短いわりにはツボをおさえた楽しい作品~宝塚宙組公演『シャーロック・ホームズ-The Game Is Afoot!-』(配信)

 宝塚宙組公演『シャーロック・ホームズ-The Game Is Afoot!-』を有料配信で見た。生田大和作・演出で、もちろんシャーロック・ホームズものである。作品としてはキャノンにあるいろいろな話、とくにライヘンバッハまわりのエピソードを参考にしているのだが、基本的には切り裂きジャックヴィクトリア女王ゴールデンジュビリーを織り込んだオリジナルのお話である。

kageki.hankyu.co.jp

 ホームズ(真風涼帆)がモリアーティ(芹香斗亜)と対決する定番の展開にゴージャスのオペラのスターであるアイリーン(潤花)との情熱的なロマンスも絡めて、歌ありアクションありの楽しい作品である。ホームズはわりと知的で、また昔失った恋人のことを忘れられずに女性に近づけなくなっているという(宝塚的に)ロマンティックで優しめのキャラクターである。モリアーティはスーパーヴィランというよりは芝居がかったトリックスター風に作っていて、少しBBC『シャーロック』に近いと言えるかもしれない。ホームズとモリアーティが、実際には同じ場所にいないはずなのに互いに対するライバル心を剥き出しにして同じ舞台でデュエットするところがあり、これは非常に舞台ミュージカルとしては効果的な演出だ。一方、ワトスン(桜木みなと)とホームズはわりとベタベタしており、自宅で変な悪ノリでふざけるところは最初はちょっと面食らったが、大変笑える。また、いかにも堅気のミドルクラスの女性らしいメアリ(天彩峰里)が、スターで危険な人生を送ってきた雰囲気のアイリーンに対して変に敵意を見せたり逆に気を遣いすぎたりせず、女同士で自然に優しく接している様子がわかる演出があるのは良いと思った。最初から出てきている鎖のモチーフが最後に生きてくるところは小道具の使い方がうまい。

 いくつかちょっと疑問に思うところもある。恋愛重視でやたらロマンティックなのはまあ宝塚だからしょうがないとしよう。冒頭は暗めの照明でヴィクトリア朝のミステリらしいちょっと憂鬱で後ろ暗さ溢れる雰囲気を醸し出しているのだが、最後がなんだかヴィクトリア朝ミステリというよりは最近のやたら複雑なハリウッドアクションみたいになるところはちょっと気になる。とくにあの最後の最後のオチはどうかなーと思った。また、大がかりな話のわりに短くて、もうちょっとじっくり見たいような気もする。

 

 芝居の後にレビュー『Délicieux!-甘美なる巴里』がついているのだが、これはタイトルどおり、アイスクリームなど美味しい食べ物が出てきて、音楽も『くるみ割り人形』など食物ネタのものを使っている。衣装などもちょっとデコレーションしたお菓子っぽい雰囲気のもので、ダンスはカンカンだったりけっこう激しい。モーツァルトに合わせてマカロンの重量挙げをするところは冗談かと思った(かなり笑える)。盛り上がるところでは昔のミュージカルよろしく派手に大きなケーキが回る。しかし、美味しいお菓子となるとまあパリで、芝居の舞台になっていたロンドンはまず出てこないのがなかなか悲しいところだ(宝塚でロンドンネタのレビューってあるのだろうか?)。

 

Call Me Maybe~上海話劇芸術中心『ヘンリー五世』(配信)

 ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーと上海話劇芸術中心の『ヘンリー五世』を学会員のみの配信で見た。2019年のオーウェン・ホースリー演出による上演を撮ったものだが、初演は2016年で、この時が中国語による中国でのプロによる『ヘンリー五世』初演だったそうだ(『ヘンリー五世』は英語圏以外では全然人気が無い)。ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーシェイクスピアを中国語に翻訳するフォリオ・トランスレーション・プロジェクトの一環である。

