つまらなくはないが、そんなに好みではないかも~メトロポリタンオペラ『コジ・ファン・トゥッテ』(配信)

 メトロポリタンオペラの配信で『コジ・ファン・トゥッテ』を見た。1996年から上演されている演出を2014年に再演した舞台で、以前映画館で上映されていた2018年の新演出とは全く違うものである。指揮はジェイムズ・レヴァイン、演出はレスリー・ケーニッヒである。

www.metopera.org

 海辺の船の帆とかを強調したセットはなかなか魅力的なのだが、全体的にちょっとオーソドックスで軽い笑い話になりすぎている気がした。もうちょっと皮肉な笑いとか深刻さとかがあってもいい気がする。さらに、デスピーナをスリランカ系オーストラリア人であるダニエル・ドゥ・ニースが歌っていて、このキャスティングはどうかなーと思った。ダニエル・ドゥ・ニースの歌や雰囲気じたいは大変良かったのだが、他のキャストがほとんど白人なのにメイドだけ非白人というのは今見るとちょっとステレオタイプなキャスティングだという印象を受ける。かなり好みの問題だと思うが、2018年版のほうがずっと私は面白いと思う。

 フィオルディリージ(スザンナ・フィリップス)とドラベッラ(イザベル・レナード)の姉妹は大変良かった。最後のインタビューでも説明されていたが、ドラベッラは18世紀の元気な女性で、ひとりになるのが心細いという気持ちがあるせいで新しい求愛者になびいてしまうようだ。先日の『ラ・ボエーム』でもなかなか個性的なムゼッタだったフィリップスがフィオルディリージをとても可愛らしく歌っており、チャーミングだ。

カラフルで若々しいプロダクション~グラインドボーン『薔薇の騎士』(配信)

 グラインドボーンの『薔薇の騎士』を配信で見た。ロビン・ティチアーティ指揮、リチャード・ジョーンズ演出で、2014年のプロダクションである。

www.youtube.com

 とにかく全体にカラフルで若々しいのが特徴だ。1950年代っぽいオシャレで色鮮やかな室内が舞台で、とくにマルシャリン(ケイト・ロイヤル)のドレスはすごく可愛い。序盤はけっこうセクシーな演出で、最初のところはいきなりマルシャリンが裸でシャワーを浴びている場面から始まる。

 マルシャリンがかなり若々しく、成熟した大人の女性というよりは青春が終わったばかりでそろそろ大人らしく振る舞わないといけない時期になり、一抹の寂しさを感じている貴婦人という雰囲気だ。オクタヴィアン(タラ・エロート)はそれに輪をかけて幼く、朝食の場面では果物をオッパイに見立ててマルシャリンとふざけるなど、非常に子供っぽい。このオクタヴィアンが終盤、ゾフィ(テオドラ・ゲオルハイウ)との恋とマルシャリンとの別れのおかげで少し子供っぽさを脱し、まだ若いとはいえ人生を真面目に考えるようになっていく。オックス(ラース・ヴォルト)も比較的若くて、これまた血気盛んな少年時代の全能感をそのまんま保存してしまったみたいな荒っぽい男だ。

 全体的にユーモアのある作りで、小間使いマリアンデルに変奏したオクタヴィアンが素っ頓狂なしゃべり方でオックスに答えるところとかはとてもおかしい。ちなみにこのプロダクションはオクタヴィアン役のエロートの体型が(多くは男性の)批評家から攻撃され、容姿差別だとして大問題になったのだが、見たところ全然オクタヴィアンに違和感はない…というか、少年っぽい無垢でいたずらな雰囲気のオクタヴィアンで、歌も表情豊かで良かった。ただ正直、オクタヴィアンの衣装のほうは、マルシャリンの素敵なドレスに比べてどうにかならないのかなーと思うところはあった。序盤のガウンやマリアンデルに変装した時のいかにも小娘っぽい衣装はいいのだが、第2幕の衣装は可愛いお小姓が背伸びしてるみたいな感じになってしまっているし、第3幕の男の衣装はちょっと学生みたいだ。キリ・テ・カナワが、エロートはすごく良かったが衣装には問題があり、髪型は良くないしコートが似合ってないし、足のほうはすらっとしたジョッパーズかタイツを履くべきだと指摘していたが、たぶんこの指摘は全部正しいと思う(たしかにコートがあまりイケてない)。

個人的にすごく苦手~Les Blancs (配信)

 ナショナル・シアターの配信でLes Blancsを見た。ロレイン・ハンズベリの1970年の戯曲を2016年にナショナル・シアターがヤエル・ファーバー演出で2016年に上演したものである。

www.youtube.com

 舞台はアフリカのどこかにあるプロテスタントの伝道診療所である。ここにアメリカから白人のジャーナリストであるチャーリー(エリオット・コーワン)がやってくる一方、ヨーロッパで仕事をしていたツェンベ(ダニー・サパニ)が父の死に目にあうために帰ってくる(これは間に合わなかった)。この地域では植民地主義に対する抵抗と革命の機運が高まっており、きなくさい空気が流れ始めているが…

