思ったほど浦島太郎ではなかった~『うリアしまたろ王』(ネタバレあり)

 山の手事情社うリアしまたろ王』を見てきた。『リア王』+『浦島太郎』ということらしい。

 

 ただ、基本的には『リア王』を90分強にカットするという筋で、『浦島太郎』要素はあまり多くはない。リア王(浦弘毅)が乙姫様(越谷真美)の幻影を通じて竜宮城(たぶん常世の国)につながっている…という設定で、最後にリア王が亡くなるところで玉手箱が活躍する程度である。全体的にリア王やトム/エドガーなどのキャラクターがホームレスになってしまうということを強調していて、野宿者の人たちが集まってリア王ごっこをする、みたいなところから始まる(この枠はもうちょっと全体を通して強調してもよかったかもしれない)。

 

 演出の特長としては、出てくる人たちがみんな良いとも悪いとも言えない複雑な人々になっていて、善悪がはっきりしないような印象を与えるようにしているということがある。リア王はかなり頑固で横暴な老王になっていて、冒頭の愛を宣言させる場面ではゴネリルやリーガンが暴力をふるわれる描写がある。どうやら上の2人の娘は父親から苛められてきたみたいで、これは父を恨んでいてもしょうがないかもしれない…ということがわかる。一方でコーデリアは父親からかわいがられていたようだが、そんなに美徳の化身として称揚されているわけでもない。悪役のエドマンドも、やはり今まで親からないがしろにされてきたらしい雰囲気がある。そんな殺伐とした中で、乙姫だけはこの世ならぬ美しさであり、リア王はその幻影を追っている。リアはこの幻影を通したなんらかの解放を求めているのだと思うが、この解放は常世の国につながっているので、生者の世界では得られないものだ。

 

 全体としてはスピード感のある面白いプロダクションだし、白い傘を使って建物のような構造を作ったり、ゴザみたいな幕を三枚吊して空間を分けるというパフォーマンススペースの作り方も良かった。オールバニの台詞が東京音頭にかき消されて全く聞こえなくなってしまうという終わり方も諷刺的で辛辣な要素があって面白かった(ひょっとして、オリンピックで野宿者が排除されることを暗示しているのだろうか)。ただ、ホームレスの人々の枠にリア王と浦島太郎ということで、ちょっといろいろ詰め込みすぎですっきり解決ができていない感じがするところもあった。もう少し整理してもいいかもしれないと思う。

早く大人になりすぎたヒロイン~『マイ・プレシャス・リスト』(ネタバレあり)

 スーザン・ジョンソン監督『マイ・プレシャス・リスト』を見た。

www.youtube.com

 主人公のキャリー・ピルビー(ベル・パウリー)はロンドン生まれ、ニューヨーク育ちの19歳の女性だ。14歳でハーバード大学に入り、18歳で卒業したといういわゆる神童で、とにかく読書家で博識である。ところが若くして大学に入ったせいで同年代の友達がおらず、現在では仕事も見つからず、セラピストと行きつけのお店以外はほとんど外出もしないような暮らしをしている。そんなキャリーにセラピストのペトロフ先生(ネイサン・レイン)が、年末までに治療の一環としてやることのリストを渡す。さらに離れて暮らす父のすすめで法律文書校正の仕事も始めることになり…

 

 これ、予告だとまるでダメな女の子が変身を目指すロマコメ…みたいな印象を受けるのだが、相当違う。ポイントはキャリーがまだ19歳かつギフテッドだということだ。これが27歳とかで自分で仕事もしているような女性たと、ペトロフ先生の「デートしろ」とか「友達を作れ」みたいなリストは余計なお世話…と思うところだが、なんてったってキャリーはまだ州によっては飲酒もできない、言ってみればほとんど子供に近い若者だ。しかも知的成長が急激だったせいで(フーコーの『知の考古学』を面白がって読んでいる!)、社会生活の面での精神的成長がそれに追いついていない。ふつうなら、大学卒業後はキャリアプランをある程度決めて働いたり大学院に行ったりする選択肢があるが、キャリーは自分のキャリアに関して重大な選択をするにはまだちょっと精神的に幼すぎる。これなら、ペトロフ先生が父親みたいにお節介を焼いてデートや友人作りをすすめるのもまあわかる。これはのっぴきならない事情で子供か大人かわからない状態に放り込まれてしまった少女の成長物語なのだ。

 