 

www.rsc.org.uk

 現代が舞台で、男優8名、女優8名だけでの上演である。このため、わりと女優が男性役を演じており、複数の役を演じる役者もいる。台本は2時間くらいでおさまるよう、けっこうカットしてあるように思った。服装は現代のもので、セットは真ん中に障子のような透明の格子のついた大きな箱があるだけで、他はあまり装置もない。場面転換の際にはこの箱が回転し、冒頭の交渉の場面などはこの箱の中で展開する(箱の中はやたら音がきちんと入るのに舞台の他の箇所では音がぼやっとするところがあり、やや音の拾い方に難がある)。この箱の面のうちひとつには上の部分を開くことができる扉がついていて、ハーフラーの開城要求の場面などでは箱の中から扉を開けてヘンリー五世(蘭海蒙)たちが呼びかけるという演出になっている。

 プロによる初演用の演出(これは再演だが)ということでおそらく上海の観客が馴染んでいる芝居ではないためか、セットなどは現代的だがわりと正攻法でわかりやすく、若き王の努力をストレートに描いている。キャサリン(范祎琳)も完全に若い現代女性で、初登場するところではカーリー・レイ・ジェプセンの"Call Me Maybe"がかかってお買い物から帰ってきたらしいオシャレないでたちで出てくるし、侍女のアリス(馬青利)はスケジュールとかスタイリングを担当する若いアシスタントといった感じだ(ここのもともとフランス語の台詞はフランス語でやっている)。最後の求婚の場面は、最初は政略結婚に非常にぶすっとしていたキャサリンがだんだんヘンリーとうまがあうようになって自分からキスするなど、若者同士の面白おかしい求愛になっている。

オルフェウス室内管弦楽団"Orpheus with Caleb Teicher & Company"(配信)

 オルフェウス室内管弦楽団のオンライン配信"Orpheus with Caleb Teicher & Company"を見た。50分くらいの短いコンサートを5ドルで有料配信するもので、エイトル・ビラ=ロボスの「ブラジル風バッハ第5番~アリア」、ネイ・ロサウロ「マリンバ協奏曲第1番」(マリンバブリトン=ルネ・コリンズ)、バッハの「ゴールドベルク変奏曲」(タップダンスはケイレブ・タイシャー・カンパニー)を演奏する。最後の「ゴールドベルク変奏曲」にタップダンスをつけたものが見てみたかったのだが、舞曲とかではないはずだと思うのだがそれでもけっこうきちんと合っているのが面白かった。テンポの速い変奏はもちろん、ゆっくりした変奏にもしっかりダンスを合わせているのが良い。

orpheusnyc.org

優しく温かい話と思いきや…『スウィート・シング』(オンライン試写、ネタバレ注意)

 アレクサンダー・ロックウェル監督の新作『スウィート・シング』をオンライン試写で見た。

www.youtube.com

 主人公は15歳のビリー(ラナ・ロックウェル)とその弟である11歳のニコ(ニコ・ロックウェル)である。父親のアダム(ウィル・パットン)は愛情深いがアルコール依存症で全く頼りにならず、ビリーが弟の面倒を見ながら貧しい暮らしをしている。そぬちあまりにも症状が悪化したアダムが子どもたちの面倒を見られなくなり、2人は父と別れて粗暴なボーイフレンドのボー(ML・ジョゼファー)と暮らしている母イヴ(カリン・パーソンズ)に預けられることになるが…

 主役の姉弟は監督の実子で、イヴ役も実際のロックウェルのパートナーであるカリン・パーソンズが演じており、ある種のホームムービー(にしてはずいぶんと悲惨だが)みたいな作品である。全体的にモノクロ(一部カラー)の親密感ある映像で『スタンド・バイ・ミー』など過去の有名作のオマージュを盛り込み、温かみのある画面を作っている。ちょっと手持ちでブレるところがあるのはあまり良くないと思ったが、気になるほどの量ではない。ビリーが弟の面倒を見てやらないといけないわりには不必要に大人びた少女として描かれておらず、ちゃんと子どもっぽいのがリアルで良いと思った。途中で出てきて姉弟と友達になるマリク(ジャバリ・ワトキンス)はスケートパークでスカウトされたそうだが、初めて映画に出たとは思えないくらい存在感がある。

