴力的である。このプロダクションでは道化(アレン・ギルモア)がかなり賢くて細かい気遣いができそうなタイプで、リア王コーデリア(ニコール・キング)のことを思い出して後悔を口に出すところなどではかなりリア王のことを心配しているように見える。ところがこの道化が途中で狂乱して刃物を持って暴れるリア王に刺されてしまうということになり、ここはけっこうショッキングだ(2015年にナショナルシアター・ライヴのバージョンでもリア王が狂乱して道化を殺すので、それに少し似ているかもしれない)。また、リーガン(ジャクリーン・トンプソン)夫妻はやくざ者みたいなガラの悪さで、ドリルのような機械を持ってグロスター(ブライアン・アンソニー・ウィルソン)の目をくりぬこうとしており、ここはけっこう怖い。

バーナード・ショーの思い込み~演劇企画CaL『ほんの駆引き -Village Wooing-』(配信)

 演劇企画CaLの『ほんの駆引き -Village Wooing-』を配信で見た。バーナード・ショーの短い芝居で、一組の男女が船上で出会い、やがて女性のほうが働いているイングランドの村の店で再会して結婚するまでを描くものである。ワーキングクラスの女性がミドルクラスの男性をいろいろ説得して結婚に導いていくという展開だ。こちらのプロダクションは生演奏のアイルランド音楽がつく演出である。

 全体的にセットなどは前の『旅人たちの春の夢 -The Tinker's Wedding-』よりずいぶん良くなっている。また配信映像のクオリティについては、野外で撮影したせいで音声がかなり悲惨だった『山の神様 -The Gods of the Mountain-』に比べると段違いである。演技も前に比べるとけっこうこなれている。新型コロナウイルスで大変だろうに、これだけちゃんとクオリティを上げてきているのには感心した。この題材でアイルランド音楽の生演奏が要るのかな…というのはちょっと思ったのだが、まあそれはアイルランド演劇をやる団体なのでしょうがないのかもしれない。

 小規模な作品だが、コンセプトは『人と超人』に似ている。バーナード・ショー特有の、「結婚というのは女性が男性をそそのかして起こる」というよくわからない(時としてミソジニー的にもなりうる)思い込みを追求したものである。このミョーな思い込みを気にしなければまあ風習喜劇としてふつうに笑って楽しく見られるのだが、こじんまりとまとまっているぶん、『人と超人』みたいな大規模で突き抜けた個性的な芝居に比べるとかなり物足りないとは言えると思う。

 

ウィキマニアでの発表は8/16の16:40からになりました

 オンライン版ウィキマニアでの発表は8/16の16:40からになりました。オンラインのライヴセッションで、タイトルは"Come on, It’s Wikipedia, not Westeros: A Brief Introduction to the Wikipedia Conspiracy Theory in Japan"「ちょっとぉ、ここはウィキペディアウェスタロスじゃないぞ:日本におけるウィキペディア陰謀論かんたん入門」です。

『とびだせ!ならせ!PUI PUI モルカー』

 『とびだせ!ならせ!PUI PUI モルカー』の3D上映に行ってきた。モルカーボールがもらえて鳴らしながら見るというなかなか変わった鑑賞体験で、周りの人がみんななぜか一致したタイミングで鳴らし始めるのが面白かった。私がもらったモルカーボールはアビーだった。

www.youtube.com

音楽の使い方が…『ミス・マルクス』(試写、ネタバレ注意)

 試写でスザンナ・ニッキャレッリ監督『ミス・マルクス』を見てきた。

www.youtube.com

 カール・マルクスの娘であるエリノア・マルクスロモーラ・ガライ)をヒロインとする伝記ものである。エリノアは生涯を通して労働条件の改善や性差別撤廃、選挙権のために戦い、またイプセンなどさまざまな翻訳を手掛ける多才で活動的な人物だったのだが、結局自殺してしまう。カール・マルクスのお葬式で始まり、エリノアの自殺で終わる作品である。

 全体的につまらないというわけではないし、主演のガライの演技は大変良いのだが、とくに面白いというわけでもない地味な伝記映画である。エリノア・マルクスの業績に光を当てようというアイディアは良いのだが、父カールの大きな影響の後は不実で頼りないパートナーのエドワード・エイヴリング(パトリック・ケネディ)に振り回されて最後は自殺してしまうということで、男のせいで人生がメチャクチャになってしまう才能豊かな女性の陰鬱な話だ。たしかにこういう話は必要ではあるのだが、『シルヴィア』とかでさんざん見たお話でもあり、あまり新鮮味は無い。オリーヴ・シュライナー(カリーナ・フェルナンデス)との女性同士の友情とか、カールの隠し子だったフレディ(オリヴァー・クリス、舞台『ヤング・マルクス』ではエンゲルス役だった)とのきょうだい付き合いとか、温かみのある場面は良いのだが、それ以外がずいぶんと暗いし、男性中心に回っているという印象を受ける。

