とにかく長いが、話の流れを考えてカットしている~東京グローブ座『ハムレット』

 東京グローブ座で『ハムレット』を見てきた。森新太郎演出で、ハムレット役は菊池風磨である。

www.hamlet2019.jp

 セットは比較的シンプルなのだが、とにかくいっぱい回転する。最初にクローディアスが臣下の前でハムレットにヴィッテンベルクに帰らないよう言う場面からして既にぐるぐるセットが回転しており、わりと役者が止まっていてもステージを動かすことでお客の視線をコントロールしようとしている演出だ。衣装などは多少現代風で簡単なものが多く、あまり豪華なものは避けているようだ。

 私が見たのは2日目だったのだが、なんと初日が台風で中止になってしまい、2日目が実質初演だったので、とくに最初のほうは役者が全員ちょっと堅かった。とりわけ、初めてストレートプレイで大役を演じたらしい菊池風磨は、最初のほうは傍目にも明らかにわかるくらい緊張しており、ちょっと大丈夫かと心配になった。ただ、狂気を装う場面で突然大変にぶっとんだ行動をとるようになり、ここは非常に面白おかしくて良かったので、全体的にもっとリラックスして滑稽なほうに寄せるといいと思った(DVDにもなってるデイヴィッド・テナント版とかを見て研究するといいのかもしれない)。わりと頭で考えて計算づくで心の病を装っている感じのハムレットで、本当に取り乱しているという感じになるのはポローニアスをうっかり殺してしまうところくらいだし、ここもすぐ立ち直っている。ふつうはオフィーリアの墓で暴れるところもかなり正気でない雰囲気を漂わせているような演出が多いのだが、このハムレットは比較的冷静なほうで、そこまでレアティーズと激しくもみあったりはしない。

 全体的にオーソドックスに基本をおさえる感じの演出で、さらに上演時間が4時間ということで、とにかく長い。ふつうはカットして4時間以内におさめるのだが、休憩が2回あり、ポローニアスがレアティーズの様子をさぐるためスパイを差し向ける場面など、けっこうふつうはカットされるようなところもやっている。一方で話の流れを良くするためのカットがいくつかあり、役者たちが到着したあとにハムレットが「『ゴンザーゴー殺し』はやれるかな?」と聞いて、台詞を付け足してやってほしいと頼むところがなくなっている。これは、次に独白があり、この独白の中で「叔父の良心の呵責をあぶり出すために芝居をしよう」と思いつく台詞があるからだ。独白は前の場面でハムレットが考えていることを無時間的に表現しているので、既に前の場面で芝居をやるつもりだとお客さんにわかっていてその後にハムレットが自分の心境を説明してもおかしいところはないのだが、このプロダクションでは前の場面で既に説明したことを独白で繰り返すのを避けるためにカットしている。さらに、ふつうの台本では居室の場でガートルードに対してハムレットが、自分はイングランドに行かなければいけないということを話し合う場面があるのだが、実はここは流れが悪いとよく指摘される箇所なので(それ以前にハムレットイングランド行きを明示的に教えてもらう場面がない)、そこも短くしている。

 ちょっと変わった演出としては、狂気のオフィーリア(南沢奈央)がヴェールをかぶって顔が見えない状態で出てくるところがある。ふつう、オフィーリアはバラバラの髪で入って来てみんなをびっくりさせるのだが、単純な見た目ではなく台詞や動きでオフィーリアの狂気を伝えようという演出だ。さらに、墓掘りの場面ではおなじみのガイコツだけではなく人骨がまるごと登場し、墓掘りたちが車輪がついて動く人骨をふっとばしたりする。このあたりのブラックユーモアの炸裂ぶりは森新太郎っぽい。

HAMLET[PAL-UK][Import]
HAMLET[PAL-UK][Import]
posted with amazlet at 19.09.17

売り上げランキング: 13,075

私が好きではないテネシー~『男が死ぬ日』

 テネシー・ウィリアムズの西洋能『男が死ぬ日』を見てきた。三島由紀夫テネシー・ウィリアムズの交流の産物だというお芝居である。

 タイトルどおり、男性の画家が自殺するまでを描いた作品である。主要登場人物は画家、愛人、東洋人で、それ以外に後見が出てくる。画家と愛人はアメリカから来ていて、日本のホテルに滞在しているという設定であり、いわゆるウィリアムズがよく書いていたホテル劇の一種だ。東洋人のキャラクターが三島由紀夫にヒントを得ているらしいのだが、画家は明らかにジャクソン・ポロックである。