 しかも、ここからはネタバレなのだが、キャリーは大学時代にとんでもない英文学の教員ハドソン(コリン・オドナヒュー)と関係し、手痛い失恋をしていた。このハドソン、私が今まで見た映画に出てくる英文学教師の中では最低レベルに凶悪である。まず、学生に手を出す時点で教員としては職務倫理に反している(教員だろうが殺し屋だろうがプロはクライアントと寝ないほうがいいし、とくに教員の場合、依怙贔屓が厳禁だ)。ちなみにハドソンがキャリーに手を出したと知った時に、キャリーの父であるピルビーさん(ガブリエル・バーン)が淫行で訴えるとか言い出すのだが、ハーバードのあるマサチューセッツは同意年齢が16歳なので(ニューヨークとかカリフォルニアはもうちょっと高いので、コロンビア大学スタンフォード大学だったら違法だったかも)、ハドソンはギリギリ違法行為はしていなかったらしい…ものの、明らかにキャリーが若いのにつけこんでるし、バレたら停職や減給になってもおかしくない。さらにこのハドソン、顔だけは良いナルシスト男で、映画の中のフラッシュバックでほのめかされている、別れた原因がまあなんかとにかくひどいものらしい(なんとなく示唆されているだけなのだが、想像するだけでかなり気持ち悪い)。ちなみにこいつはモダニズム文学の研究者らしいのだが、まったく、意識の流れを使って女を口説くなボケと思う。まあしかしそんなわけで、キャリーはまだ十代半ばなのに大人の世界でろくでもない男に引っかかってしまい、そのせいでだいぶ彼女の社会性に悪影響が出ている。そんなところから社会となんとかつきあえるようになるために、リストをひとつひとつこなしていくのが必要だった。

 

 全体的にはいろいろツメの甘いところもあるし、『マイ・インターン』同様、ニューヨークなのに妙に白人ばっかり(しかも『マイ・プレシャス・リスト』は妙にアイルランド系ばっかり)なのはちょっと気になるのだが、わりと面白く見ることができた。キャリーとタラが仕事の話をするのでベクデル・テストはパスする…っていうか、逆ベクデルはパスしないかもしれない。

 

ノスタルジアが執着に化ける時~ナショナル・シアター・ライヴ『フォリーズ』

 ナショナル・シアター・ライヴで『フォリーズ』を見てきた。タイトルの『フォリーズ』(Follies)は、たくさんのショーガールが出てきて踊るレヴューの「フォリーズ」と、「愚行」の意味のフォリーをかけている。脚本はジェームズ・ゴールドマン、作詞作曲がスティーヴン・ソンドハイム、演出がドミニク・クックである。

www.youtube.com

 舞台は1970年代初頭のニューヨークである。第二次世界大戦頃までに「ワイズマンズ・フォリーズ」(明らかに実在するジーグフェルド・フォリーズをモデルにしている)で活躍していたショーガールたちが、劇場の取り壊しを前に同窓会に集まってくる。元ワイズマン・ガールであるサリー(イメルダ・スタウントン)とフィリス(ジェイニ-・ディー)はそれぞれの夫であるバディ(ピーター・フォーブズ)とベン(フィリップ・クワスト)を連れて参加するが、この夫婦は二組ともうまくいってない。さらに実はサリーとベンは若い頃、恋人同士だった。かつての想いが蘇り、サリーはベンとよりを戻そうとするが…

 

 構造はかなり複雑で、この主要人物4人全員に対して若い頃のバージョンを演じる役者がいる。話しているうちに若い頃の記憶がフラッシュバックして、若い時代のこの4人と年取ったこの4人が同じ舞台で演技をするというようなことになる場面もたくさんある。ボロボロになってしまった劇場なのに昔のとおりに華やかな姿をしたショーガールが出てきて踊るところもあり、全体的に幻想や幽霊と区別がつかないようなちょっと曖昧な記憶と、70年代の厳しい現実が交錯する話になっている。この現在と過去の夢の入れ替わりを、大規模なセットを使い、舞台を回転させたり、役者をダイナミックに動かしたりして表現している。

 