 こういう話を少しでも現代風に見せようとしてクラシックとパンクロックを組み合わせているのだが、このセンスもけっこうイマイチだと思う。クラシックについては変に現代風にアレンジしたヴァージョンを使っており、なんでショパンの「幻想即興曲」とか「英雄ポロネース」をあんな変なアレンジで、しかもそんなに場面とも合っていないように見えるところで使うのだろうと不思議に思った。最後の踊るところはイプセンの『人形の家』のノラのダンスへのオマージュなのかも…とも思ったのだが、その後に自殺が来るので全く救われない(途中に『人形の家』にからめてこの終わり方を暗示する場面があり、伏線はしっかりしているのだが)。 

 

ちょっと演出が…マンハイム国立劇場『イポリットとアリシー』(配信)

 マンハイム国立劇場『イポリットとアリシー』を配信で見た。ジャン=フィリップ・ラモーの1733年のオペラである。ベルンハルト・フォルク指揮、ロレンツォ・フィオローニ演出で2021年5月1日に上演されたものである。

www.youtube.com

 原作はラシーヌの『フェードル』なのだが、かなり変更があり、テゼ(ニコラ・ディスキッチ)が冥界に行くくだりなどが付け加えられていて、テゼのほうがとても大きい役柄になっている。舞台はなんかゴミが散らかった楽屋みたいなセットで、人間は現代風の衣服を、神々はバロック風の衣服を着ている。客席にマスクをつけたバロック風の衣装の合唱団がいる。ジュピテル(パトリック・ジールク)がけっこう大事な役なのだが、ジールクは冥王プリュトンと二役である。

 全体的に大変けっこう話がわかりにくく、初心者向けではない演出で、たぶん『フェードル』を見たことがないとよくわからなかっただろうと思う(英語のレビューでも事前に物語を知らないとよくわからないだろうと言われていた)。最初の17分間は準備の映像で字幕もついていないし、話も始まらない。いろいろ新しいことをやりたいのはわかるのだが、もうちょっと話がわかるようにドラマチックにやったほうがいいのではないかと思うし、またダンスが全然ないのは大変つまらない。あと、プリュトンが顔に×マークのついたやたら乳首を強調したファッションの変なおじさんになっているのはちょっとどうかと思った。冥王なんだから、かちっとした服装で厳しそうな人にしたほうがいいのではないだろうか…冥王だから変なファッションというのは実に安易である。歌は良かったのだが、演出にはかなり疑問のあるプロダクションだった。

この手のものとしては良くできているほうではあるが…『スーパーノヴァ』

 『スーパーノヴァ』を見てきた。

www.youtube.com

 長年連れ添ったカップルである作家のタスカー(スタンリー・トゥッチ)とピアニストのサム(コリン・ファース)が湖水地方を旅する様子を描いたものである。サムが久しぶりにコンサートを頼まれたからということで愛犬ルビーを連れて車で旅をするのだが、タスカーは実はまだそんな年でもないのに認知症になっていた。2人はコンサートの前にサムの家族を訪問する。

 この手の熟年カップルの病気を描いたものとしてはよくある感じで、トゥッチとファースの演技を見るみたいな映画である。ドナルド・サザーランドヘレン・ミレンが出た『ロング、ロングバケーション』とか、シェイクスピアネタの『43年後のアイ・ラヴ・ユー』とか、いろいろ先行作がある。認知症という点でも『ファーザー』とか『アリスのままで』とか、いろいろ先行作がある。

 熟年カップルの病気ものとしては比較的よくできているほうである。とくにタスカーがサムの家族のところでパーティに出席するところは、みんなある種のタスカーの生前葬だとわかって盛り上げようとしている感じがあり、タスカーがサムの家族からも愛されていることがよくわかるような描き方になっているのが良い(この映画ではタスカーとサムがゲイのカップルだということはサムの家族から完全に当たり前のこととして受け入れられている)。どちらかというと寂しい感じの湖水地方の描写も綺麗だし、犬も可愛いし、最後にファースが自分でピアノを弾いているというのも凄い。

 ただ、短い映画なのにこのパーティあたりまではけっこうテンポがゆっくりであまり発展がなく、そのせいでちょっとタスカーとサムのキャラクターが薄くなっているような気がする。基本的にこの2人はカップルとして以外にあまり人生がないように見え、「なんとなくリッチで知的なカップル」以上の描き方になっていないように思う。せっかく芸術家のカップルなんだし、前半でもう少しこの2人の芸術的なこだわりとかを掘り下げてもよかったと思うし(全くそういう描写がないというわけではないのだが、もっとあっても良い)、他にもいろいろ細かい性格とか人生に関する描写があったほうがよいという気もした。