 全体的になんとなく面白いと思えなかった…というか、私が苦手なほうの息苦しいテネシー・ウィリアムズである(別にウィリアムズが全部嫌いというわけではないのだが、密室的で息苦しいやつはあまり好きでは無い)。このポロック風な画家の愛人の女性の描き方がどうもステレオタイプに感じられたからである。カトリックで先妻がいる画家と正式に結婚できず、肉体的魅力で画家をつなぎとめている女性なのだが、途中で他にも人生でいろいろできたかもしれないのにあなたに全てを捧げたのに一切法的権利がない、みたいな不満をぶつける。完全に個人的な好みだが、私はこういう男性社会で男性ひとすじに生きてきた女性の戦い…みたいな話を全く面白いと思わないので、まあ趣味にあわないということだと思う。どうもこの女性のモデルはポロックの妻で自身も画家だったリー・クラズナーらしいのだが、クラズナーは本人も才能があったのにかなり夫の影に隠れてしまった女性である。そう考えると余計興ざめな感じがして、あんまり面白いと思えなかった。

まだまだ改善点は多いが、今後に期待したい~『旅人たちの春の夢 -The Tinker's Wedding-』

 上の小劇場でジョン・ミリントン・シングの芝居『旅人たちの春の夢 -The Tinker's Wedding-』を見てきた。アイルランド演劇を上演する演劇企画CaLの第一作だそうだ。普通は『鋳掛屋の婚礼』などという名前で翻訳されている戯曲である。

 物語は鋳掛屋、つまり非定住民で、かなりフィクション化されているとは言え、現在でいうところのアイリッシュ・トラヴェラーに近い民族集団の人々を扱ったものである(『スナッチ』でブラピが演じていたミッキーとか、『アウトサイダーズ』のマイケル・ファスベンダーはトラヴェラーという設定である)。ヒロインのサーラ・ケイシーは長年一緒に暮らしている鋳掛け屋マイケル・バーンと正式に結婚しようとするが、まずは神父、次はマイケルの母メアリー・バーンの邪魔が入ってなかなか結婚ができない…という話だ。

 戯曲は読んだことがあるのだが観劇したのは初めてで、これは1909年にロンドンで初演された時はとんでもなくスキャンダラスな芝居だっただろうな…と思った。カトリック教会の偽善を批判する一方、結婚制度まで諷刺している作品で、アイルランドでは上演できそうにないので、初演がイングランドだったのもまあ当たり前だろう。神父は費用をなかなか出せないサーラたちを結婚させることを渋っており、貧しい若者たちの幸せとか信仰のことなどなんとも思っていない。さらに、泥酔してばかりのろくでもない母親であるメアリーが、鋳掛け屋の習慣では結婚なんかしなくてもいいのだ、と言って形骸化した結婚の制度を批判するところには、しょうもない人の発言であるにもかかわらず、一分の理がある(というかたぶんこの点についてはメアリーが正しいと思う)。とても辛辣な作品だ。

 

 演出はかなりシンプルで、焚き火などの簡単な装置がある程度である。それはいいのだが、もうちょっと工夫して田舎の路傍みたいな雰囲気を出したほうがいいと思う。演技のほうは、序盤で無愛想なマイケル・バーンがちょっと堅い感じだったのをはじめとして、もう少し改善の余地があると思う。アイルランド音楽の生演奏があるのはいいのだが、演奏と台詞がかぶって聞こえにくいところが少々あったので、タイミングはもうちょっと考えたほうがいいと思う。とはいえ、アイルランド演劇を専門にやるプロジェクトというのは大変珍しいので、今後の発展に期待したい。というか私も新刊でシングの『西の国のプレイボーイ』を扱っているので、会場で配布されるチラシに本のチラシを折り込んでもらえばよかったかな…

J.M.シング戯曲集
J.M.シング戯曲集
posted with amazlet at 19.09.15
今西 薫
BookWay (2019-05-20)
売り上げランキング: 1,225,406

 

 

 

『婦人公論』に新刊の書評がのりました

 『婦人公論』に新刊『お砂糖とスパイスと爆発的な何か』の書評がのりました。なんと豊崎由美さんが書評してくださっています!

fujinkoron.jp

TEDxOtemachiが無事終わりました

 TEDxOtemachiでのトークが無事終わりました。お越し下さった方々、どうもありがとうございます。今回のTEDxは教育がテーマで、こちらの記事でちょっと話した「良い市民、良い消費者、良い観客」の話をしました。ただ、私がレーナード・スキナードが好きだとかいう話も入ってました。

西部の街もヒッピーコミューンも、人の集まりは所詮同じ~『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(ネタバレあり)

 タランティーノの新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を見てきた。

www.youtube.com

 舞台は1969年のハリウッド。人気テレビ西部劇の主役だったが、うまく映画に進出できずに最近落ち目のアクションスター、リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)と、専属のスタントマン兼世話係で親友でもあるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)が日々だべっているお屋敷の隣に最近、飛ぶ鳥を落とす勢いのロマン・ポランスキーとその妻である新人女優シャロン・テイト(マーゴ・ロビー)が引っ越してきた。リックはキャリアのことでいろいろ悩みを抱えているが…

 