 人種差別と帝国主義を鋭く描いた作品である。伝道施設の維持に携わっている白人たちの態度についても露骨な差別主義と、一見ものわかりが良いように見えるが実は保護者ぶった態度にグラデーションをつけつつ、両方に対する批判的な目をむけている。最後もかなり妥協のない結論になっている。

 しかしながら、私は個人的にこの作品がかなり苦手だった…というのも、作中におそらくアフリカを象徴すると思われるセリフのない女性がいるのである。植民地の苦しみを女性(しかも無言)に象徴させるというのはジェンダー化としてかなり問題があるように思う。自らのために戦ってくれる戦士を求める女性としての植民地というシンボリズムはアイルランドのキャスリーン・ニ・フーリハンがおなじみだが、実際の植民地の女性から主体性を奪うことにつながる。そしてこの芝居ではあんまりこの無言の女性としてアフリカを表現するスタイルがきちんと批判的に検討されているとは言えないと思ったし、さらに主体性を持って行動している現地の女性というのがほぼ出てこない。これがアメリカで育った黒人女性がアフリカについて書いた芝居だということを考えると、相当ひっかかる。

今見るとまったくシャレにならない、生き生きした諷刺オペラ~ヘンデル『アグリッピーナ』

 METライブビューイングでヘンデルの『アグリッピーナ』を見た。2020年の2月末に収録された公演だということで、ニューヨークで舞台ができなくなる直前に撮られたものである。指揮はハリー・ビケット、演出はデイヴィッド・マクヴィカーである。

www.shochiku.co.jp

 ヒロインのアグリッピーナ(ジョイス・ディドナート)はローマ皇帝クラウディオ(マシュー・ローズ)の妃で、野心的な性格である。夫が溺死したという報に喜び、かわいがっているドラ息子ネローネ(ケイト・リンジー)の即位を画策するが、クラウディオの死は誤報で、勇敢な将軍オットーネ(イェスティン・デイヴィス)によってひそかに救出されていたことがわかる。クラウディオはオットーネ皇位継承者に指名し、困ったアグリッピーナオットーネの恋人でクラウディオからも言い寄られている美女ポッペア(ブレンダ・レイ)を欺してオットーネを失脚させようとする。

 完全に現代の設定で、ほとんど現代政治を諷刺しているとしか思えないくらいモダンなプロダクションになっている。ヴィンチェンツォ・グリマーニが作ったリブレットがよくできているからだと思うのだが、4時間くらいあるのに無駄な展開はほぼない。展開がややこしくなってくるとアリアの聴かせどころがあって、少々休んで歌を楽しめるというような作りになっている。全体としては「希望」がよく歌詞に出てくるのだが、この希望というのが全然、理想や純粋な歓びを伴うものとしては表現されておらず、陰謀がうまくいくといいというような陰湿でふてぶてしい望みとしてブラックユーモアをもって提示されている。

 最初は主要登場人物全員が霊廟で墓碑にのっているところから始まり、最後も墓碑に戻って終わるというもので、色と欲にまみれて暗躍した人々も最後は死ぬのだということが皮肉な形で明示されている。やたらと急な黄金の階段の上に設置された皇帝の玉座が目立つ道具としてよく登場し、これは皆が望んでいる権力の座を象徴する。アグリッピーナはファーストレディらしい高級そうな黒いスーツを着込んでおり、ポッペアはもっと若い女性らしいドレスやくだけた格好が好みなのだが、2人とも洗練されたセクシーなファッションである。ネローネはタトゥーをたくさん入れた伊達男で、高そうな服をいつもちょっと着崩していて、とにかく見た目がドラ息子らしい。ポッペアとオットーネが会う場面は、歌詞からするとおそらく泉か噴水のある庭がオリジナルの設定なのじゃないかと思うのだが、場所がバーに変えられており、オットーネが傷心で水の流れを歌う歌詞がお酒の注ぎ方の話になっているのかおかしい。

 

 この作品で頭を使って政治をやっていると言えるのは女性のアグリッピーナとポッペアだけで、男どもは全員政治センスがなさそうな人たちとして描かれている。アグリッピーナは常に陰謀をフル回転させ、色気も使って大活躍である。家臣のナルチーソ(ニコラス・タマーニャ)やパッランテ(ダンカン・ロック)を誘惑するところでは大人の女性の成熟した魅力を振りまいているし、アリアで自分の考えを披瀝するところもとても生き生きしていて、楽しそうに悪事を企む表情豊かな悪役だ。おまけのインタビューでも説明されていたが、ポッペアはアグリッピーナに欺されたのをきかっけに、敵である皇妃を見本に宮廷政治を学んでいる。可愛らしいところもあれば計算高いところもあり、トレーニング中の悪女という雰囲気である。これに対してクラウディオは女好きで欺されてばかりだし(すごく笑えるが)、ナルチーソとパッランテはアグリッピーナにぞっこんで手玉にとられている。メゾソプラノのケイト・リンジーが歌うネローネは、めちゃくちゃハンサムなのだがどこから見ても大変なバカ息子で、ポッペアに欺された後、コカインを山ほど吸いながら「もうポッペアなんで忘れるもん!うわーん!」みたいな歌を歌うところは大変おかしい。唯一倫理的にまともで常識があるのがオットーネなのだが、勇敢な軍人のわりには大人しい性格で、優しすぎてあんまり宮廷政治は向いていないように見える。