 優しく、温かい雰囲気で子どもたちを描いた作品なのだが、途中でちょっとびっくりするようなとんでもなくショッキングが展開が数回ある。このあたりで全体の温かいトーンを保つため、わりと子どもの一生のトラウマになりそうなことをさらっと流して描いているのはちょっと気になった。父親のアダムも母親のイヴもちょっと子どもたちの親としてふさわしくないレベルのことをしているのだが、それでもけっこうお話が淡々と流れてしまう。最後のかなり暴力的な展開はブラック・ライヴズ・マターを意識したものなんだろうなと思う。

 

本屋B&Bで森山至貴さんとオンラインイベントをします

 以前もイベントでお世話になった本屋B&Bで、森山至貴さんと新刊の記念オンラインイベントをします。10/24(日)の15時~17時まで、アーカイヴありです。『批評の教室ーチョウのように読み、ハチのように書く』は森山さんの『LGBTを読みとく』の批評版みたいなものを作りたいなと思って書き始めたので、とても楽しみです。予約はこちらからできます。お気軽にご参加くださいませ。

bookandbeer.com

 

 

こんな題材をちゃんとしたミュージカルに…『アンジェラの灰』(配信)

 『アンジェラの灰』をニューヨークのアイルランド演劇専門の劇団であるアイリッシュ・レパートリー・シアターの有料配信で見た。フランク・マコートの有名な自伝的小説(映画化もされている)をミュージカル化したものである。台本はポール・ハート、歌はアダム・ハウエルが担当し、演出はトム・サザーランドである。これはダブリンのオリンピア劇場で収録されたものである。

irishrep.org

 小説を読んだか映画を見た人なら知っていると思うのだが、『アンジェラの灰』はとにかく悲惨きわまりない話である。そこまで事実に基づいているわけではなく、ずいぶん悲惨な方向に盛ってあるらしいのだが、アメリカに移民したマコートの家族がアイルランドのリムリックに戻って貧しい暮らしをする様子を描いたものである。貧困地域の支援にかかわってる人がよく言っている、子どもがいる貧しい家庭を支援するなら母親に直接金を渡さないといけない、父親に渡すと全部自分のために使ってしまうから…という話そのまんまの内容で、とにかくフランクの父マラキが飲んだくれて全然、家にお金を入れないせいで一家が困窮する。一応、最後は主人公のフランクがお金をためて渡米する。

 まったくミュージカルに向いているとは思えない題材で、正直なところAngela's Ashes: The Musicalというタイトルを見ただけでちょっと冗談かと思ってしまった…のだが、そういう先入観を吹き飛ばすちゃんとしたミュージカルである。そつの無い作りで、最後はちゃんと明るい雰囲気で終わる。小説にはところどころにユーモアもあるのだが、この舞台はそれを生かしてかなり笑えるところもあり、歌詞がひどすぎて可笑しいみたいなブラックユーモアたっぷりの歌もある。

 フランク(オーエン・キャノン)は大人の俳優が演じていて、視点人物として物語をすすめていく。リムリックは不景気である上に閉鎖的なところがあり、北側のアントリム出身であるマコート家の父マラキ(マーティ・マグワイア)は訛りのせいでよそ者扱いされて仕事が見つからず、仕事が見つかっても全部パブで飲むのに使ってしまって全然、家族を支えなければならないという自覚が無い。そのくせにカトリックで避妊はしないのでたくさん子どもが生まれ、母アンジェラ(ジャシンタ・ホワイト)は慈善に頼って生きるほかなくなる。このへんはあまりにも悲惨で本当にひどい父親だ…と思うのだが、そんな中でもなんとか子どもたちを養おうとするアンジェラを演じるホワイトが大変上手で、歌も演技も非常にしっかりしている。最後までとにかく悲惨でたまにショッキングなところもある展開なのだが、二層になっている動きやすいセットを舞台に、アイルランド風のあまりじめじめしない音楽と笑いできちんとまとめあげている。

 

9/22の18:30より『アフター6ジャンクション』で新刊の話をします

 9/22(水)18:30頃より『アフター6ジャンクション』に出演します。新刊の話をする予定です。

www.tbsradio.jp