正面を向いて叫ぶだけの演出はやめよう~『メアリ・スチュアート』

 シラー作、森新太郎演出『メアリ・スチュアート』を見てきた。シラーによる古典的作品で、主題としてもスコットランド女王メアリ(長谷川京子)の処刑までを、エリザベス1世(シルビア・グラブ)との関係を中心に描くという歴史ものの定番を扱っているので、とくに詳しく内容を説明する必要はないと思う。

setagaya-pt.jp

 いいところはたくさんある。舞台の上に奈落に降りられる階段を設置し、森の場面の木や玉座以外はあまり大きな道具類を使わないシンプルな美術が印象的な演出である。笑わせるところのツボをちゃんと押さえているのもいい。

 

 しかしながら、初日だったからなのかちょっと未完成な感じがあり、とくに登場人物がやたらと正面を向いて叫ぶ演出が多いのは辟易した。森演出の歴史物だと『エドワード2世』などにもちょっとその気があったのだが、あれは脇役だけだったのでそこまで気にならなかったんだけれども、今作では主要人物たちについてもかなりそういう演出があり、とくに終盤でエリザベスがやたら叫んだり大声でしゃべったりする。私の考えでは、この戯曲というのはあまり政治的に賢くない女(メアリ)とヤバい女(エリザベス)の物語で、それなのに2人とも観客の共感を得られるだけのしっかりした厚みあるというのが面白さだと思うのだが、エリザベスをやたら叫ばせると昔ながらのミソジニー的な「ヒステリー女」表現に近づいてしまい、人物像が薄っぺらく感じられるので非常によろしくないと思う。エリザベスはできるだけ声を荒らげない感じで演出し、最後の独白のあたりだけ感情をあらわにする、というような演出のほうがずっとメリハリが出るのじゃないかと思う。叫ばなくてもいろいろなことが表現できそうな役者陣だと思うので、もうちょっと繊細な演技を引き出せるのではと思った。

 

 あと、これは完全に初日だからだと思うのだが、照明が調整不足っぽかった。やたら暗いなーと思っていたら、急に不均等に眩しくなったりする。全体的に暗いところと明るいところのメリハリを極端につけすぎで、むしろ見づらくなっているのではないかと思った。

とても丁寧な作品だが、地味といえば地味~『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』(ネタバレあり)

 『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』を試写で見てきた。

www.youtube.com

 ロンドンの正統派ユダヤ教徒コミュニティのラビの娘で、アメリカで写真家の仕事をしているロニート(レイチェル・ワイズ)が、父の死の知らせにで帰国するところから始まる。ロニートは昔、同じコミュニティの出身であるエスティ(レイチェル・マクアダムズ)が好きだったのだが、同性愛や女性の自由な振る舞いを認めないユダヤ教コミュニティと折り合いがつけられずに出て行ったままになっていた。エスティはロニートの友人であるラビのドヴィッド(アレッサンドロ・ニヴォラ)と結婚し、敬虔なユダヤ教徒として暮らしていたが、再会して恋がまた燃え上がってしまう。

 

 大変丁寧に描かれた作品で、主演陣の演技はとても良いし、エスティとロニートの恋情が爆発する場面などは非常に情熱的なのだが、一方で私はこういうあまり笑うところのない丁寧な恋愛ものというのがそこまで得意ではないので、ものすごく好きかというとそうでもなかった。監督のセバスチャン・レリオは『ナチュラルウーマン』を撮った人で、前作もやはり丁寧な人間ドラマだったのだが、新作のほうがもうちょっとユーモアとかけれん味がなくなっている分、地味に感じられるところがあった。さらに終わり方については感覚が分かれるところだと思うのだが、『キャロル』みたいな微妙ながらも長調の和音で終わる映画の後に、こういうオープンすぎる終わり方の映画って面白いのかな…というところもちょっと疑問に思った。

ツッコミどころは多いが楽しいアクションコメディ~『チャーリーズ・エンジェル』(ネタバレあり)

 試写で『チャーリーズ・エンジェル』(2019)を見てきた。言わずと知れた有名シリーズのリブートである。

www.youtube.com

 とりあえず、この作品は開始時点ではメインのエンジェルが3人ではなく2人しかいない。破天荒なサビナ(クリステン・スチュワート)と真面目なジェーン(エラ・バリンスカ)がボスリー(パトリック・スチュワート)のもとで働いているのだが、初代ボスリーは引退することになり、エンジェルたちは新ボスリー(ジャイモン・フンスゥ)の下で内部告発を試みているエンジニアのエレナ(ナオミ・スコット)を助ける任務につく。ところが正体不明の暗殺者に狙われることになり、新ボスリーは死亡、元エンジェルである新・新ボスリー(エリザベス・バンクス、兼監督)のもとで活動再開することになる。

