70年代ピッツバーグの配車サービス~オーガスト・ウィルソン『ジトニー』

 ワシントンDCのアリーナステージでオーガスト・ウィルソン『ジトニー』を見てきた。ウィルソンのピッツバーグサイクル劇のひとつである。

 ジトニーというのはいわゆる白タク的なもので、70年代のピッツバーグでタクシーがカバーしていない黒人居住地区でこのジトニーステーションを運営している人々に関する話である。主人公のベッカー(スティーヴン・アンソニー・ジョーンズ)は当局から立ち退きをちらつかされているが、ジトニーステーションを続けようと頑張っている。

 この話も『フェンス』同様父と息子の関係に重点が置かれており、『フェンス』ほど有害な男らしさが息苦しい作品ではない…のだが、やはり男性性がテーマだ。『フェンス』同様、力のある作品だということはわかるのだが、どうもテーマに乗れなかった。けっこう英語が難しいので(私はアメリカの地方英語が一番苦手である)、ニュアンスがわかってないかもというところはあるのだが、おそらくこの手のすごくアメリカ的な芝居は、見慣れないとけっこう笑いどころがつかめないかも、という気もする。

力のある作品ではあるのだろうが、好みが…オーガスト・ウィルソン『フェンス』

 フォード劇場でオーガスト・ウィルソン『フェンス』を見てきた。ウィルソンのピッツバーグ・サイクルの一作である。大変有名な作品で映画化もされているのだが、私は見るのは初めてである。

 主人公のトロイ(クレイグ・ウォレス)はもともとは強盗で人を殺して刑務所に入っていたという過去を持っているが、一方ではニグロリーグで活動する優秀な野球選手でもあった。人種隔離と年齢でメジャーリーグには入れず、年をとった今ではゴミ収集の仕事をしている。息子のコリーは優秀なアメフト選手で奨学金をもらって大学に行けそうになるが、トロイは人種差別を恐れてこれを禁じる。怒ったコリーは家を出て軍隊に入る。さらにトロイには愛人がおり、お産でこの愛人が死んでしまったため、トロイは妻ローズのもとに赤ん坊を連れて帰るが…

 とても力のある作品だということは分かるのだが、どうも私は好きになれなかった。この作品はいわゆる「有害な男らしさ」をそのまんま描いたような芝居だ。トロイは言い訳ばかりしているし、息子や妻に対しては極めて横暴だ。この作品がそういうトロイの欠点を美化していないということは見ていてわかるのだが、一方で最後の葬儀の場面、とくにローズがコリーに対して夫をかばってやるところや、空から光が指してくるところでは、このトロイの欠点だらけの性格がちょっと許されすぎているというか、あまり問題化されずに終わっているような印象を受けた。そりゃあトロイにも可哀想なところはあるのだろうが、そうは言っても途中の言動がひどすぎて、終わり方がぬるすぎると思う。

 

 ただ、ワシントンDCのお客さんは大変ノリが良く、笑うところではしっかり笑うし、ローズがトロイに対して怒るところでは応援が飛ぶなど、そのへんはとても面白い観劇体験だった。やっぱりみんなトロイの態度はひどいと思ってるんだな…

リンカーンが暗殺された史跡が保存されているフォード劇場

 日曜日は文書館が休みなので、リンカーンが暗殺された史跡が保存されているフォード劇場の博物館に行ってきた。

 タイムスロット制の入場で、かなり混んでいる。まずはリンカーン暗殺に関する展示を見る。

f:id:saebou:20191022080740j:plain

ブース一家は演劇一家でジョン・ウィルクス・ブースも役者だったので、もちろん劇場に関する展示もいっぱいある。

f:id:saebou:20191022081503j:plain

殺害に使われたピストルだそうな。

 展示を見た後、劇場(ただし再建)に入り、ガイドさんのお話を聞く。ここは現在も稼働している劇場である。

f:id:saebou:20191022072603j:plain

劇場内装。ただし再建。

f:id:saebou:20191022072941j:plain

リンカーンがいたボックス席の再建。

 劇場の再建と博物館化には、人種差別的な人たちがリンカーン殺害の場所を記念碑扱いして聖地化するのではという不安があったらしいのだが、劇場のほうとしては、リンカーンは芝居が大好きだったのだから、リンカーンのメモリアルとして劇場が稼働するのは故人の遺志に適うに違いないというスタンスでやっているらしい。

 お向かいにはピーターセン・ハウスという家があり、ジョン・ウィルクス・ブースに撃たれたリンカーンはここに運ばれた。

f:id:saebou:20191022073813j:plain

リンカーンが寝かされた部屋だそうな。

f:id:saebou:20191022074111j:plain

リンカーンの棺をくるむのに使われたアメリカ国旗。

 さらにリンカーンアメリカの大統領などに関するかなりしっかりした展示がある博物館もついている。

 

f:id:saebou:20191022074557j:plain

リンカーンに関する本を積むとこんなにある、ということらしいのだが、正直趣味があんまりよくないような…

f:id:saebou:20191022101729j:plain

リンカーンの影響をやたら強調したパネル解説。まあ、アメリカだから。




水の無言劇~シネティック・シアター『テンペスト』

 ワシントンDCのシネティック・シアターで『テンペスト』を見てきた。シネティック・シアターはフィジカルシアターの劇団である。この演目もシェイクスピアの芝居をそのままやるのではなく、台詞が一切なく全てが動きで表現される。舞台上には水が張られていて浅瀬のプールみたいになっており、後ろに岩屋、右側には水が出るキーボードのセットがある。そこで登場人物が踊ったりマイムのような動きをしたりして話を伝えるというものだ。