 物語は第二次世界大戦前の華やかなレヴュー劇場に対するノスタルジアが、失った青春の愛に対する郷愁、そして執着へと化けていく様子を描いていて、『フォリーズ』なんていうタイトルとレヴューの華やかなイメージからは想像できないようなシビアな内容だ。歌や踊りはどれも華やかでよく出来ているのだが、とくに終盤はどの歌にもどの踊りにも、皮肉や悲しみ、辛辣なユーモアがこめられている。人生に対する後悔や老いに対する恐怖から、若く生き生きとしたショーガールだった頃の想い出に固執してかつての愛を再燃させようとするサリーは、たしかに「フォリー」つまり愚行と狂気の世界に片足を突っ込んでいると言えると思うのだが、それでも見ていてとてもかわいそうに思えてくるところがある。イメルダ・スタウントンが本当に上手で、ちょっとイライラするところもあるし正気でないと思えるようなところもあるが、それでも可愛かったり気の毒だったりするサリーを奥行きのあるキャラクターとして演じている。他の3名も大変な好演だし、脇を固めるショーガールたちにも見せ場があって、ひとりひとり深みのある人間として描かれているのがよかった。

 

 この作品は初演は興行的にうまくいかなかったらしいのだが、たしかにこんなに金のかかる豪華な外見でこんだけ厳しい内容だと、1971年の趣味には合わなかったんだろうなと思う。1967年に作られた『ヘアー』のブロードウェイ版がまだやってた時期に発表されたそうで、そりゃ水瓶座の時代が幕開けしてんのにこんな話はウケなかったんだろうなと思う。メチャクチャな政情である現在にはむしろふさわしい作品だ。

12月15日にウィキペディアの書き方講習会を実施します

 12/15(土)に武蔵大学にて、通算3回目の研究・教育関係者向けウィキペディア記事の書き方講習会を実施します。主に去年までは学校の先生向けでやっていたのですが、今回は需要がありそうだということで、図書館など社会教育関係の方々も気軽にご参加頂けるようにしようかと思います。詳しくは下にリンクする、ウィキペディア内のプロジェクトページをご覧下さい。

研究・教育関係者向けウィキペディア記事の書き方講習会 - Wikipedia

Repreで拙著や開催研究会の報告記事などが公開されました

 表象文化論学会のウェブニューズレターであるRepreの新刊で、私が書いた記事が2本公開されました。拙訳書『女になる方法 ―ロックンロールな13歳のフェミニスト成長記―』の紹介記事と、アーサー王研究会の紹介記事です。

女になる方法 ロックンロールな13歳のフェミニスト成長記 | 翻訳 | 新刊紹介 | Vol.34 | REPRE

公開研究会 King Arthur’s Afterlife: The Reception of the Arthurian Legend | トピックス | Vol.34 | REPRE

 

 また、単著『シェイクスピア劇を楽しんだ女性たち:近世の観劇と読書』のほうも紹介して山本博士さんが紹介して下さいました。ありがとうございます。

シェイクスピア劇を楽しんだ女性たち 近世の観劇と読書 | 単著 | 新刊紹介 | Vol.34 | REPRE

ちょっとリアル志向すぎてイマイチだった~『バーバラと心の巨人』(ネタバレあり)

 『バーバラと心の巨人』を見てきた。

www.youtube.com

 ヒロインのバーバラ(マディソン・ウルフ)は姉と兄と一緒に浜辺の家に住んでいる。バーバラは独立心が強い変わり者で、いつか攻めてくる巨人と戦うための戦略をひとりで考えて暮らしている。そんなバーバラに、英国からやってきた転校生ソフィア(シドニー・ウェイド)という友達ができるが…

 

 すごくつまらない映画というわけではないのだが、全体的にちょっと「巨人」が必ずバーバラが乗り越えないといけない現実の問題の象徴として事務的に処理されているような印象で、リアルにもっていこうとしたあまり、語り口があまりワクワクしない感じになってしまっている気がした。似たような題材を扱っている『パンズ・ラビリンス』などは、もうちょっとファンタジーと現実の境界がわかるようでいてハッとするほど近付いてしまう危険なポイントみたいなのがあった気がするのだが、この映画はそのへんの描き方がストレートにすぎて物足りなかったと思う。

 

 ベクデル・テストは完全にパスするというか、バーバラと姉のカレンが冒頭近くで『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の話をするところでクリアするし、それ以降もバーバラとカレン、バーバラとモル先生、バーバラとソフィアの会話のほとんどは男性以外についてのものである。また、先日見た『500ページの夢の束』は逆ベクデルをパスしないと思ったのだが、これも逆ベクデルをパスしないかもしれない。一番パスに近いのが、冒頭でバーバラの兄と仲間たちがゲームの話をするところなのだが、ここもバーバラが会話に入ってくるので男性だけの会話といえるかあやしい。