 

 事前の批評があまりにも悪かったため、テレビシリーズも前の映画シリーズも大好きである私は大変に心配していたのだが(私がわりと信用しているニコラス・バーバーがけちょんけちょんにけなしていたし、前作のファンからも不評だし、フェミニズム的メッセージを盛り込もうとして結局スカスカになったと批判されている)、全然そんなにつまらないとかダメダメだとかいうような映画ではなく、むしろけっこう楽しかった。いろいろツッコミどころのあるアクションコメディで、2000年版リブートのへんちくりんなユーモア溢れるキャンプな魅力には欠けているにせよ、この程度のしょうもないアクション映画はどこにでもある。プロットについては、過度に複雑だが結局は何もないも同然でけっこう強引…という感じだが、お気楽アクション映画なんてどれもこんなもんだと思うし、少なくとも『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』とかに比べれば10倍マシである。フェミニズム的メッセージが浅薄すぎるということで批判されており、それはそうだと思うのだが、私は正直、この手の意図的にアホっぽく作っている娯楽映画ならこんなもんだろうと思っているので(ワイスピばっかり出して恐縮だが、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』でサモアが出てくるところが多少お気楽だからってそこまで全体の評価に影響させるべきかな?)、ほとんど気にならなかった。

 

 ただ、ちょっと気になるのは、サビナを演じるクリステン・スチュワートのスターパワーが強烈すぎてあまりバランスが良くない感じがするところだ。ナオミ・スコットもエラ・バリンスカも好演で、3人でいるところはそれはそれで面白いのだが、何しろキャラ分けとしてエレナはコンピュータナード、ジェーンは体力作りに余念がない感じの勤勉なタイプなので、マイペースで色仕掛けも平気で使うが自己主張が強いサビナが一番キャラとして立っている。そしてサビナを演じるスチュワートにずば抜けた華があり、どんな服を着てもそれは反則だろうというくらいカッコよく見えるせいで、ちょっと他の2人がかすみがちになってしまう。

 

 あと、ボスリーの設定について、一カ所ファンならちょっと怒ってもいいような「歴史修正」がある。まあアホな映画でジョークとしてやってるから…ということなのだろうが、ネタバレになるから詳しいことは言わないけど、私はちょっとボスリーの退職場面では引いた。あれ、面白いかね…?

撮り方が趣味じゃない~『WAVES/ウェイブス』(ネタバレあり)

 『WAVES/ウェイブス』を試写で見てきた。

www.youtube.com

 二部構成になっている映画で、前半の主人公は兄のタイラー(ケルヴィン・ハリソン・Jr)、後半の主人公は妹のエミリー(テイラー・ラッセル)である。しばらく公開が先なのであまり詳しいことは書かないが、フロリダのアフリカ系アメリカ人ミドルクラス家庭の崩壊と再生を描く物語である。

 

 脚本とか演技などは大変しっかりした作品で、つまらないとかいうことは全くない。後半のルーク(ルーカス・ヘッジズ)が出てきてエミリーと付き合い始めるあたりの展開はとても良かった。ルークはレスリング選手なのだがとても大人しくてちょっとシャイというステレオタイプを裏切る感じのキャラクターで、ヘッジズが静かな演技でとても巧みにルークの性格を表現しているし、エミリーを演じるラッセルとの相性も抜群だ。

 

 しかしながら、これは完全に個人的な趣味の問題なのだが、とにかく私はこの映画のヴィジュアルスタイルが好きではなかった。なんだか初めて「バリー・ジェンキンズから悪い影響を受けた映画」を見たような気がするのだが、内容はけっこう王道のミドルクラス家族劇なのに(『普通の人々』とか『アイス・ストーム』なんかに近いかもしれないが、場所が南のマイアミで非白人の家庭が舞台というところは新しさがある)、撮り方がキザなくらい凝っているのである。音楽がずっと鳴りっぱなしなのはまあスタイルだからいいと思うのだが、やたら眩しい光を使っているあたりや、人間を水に落としたがるところは明らかに『ムーンライト』っぽい。それだけならまあいいのだが、盛り上げたいところではやけに凝った感じのカット割りにしたり、カメラを激しく動かしたりしていて、たまにすごくせわしない印象を受ける。さらに、とくに第1部では手持ちでやたらカメラを動かすということをやっており、これは手ブレが苦手な私としては大変つらかった。このブレブレ手持ちに閃光みたいな光が入るせいで、たまにけっこう物理的に気持ち悪くなった。いい映画ではあるのだが、頭痛持ちとか手ぶれが苦手な人には全くおすすめできない作品である。

