美しい者はしゃべらない~イングリッシュ・ナショナル・オペラ『ヴェニスに死す』(配信)

 イングリッシュ・ナショナル・オペラの『ヴェニスに死す』を配信で見た。ベンジャミン・ブリテンのオペラである。原作はトーマス・マンで、ルキノ・ヴィスコンティも映画化している有名な作品である。デボラ・ワーナーの演出による公演で、2013年の上演を記録したものである。

 

www.youtube.com

 主人公である作家のアッシェンバッハ(ジョン・グレアム=ホール)がスランプに陥り、出向いたヴェネツィアで出会った美少年タジオ(サム・ザルディヴァー)に一目惚れし、懊悩した末に衰えていく様子を描いた作品である。同じブリテンの人気作である『夏の夜の夢』よりもずいぶん音楽が不穏でギシギシしており、声をパーカッションみたいに使っていたり、一方で全く歌わないダンスだけの役が有機的に話に組み込まれていたり、かなり考えられた凝った構成だ。芸術家の悩みを象徴的に表現すべく、ディオニュソスの声(アンドルー・ショア、バリトン)とアポロの声(ティム・ミード、カウンターテナー)なんていう役柄もある。

 この作品ではタジオはバレエダンサーが演じる役で、一言も歌わない。タジオをはじめとするはち切れんばかりの若さに満ちた若者たちが躍動的に踊る様子と、中年でイマイチ元気がなくなり、ビーチでも居眠りがせいぜいのアッシェンバッハが対比されている。このオペラではしゃべったり歌ったり考えたりするのはあまりポジティヴな行為ではない…というか、基本的に少しずつ若さを失い、美しくなくなりはじめた者がやることになっている。言葉の芸術を司る作家がそんな作品の主人公だというのは実に厳しい展開である。

 全体的に演出や美術が大変良く、どの場面もまるで趣のある一方でちょっと不気味な感じもする古写真のようである。ゴンドラで移動する場面などではプロジェクションがかなり効果的に使われているのだが、この場面についてはもうちょっと引きで舞台全体が見えるようにして欲しいと思った。周りがにじんだ陽炎みたいな太陽が特徴で、これが全体的に暑くて不安な雰囲気を醸し出している。ぼかしてグラデーションや影をつけた照明は、アッシェンバッハの心境に呼応している。

今回の『yomyom』の短期連載はアン・ブロンテ『ワイルドフェル・ホールの住人』についてです

 今回の『yomyom』の短期連載はアン・ブロンテの『ワイルドフェル・ホールの住人』についてです。書誌情報は以下の通りです。

北村紗衣「結婚というタフなビジネス(3)元祖DVリベンジものー『ワイルドフェル・ホールの住人』」『yomyom』64、2020年10月号、350-355。

 

 

台本はよく出来ているが、個人的に非常にいけ好かない映画だと思った~『アルプススタンドのはしの方』

 『アルプススタンドのはしの方』を見てきた。高校演劇で賞をとった戯曲の映画化である。元の舞台は未見である。

www.youtube.com

 もともとが高校演劇の戯曲ということで、短い作品だ。演劇部のあすは(小野莉奈)とひかる(西本まりん)、元野球部の藤野(平井亜門)、優等生の宮下(中村守里)を中心に、高校野球の観戦をしながらいろいろな人間関係が浮き彫りになっていくというような会話劇である。試合の様子は一切映らず、この4人と数名の他の生徒や教員のやりとりだけで展開する。

 非常によくできた台本で、演技などもしっかりしてまとまりのある映画なのだが、私は個人的な趣味として全く好きになれなかった。というのも、この作品は高校生が強制的に高校野球を見に行かされることを「良いこと」として正当化する話だからである。あすはとひかるは全く高校野球に興味がないのに学校の命令で観戦させられており、最初の部分ではそうした高校野球の特別扱いに対して演劇部として批判をしているのに、藤野や宮下とのやりとりを通してだんだん試合を頑張って応援するようになる。そして、この試合を応援するということが、本人たちが演劇部で抱えていた問題を乗り越えることにつながる…という展開になっている。

 正直なところ、私はこの話の展開を見て、なんて優等生的で保守的な展開なんだろう…と思った。最初は高校野球の強制観戦に批判的だった2人が試合を見ることで成長するって、批判精神を持っていた生徒たちが学校という共同体の秩序に順応するプロセスを良いものとして描いた、極めて道徳的かつ共同体中心主義的な作品だ。まあ高校演劇で賞をとる作品なので、高校野球が日本でものすごく特権化され、それがさまざまな問題を生み出していることの批判はできないのかもしれない。興味がないことを無理矢理やらされていた演劇部の生徒たちが同級生を応援するようになるというのは、教育の一環として演劇をやっている人たちには美しい展開なのだろう。しかしながら私は高校時代、図書委員だった時、見たくもない野球を暑い日に見せられたイヤな思い出があり、高校野球がそういうふうに特権化され、生徒が観戦を強要させられているのはバカげていると当時から思っていたし、今はさらに強くそう思っている。私はこんな映画じゃなくて、高校野球をサボって楽しい思いをする演劇部員の映画が見たい。私が唯一好きなジョン・ヒューズ映画は『フェリスはある朝突然に』なのだが、まあ高校演劇ではフェリスはできないんだろうな…

www.youtube.com

 

フェリスはある朝突然に (字幕版)

フェリスはある朝突然に (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

本日より早稲田大学演劇博物館シェイクスピア講座の受付開始です

 本日より、早稲田大学演劇博物館シェイクスピア講座の受付開始です。10/27の夜にオンライン開催です。予約すれば無料ですので、お気軽にお申し込みください。異性配役などについて話します。

www.waseda.jp

 高田馬場経済新聞にも告知記事が出ています。

https://takadanobaba.keizai.biz/headline/505/

『朝日新聞』の記事でひろしまタイムラインについてコメントしました

 本日の『朝日新聞』の記事でひろしまタイムラインについて演劇の観点からコメントしました。演劇としてはダメだろうという話をしています。ただ、リード文でひろしまタイムラインの監修者が演出家だという基本情報が触れられていないので、私のコメントが超わかりづらくなっています…

www.asahi.com

コンプソンズ『WATCH THE WATCHMEN』配信アフタートークに出ます

 10/17に配信されるコンプソンズ『WATCH THE WATCHMEN』19時の回のZoomアフタートークに出ます。Zoomアフタートークは初めてです。ライヴ上演のほうはてあとるらぽうで9/29-10/4に実施だそうです。

www.compsons.net