 

 

女がおもろいということ~シアタークリエ『おもろい女』

 小野田勇作、田村孝裕演出、藤山直美主演『おもろい女』をシアタークリエで見てきた。第二次世界大戦前から戦争直後くらいまで活躍していた実在の天才女性漫才師、ミス・ワカナの生涯を脚色したものである。ものすごく私好みの芝居で、もっと早く見に来なかったのを後悔したくらいだった。

 

 ミス・ワカナ(藤山直美)は15歳で田舎から出てきて、大阪で強引に河内家芳春に弟子入りし、瞬く間に漫才で頭角を現すが、師匠に逆らい活動写真の楽士である一郎と駆け落ちする。口下手な一郎と夫婦漫才を始めるがなかなかうまくいかなかった…ものの、ミス・ワカナ玉松一郎として九州で活動するうちにだんだん人気が出て、やがて大阪に戻り、引っ張りだこになる。しかしながら常に前のめりで新しいことを試したがるワカナと大人しい一郎はだんだん芸に対する考え方があわなくなり、ワカナは調子のいいことを言う役者の浅原(天宮良)と浮気をはじめてしまう。誰もがうらやむ仲睦まじい夫婦だったはずのワカナと一郎は結婚を解消し、漫才だけは2人で続けることにするが、ワカナは浅原に教えられたヒロポンの依存症になり、戦後に突然死してしまう。

 

 まず、女が「おもろい」ということを全力で肯定してくれる芝居であることが気に入った。女の芸は男の芸に比べて面白くないとか、女は芸人に向いていないとかいうタワゴトが世の中にはあるが、すごい勢いでおもろいことを言いまくるワカナを見ていると、そんなのは吹き飛んでしまう。最初は女性を弟子にするのを渋っていた芳春もだんだんワカナの芸の面白さに関心して引き立てるようになるし、周りの人たちもワカナの天才的な芸を高く評価している。

 

 一方で、才能がありすぎて常に前に進みたいワカナがどんどん一郎と疎遠になり、ヒロポン依存症になって自己破壊に突き進むところは悲劇的だし、リアルでもある。ワカナは戦争中、兵士の慰問活動に熱心で、つまりは戦争協力をしていたのだが、戦争の負の産物であるヒロポンのせいで破滅してしまった。このなんともいえない皮肉な運命がとても悲惨に描かれている。ワカナは天才なのだが、とても奥行きのある、美点と欠点を兼ね備えた人間らしいヒロインだ。

 

 藤山直美のワカナは大変な当たり役だ。病気の後の復帰作なのだが、すごくエネルギッシュで病み上がりとは思えないくらいで、キラッキラした才能に満ち溢れているワカナをカリスマ的に演じている。50代の藤山が15歳から死ぬまでを演じるというのはちょっと無理がある…ようだし、アナウンスで「ワカナ、15歳」などという説明が入って、スポットライトの中で藤山がわざとらしく「15歳」っぽい顔をしたりするのはその無理をわかってギャグにしているということなのだが、それでもなんだか舞台を元気に動き回るワカナを見ていると、もうおばちゃまと言っていい年の藤山がキャピキャピした小娘に見えてくるから不思議である。一方で、終盤にドラッグ中毒になってボロボロなのに舞台でだけはキレッキレな年配のワカナを演じる藤山は実に壮絶だ。これを打つといい漫才ができるとかなんとか言って自分に注射をするワカナの表情には、芸に対するこだわりと疲れがまざりあった殺気が漂っている。

 

 脇役たちも芸達者で、優しくてワカナをずっと愛している一郎を演じる渡辺いっけい藤山直美は大変息が合っている。ワカナの周りにも元気な女性たちがいて、助けあっていたりするところも良かった。大阪の漫才興行をとりしきっているごりょんさんこと菱本(正司花江)も、九州の芸能界のボスである山路たま(山本陽子)も、ワカナの芸をものすごく良く理解してくれて、ワカナと進路が分かれることになってもやっかんだり怒ったりはしない。女同士の嫉妬みたいなステレオタイプに陥ることなく、気っぷと度量が備わった女性たちがたくさんいてワカナのことを思いやってくれるのだが、それでもワカナが死んでしまうというあたり、やるせない物語である。