アルクの連載、好評につきもう1シーズンやることになりました

 アルクのGOTCHA!でやっていた英語学習についてのミニ連載なのですが、好評につきもう1シーズンやることになりました。今シーズンは「単語編」で、単語を1記事にひとつ(+関連するものを少々)、とりあげて解説します。前シーズン最終回のシェイクスピアの代名詞についての回で、ノンバイナリの人に使う単数のtheyをとりあげてほしいというリクエストがあったので、そちらです。

gotcha.alc.co.jp

「絆」ってこれだよね~『パラサイト 半地下の家族』(ネタバレあり)

 ポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』を見てきた。

www.youtube.com

 公開中なのであまりネタバレしないように設定だけ書くと、狭くてボロい半地下のアパートに住んでいる全員失業中の4人家族キム一家が、長男のギウ(チェ・ウシク)が高台のおしゃれな家に住むパク一家のもとで家庭教師を始めたのをきっかけに、パク家に全員が就職できないか画策し始めるという作品である。階級問題が主題のスリラーで、まあ一言で言うとリアル版『ハイ・ライズ』みたいな話である。

 

 人物や展開はわりとデフォルメが激しく、とくに金持ちのパク一家は記号みたいに描かれている。家庭教師としてやってきたギウに恋をするパク家の娘のダヘ(チョン・ジソ)とか妻のヨンギョ(チョ・ヨジョン)は相当にステレオタイプな描き方になっている。一方、半地下のアパートと金持ちの家の対比などはものすごくしっかり細部まで丁寧に描かれており、このせいで話が全体的にリアルに感じられるようになっている。実は私はロンドンに留学していた時、キム家ほどひどくはないがたぶん法的に問題のある半地下に住んでいたことがあるのだが、半地下というのはまさにああいう感じで、やたら湿っていて冬にはカビが生えるし、窓をあけておくとすぐナメクジとか謎の生き物が入ってくる…のだが、開けておかないと湿ってしまうので換気しないといけない。一方でパク一家が住んでいる有名な建築家が作ったオシャレな家の描き方も相当しっかりしており、これ見よがしな成金的贅沢ではない感じで、家具の使い方とか住んでいる人たちの行動から金持ち感、育ちの良さがはっきり見えるようになっている。豪雨の時に外にテントを張ってもテントが崩れないという描写からは、さりげなく金持ちぶりが染み出ていると思った(金持ちというのはとても安全なところに住んでいるからだ)。そしてこの映画ではそういう居住環境の違いに起因する階級に結びついたにおいが大きなモチーフになっているのだが、そういえばジョージ・オーウェルがまさに「労働者階級は違うにおいがする」というイギリスにおける階級差別的な固定観念の話をしていた。においというのは階級差別と密接に結びついているものである。

 

 この映画は階級差別をきわめて明確かつ辛辣に描いているという点でとても怖い映画なのだが、一方で私がこの映画を見ていて一番怖いと思ったのは、キム家が徹頭徹尾団結しており、この一家の中には一切不協和音がないことだ。あれだけ貧しい家族で失業中で狭いところで暮らしているということであればみんなストレスがたまるので、子供のひとりがグレて家を出て行ったりしても別におかしくない。また、途中から法に反したことをし始めるくだりでひとりくらい倫理的に躊躇するメンバーがいてもおかしくない…と思うのだが、この家族は一糸乱れぬ協力ぶりで、家族の絆だけはものすごく強い。ここがものすごく東アジア的な描き方だと思ったのだが、この映画においては(キム家以外のパク家もムングァン夫妻も)家族からは絶対に出られないし、家族を守るためなら皆、倫理的に問題があることであろうと何でもやるのである(アメリカ映画なら若くて魅力的なギジョンあたりが家出したりしそうだと思う)。家族の絆というのはやたら理想化されてしまうことがあるのだが、いやまあ絆ってこういう怖いものだよな、と思う。

ウィガン波止場への道 (ちくま学芸文庫)
ジョージ オーウェル
筑摩書房
売り上げランキング: 790,956

 

 

3/1に神奈川県立図書館にてひなまつりウィキギャップの支援に入ります

 3/1に神奈川県立図書館にてひなまつりウィキギャップが実施予定で、私も支援に入ります。

www.klnet.pref.kanagawa.jp