 こういうふうに男はみんな賢い女の手玉にとられているというような展開だと、演出によってはミソジニー的に見えそうな気がするのだが、2020年のアメリカでこれが上演されたということを考えるとあまりそうは思えない…というか、むしろ男の政治家がみんな政治的能力がないというのがあまりにも現実に即していてシャレにならない気がする。魅力的で宮廷政治に長けた皇后がいるのに若くて可愛いポッペアにセクハラするクラウディオの無能ぶりはまるでドナルド・トランプみたいだし、真面目で業績ある軍人だがひどいめにばかりあっているオットーネはジム・マティスとかに重ねられるのかもしれない。1709年のオペラとは思えないくらい現代政治を生き生きと反映してくれる作品だ。

予定調和的な展開だが、とても楽しい作品~『チア・アップ!』

 『チア・アップ!』を見てきた。

www.youtube.com

 ヒロインはガンになり、終活を終えてジョージア州サン・スプリングスの高齢者コミュニティに移り住んできたマーサ(ダイアン・キートン)である。最初はあまりコミュニティに馴染めず、病気のせいでやる気が出ないマーサだが、最初は疎ましく思っていた隣人でお節介焼きのシェリル(ジャッキー・ウィーヴァー)と話すうちに、高校生の時に実現寸前まで行って結局果たせなかったチアリーダーになる夢が再燃する。シェリルとともにオリーヴ(パム・グリア)やアリス(リー・パールマン)たちを仲間にして8名のチアリーディングチームを結成するが、コミュニティのリーダー格であるヴィッキー(セリア・ウェストン)から嫌がらせを受ける。

 Rotten Tomatoesで36%とかいう低評価なのだが、全然そんなにひどい内容ではなく、予定調和的なコメディで別にひねりはないが十分楽しい映画である(25歳以上の女性観客は81%がこの映画をポジティヴに評価しているそうで、確実に女性受けはする作品だ)。やたら閉鎖的で決まりの多い高齢者コミュニティの描き方はどれくらいリアルなのかわからないが、ゲーテッドコミュニティが多いアメリカならありそうかも…という気がした(全くの推測なので、このへん詳しい人にレビューしてほしい)。おばちゃまたちが若いチアリーダーのクロエ(アリーシャ・ボー)と組むとかいう世代間交流があるのもいいし、マーサがおばちゃまたちの自信を引き出すためにやや70年代っぽいフェミニストワークショップをやったりするあたりもちょっと面白い。

 なお、ひとつ気付いたのだが、この映画にはロッキーモンタージュがない。よく考えると、こういう中年以上の人(多くは素人)が集まってスポーツや芸術を練習するみたいな映画はスポ根風味でもロッキーモンタージュがないことが多いように思う。これはたぶん中年以上だと劇的にうまくなるという描写にあまりリアリティがないからでは…という気がした。たぶん、技術的向上よりもおばちゃまおじちゃまの精神的成長にフォーカスしたほうが無難にまとめられる。

 

今は亡きゼフィレッリの演出の再演~メトロポリタンオペラ『ラ・ボエーム』(配信)

 メトロポリタンオペラの配信で『ラ・ボエーム』を見た。フランコ・ゼフィレッリのヒット演出によるもので、このプロダクションは人気があるのでゼフィレッリの死後も再演されているらしい。指揮はマルコ・アルミリアートによるもので、ゼフィレッリがまだご存命だった2018年2月24日の上演である。

www.metopera.org

 全体的には幕ごとのメリハリを考え、特定の登場人物や幕に見せ場が偏らないようバランス良く調整した正攻法の演出だという印象を受けた。第1幕はミミ(ソニア・ヨンチェヴァ)とロドルフォ(マイケル・ファビアーノ)の細やかな感情を強調している。出会ったばかりの2人がテーブルに向かい合い、歌いながら距離を縮めていく様子がよくわかる。「私の名はミミ」を歌った後にミミが笑って、それにロドルフォが微笑みで答えるあたりは大変かわいらしい。

 第2幕はうってかわって大がかりで派手な演出だ。2階建てのセットでパリの賑わいが大規模に表現されており、大量の人が出てきてごった返している。それでもこの中で真っ赤なドレスを着たムゼッタが埋もれないようにしている。第3幕は第2幕の華やかさがウソみたいな雪のわびしい風景で、ミミとロドルフォの互いを愛しつつ別れる心情が切なく描かれる。第4幕はパリの風景が見えるテラスで、この場面の美術の雰囲気はバズ・ラーマンの『ムーラン・ルージュ』にわりと似ており、あの映画のスタッフはたぶんゼフィレッリ版の『ラ・ボエーム』を見ていたのか…と思った。