 

 90分のプロダクションなのだが、プロスペラ(女性になっており、女優で振付家のイリナ・チクリシュヴィリが演じている)が島に到着するところから始まる。赤子を抱いたプロスペラはシコラクスと思しき地元の魔女に襲撃され、戦って殺してしまい、エアリアルを解放する。劇中では描かれていないキャリバンがミランダをレイプしようとするくだりも描かれているのだが、ここがなかなか重く、キャリバンとミランダは最初は幼友達としてとても親しくしていたのだが、キャリバンがミランダに思いを打ち明けたところ拒まれ、逆上したキャリバンがミランダに襲いかかるという、まるで高校生のデートレイプ未遂みたいなリアルな描写になっている。すんでのところで気付いたプロスペラがミランダを助けてキャリバンは監禁される。その後はたいだい『テンペスト』のお話通りなのだが、かなり省略があり、ゴンザーローは出てこないし、プロスペラから公位を奪ったきょうだいは弟(アントニオ)ではなく妹(アントニア)になっている。トリンキュローも女性になっている。

 

 動きだけでいろいろなものを伝える野心的なプロダクションで、プロスペラが打ちひしがれた母親から強い魔女になるまでがしっかり描かれているし、ミランダとファーディナンドも恋なども微笑ましい。水や光をうまく使っており、水が出るキーボードなどはいかにも魔法の島にふさわしく、技術的にもいろいろな工夫がある。言語がなくてもわかる演目なので、日本に呼んだらいいのでは…と思った。

フォルジャーシェイクスピア図書館

 ワシントンDC初日はフォルジャーシェイクスピア図書館にこもって調査をした。手稿を3つくらい文字起こしした。

f:id:saebou:20191022070539j:plain

f:id:saebou:20191022071010j:plain

フォルジャーのリーディングルーム

 

すごくよくできた芝居だが、好みかというと…新国立『どん底』

 新国立劇場で『どん底』を見てきた。マクシム・ゴーリキーの有名作だが、見たのはこれが初めてである。

www.nntt.jac.go.jp

 簡易宿泊所みたいな宿屋を舞台にロシアの貧しい人々を描いた群像劇で、あまりはっきりした物語があるわけではなく、いろいろと救いのない挿話が展開される。非常にリアルに貧しい人々の苦労や束の間の希望を描いているのだが、絶望的な貧困からは出口がない。格差のひどい今の時代に大変ふさわしい物語である。

 

 戯曲はさすがに古典という感じだし、演出や演技にも文句はないのだが、たぶん完全に私の趣味であんまり好きじゃないかなーということがあった。役者が集まってゲリラ的に工事現場みたいなところで『どん底』を稽古するという枠があるのだが、正直、こういうものすごくリアルな芝居でこの枠は要るのかな…という気がしたのである。こういう枠を作ると、なんだかんだで「役者がやってる劇中劇です」という印象を受けるので、リアリズムまっしぐらにならないように思う。このなんとなくピンとこない感じは、私はとくにリアリズムの芝居について好き嫌いが激しいたちだからということが原因にあると思うので、こういう演出が好きな人はとてもはまるだろうと思うのだが、私の好みではなかった。

かなり頑張っているアメリカの笑劇~三越劇場『ザ・フォーリナー』

 三越劇場で『ザ・フォーリナー』を見てきた。これは以前一度アメリカで見たことあるので、あらすじなどはそちらを参照してほしいのだが、簡単に言うと、ものすごく無口なイギリス生まれの男チャーリー(江田剛)が、旅先のジョージア州の田舎で話すのを避けるため外国人のふりをしたところ、チャーリーは泊まった民宿の人たちの人気者になってしまい、それを妬んだKKKが襲撃してくるという話である。

saebou.hatenablog.com

 この手のアメリカの笑劇はなかなか笑いのコツをつかむのが大変だと思うのだが、若いキャストが多いわりに非常に頑張っており、小田島訳の台本もしっかりしているし、去年の初見時ほどではないが(だいたいの笑劇は英語圏で見るほうが盛り上がって笑えることが多い)、相当笑えた。セットの美術もしっかりしていて、いかにもおばちゃまがこだわって整えているアメリカの民宿という感じである。前見た時よりもチャーリー(江田剛)と友達であるフロギー(徳山秀典)が若く、チャーリーはシャイで可愛らしい若者、フロギーは颯爽としたエリート青年軍人という感じである。チャーリーは無口で恥ずかしがり屋とはいえわりと愛嬌のある青年なのだが(演じている江田がかなり笑いのツボを心得ていて、イヤな感じにならないように笑わせてくれる)、一方でデイヴィッド(高田翔)は顔は良いけどイヤミな奴風に作っており、これなら南部令嬢キャサリン(小島梨里杏)は婚約者デイヴィッドよりもチャーリーになびくだろうなーと思って見ていた。また、アメリカで見た時同様、発達障害のあるエラードをあんまりバカにしないよう気を遣っていると思った。

 この芝居はおバカな喜劇なのだが、終盤のKKKが出てくる展開はちょっと怖い。とくに私は来週からなんとシャーロッツヴィルに出張で、ちょっと他人事とは思えないところがあった。最後にデイヴィッドが馬脚を露して人種差別主義をさも良いことのように話始めるところは正直、背筋が寒くなる。