 アメリカでは極めて有名で、おそらくはロサンゼルス界隈の人なら誰でも知っていると思われる地元の歴史的事件であるマンソン・ファミリーによるシャロン・テイト惨殺事件を扱った映画…なのだが、実はシャロンはあまり出てこない。主役はあくまでもリックとクリフで、この人生が煮詰まってしまったもののお互いに対する愛情だけは強い2人がドタバタとブロマンスをする様子が丁寧に描かれる。基本、落ち目のキャリアに悩んでアルコール依存症気味のリックが悩んだり泣いたりするのを、余裕たっぷりで落ちついたクリフが慰める、みたいな内容だ。どうやらリックは女神のように美しい隣人シャロンとその若くて才能ある仲間たちに興味があるらしいのだが、なかなかお隣さんからご招待されない。この、変わり者で人生が詰み気味だが友情で結ばれている男2人がひたすら「お呼び」がかかるのを待っている、という構造はまるでベケットの『ゴドーを待ちながら』みたいである(後で書くように、ゴド待ち同様、この作品では作中で同じことが2回起こるし)。この映画におけるシャロンはある点では神のような高次の存在で、台詞が少なく(一応シャロンジョアンナの会話でベクデル・テストはパスするのだが)、フツーに日常生活を送っているだけなのにやたらキレイに撮られているのもおそらく彼女になんらかの神聖性みたいなものを付与したいのだと思われる。そして『ゴドーを待ちながら』であればゴドーは来なくて全く出口がない…のだが、ちょっとしたきっかけからリックとクリフは自分でも気付かないうちにシャロンを救ってしまい、リックには女神シャロンからお声がかかってお隣さんと自宅を隔てていたゲートが開き、どん詰まりからの脱出がもたらされる。なお、映画の終わる時点ではシャロンを含めて誰もこのことに気付いておらず、神なのに自分が救われたことに気付いていないシャロン涼宮ハルヒみたいである。

 

 なお、リックが自分からシャロンに声をかけないというのも面白いところだ。どうもリックの意識の中では、若くて上り調子のポランスキーシャロンと、映画のキャリアが頓挫気味の自身の間にはハリウッド内での階級差があるようで、リックからシャロンに声をかけることはできないらしい。そういうわけで階級の高いシャロンからご招待されるのを待つわけだが、リックが社交の決まりをしっかり守っているあたり、まるでジェーン・オースティンの小説のようだ。リックは口汚いところもあるが、わりとシャイで奥ゆかしいところもある男である。

 

 この映画の面白さとして、重要な出来事に関しては別の文脈で同じことが二度起こるようになっていて、それがさまざまなものを象徴している、というところがある。この作品ではリックやクリフがヒッピー文化についてネガティヴな発言をするところがあり、さらにマンソン・ファミリーの犯罪が主題なのでヒッピー文化嫌いみたいなものが前に出てきている印象を与えるのだが、よく見るとこの繰り返しを使ってヒッピー文化を相対化しているところがある。たとえばリックがスタジオで西部劇の撮影をするところで、西部の街に入っていくとよそ者がうさんくさい目で見られて暴力沙汰に発展する、という場面を撮るところがある。同じ日にクリフがヒッチハイクで拾ったヒッピー娘プッシーキャット(マーガレット・クアリー)をマンソン・ファミリーが住むヒッピーコミューンに連れて行くと、コミューンの人々がクリフに警戒して暴力沙汰に発展し、クリフは西部劇みたいな目にあうことになる。これは、古いアメリカを象徴する西部の街も、新しいアメリカを象徴するヒッピーコミューンも同じくよそ者に対して排除的なのだということを示していると思う。また、ヒッピー娘プッシーキャットはマンソン・ファミリーの中では比較的善良な存在で、女神シャロンとほとんど同じ姿勢で裸足を露出して座る場面がある。実は19世紀の西部の街も、ハリウッドの映画界も、ヒッピーコミューンも、人の集まりという点ではたいして変わらないのかもしれない、ということが暗示されているように思う。

 さらに、全体的にリックが撮影所で経験することとクリフが同じ日に街で経験することはリンクしており、この2人の絆が強すぎて別々にいる時でも同じような経験をしているのか…と思わせる効果がある。上にあげた暴力沙汰はもちろん、リックが子役の少女マリベラ(本名はトルーディらしいが、役名で呼ばれたがっている)に会っている時にクリフはプッシーキャットと出会うなど、2人の経験はパラレルになっている。

 

 全体としては、こういう感じで数人のメインキャラクターの行動を丁寧に撮っているのだが、最後の15分くらいで物凄い暴力が起こる。このあたり、ちょっとジョン・ヒューストンの遺作『ザ・デッド』(ひたすら人々が社交してるところを丁寧に撮り、最後の最後ですごい展開がある)を思い出した。また基本的に「ブラピとレオ様を一緒に出したら面白いんじゃない?」っていう発想でできているところは、これまたスタンリー・キューブリックの遺作である『アイズ・ワイド・シャット』(これは「トム・クルーズニコール・キッドマン夫妻を一緒に出したら面白いんじゃない?」でできてる映画だと思う)とか、大島渚の遺作である『御法度』(これは監督が難しいことをやめていい男を撮りたかったらしい)を思い出した。この作品はけっこう、映画監督の晩年の様式になっているように思う。まあ、タランティーノはまだ死なないと思うが、本人も10本しか撮らないと言っているし…