秘密がたくさんある舞台~日生劇場『こうもり』

 日生劇場で『こうもり』を見てきた。川瀬賢太郎指揮、アンドレアス・ホモキ演出のものである。『こうもり』は既に一度、生の舞台で見たことがあるのだが、わりと風変わりな演出でやや咀嚼しにくかったところもあったので、今回はもう少しオーソドックスな演出でわかりやすかった。

www.nissaytheatre.or.jp

 舞台は基本的に19世紀のウィーンの富裕層の邸宅の部屋なのだが、閉じた部屋にいろいろクローゼットやらなんやらがあり、途中で登場人物がそこに隠れたりして、社交界にはいろいろ隠しておきたいことがあるんだな…というのを意識させるセットになっている。中央左拠りにソファがあり、これをうまく使って登場人物たちをここに座らせることでキャラクター同士が心理的に距離を縮めるのを示したり、ソファを倒すことで宴がちょっと荒っぽくなってきていることを表現したりしている。オルロフスキー(郷家暁子)の宴から終盤の刑務所の場面に移るところでは家具が全部倒れてシャンデリアまで落ちてきてセット全体が瓦礫みたいになっており、そこにパーティの出席者たちがごろ寝していて、とんでもない乱痴気騒ぎの後みたいに見える。オルロフスキーの宴の雰囲気はわりと色っぽく、なんかちょっと品のいい乱交パーティみたいに見えた。歌もこれに合わせてわりと親密感のある雰囲気にまとめていると思う。

 なお、刑務所職員のフロッシュ役で森公美子が出ており、刑務所の場面の冒頭でフロッシュひとり舞台みたいなのがある。ここは面白いことは面白いのだが、ちょっと長いと思ったし、あとオペラ歌手の体型ネタや目が見えないことに関係するネタをここでやる必要はあるのかなと思った。スターを見るのは楽しいが、一方で全体の雰囲気にあまりあっていないと思う。

 

嵐が丘で食べるヴィクトリアスポンジ~ワイズ・チルドレン『嵐が丘』(配信)

 ワイズ・チルドレンの『嵐が丘』を配信で見た。エマ・ライスの演出によるミュージカルで、ナショナル・シアター、ブリストル・オールド・ヴィック、ヨーク・シアター・ロイヤルが協力している。

www.wisechildrendigital.com

 椅子などを使ったシンプルなセットで、たまにプロジェクションの背景やスモークなどが使われる。何しろ長い話で途中で死亡する登場人物もけっこういるので、役者陣の多くは2役以上を演じている。驚いたことにネリーがいなくなっており、かわりに擬人化された荒れ野(ムーア)がコロスみたいな感じで出てきて狂言回しをつとめる。いろんな理由で信頼できない語り手になっているネリーをカットし、またこれまた頼りない語り手であるロックウッド(サム・アーチャー)もちょっとコミックリリーフみたいな感じで小さい役にしていて、そのぶんお話はかなりクリアになっている。

 ヒースクリフ(アッシュ・ハンター)まわりの話も原作にあった曖昧さがかなり排除されて明確になっている。この作品ではヒースクリフは黒人男性で、アーンショーのお父さん(クレイグ・ジョンソン)がまったくの偶然により、リヴァプールで貧しい子どもを拾ってくるところが実際に舞台で演じられている。原作ではこのへんの経緯があまりはっきりしなくて、ヒースクリフは実はアーンショーのお父さんの庶子でキャサリン(ルーシー・マコーミック)やヒンドリー(Tama Phethean)の母違いのきょうだいなのでは…などという推測もできたりするのだが、このプロダクションはそういう推測ができない方向に誘導していて、一方でアーンショー家の子どもたちとヒースクリフの階級差のほうが明確になっている。

 他にもいろいろ、長い原作をわかりやすくするため、登場人物の感情の流れなどがはっきりするよう工夫しているところがたくさん見られる。もともと偏屈なところがあったヒンドリーがおそらく唯一、心を開ける相手だった愛妻フランシス(ウィットニー・ホワイト)を出産で失い、そのせいで息子ヘアトン(Tama Phethean)が妻を奪ったと思って育児を放棄してしまうというプロセスがわりとはっきり描写されている。若い世代はみんな上の世代に振り回され、虐待されたかわいそうな人々として描かれており、とくに若リントン(ケイティ・オーウェン)はたいへん気の毒な犠牲者だ。最後に若キャシー(ウィットニー・ホワイト)とヘアトンが人が変わったように明るくなって出てくるところは、ヤバい大人がいなくなるとこんなに若者の人生が楽になる…ということをちょっと見せすぎと言ってもいいくらい強調している。とくにそれまで粗暴な感じだったヘアトンがエプロンをして出てきてロックウッドを大歓迎し、お茶とヴィクトリアスポンジ(たぶん自分で焼いたんだと思う)をすすめるところはとても笑える。

 全体的に音楽も展開によくあっているし、上の世代の暗いロマンスと復讐の物語と、虐待を生きのびた若い世代の希望が対比されていてわかりやすい作品だ。ちょっとカットしてわかりやすくしすぎでは…とも思えるが(ネリーがいないとだいぶ雰囲気が変わる)、あの長い原作を芝居にするとなると仕方ないところもあるのかと思う。

朝日カルチャーの新刊の発行記念オンライン講座が無事終わりました

 朝日カルチャーで実施した新刊『批評の教室ーチョウのように読み、ハチのように書く』発行記念オンライン講座が無事終わりました。お越し下さった皆様、どうもありがとうございます。

www.asahiculture.jp

 引き続き12/11に実施する『冬物語』講座と3/12の『じゃじゃ馬ならし』講座もよろしくお願い申し上げます。

www.asahiculture.jp

www.asahiculture.jp

搾取と解放~『よだかの片想い』(映画祭上映、ネタバレ注意)

 東京国際映画祭にお呼ばれして安川有果監督『よだかの片想い』を見てきた。島本理生による小説を城定秀夫が脚本にし、それが映画化されたものである。

 ヒロインである大学院生のアイコ(松井玲奈)は顔にアザがあり、これを気にして控えめに暮らしていた。ある時、アザやケガが主題の本の取材に応じて表紙に写真も提供したことをきっかけにアイコの暮らしは変わり始め、映画化の話が舞い込んでくる。監督である飛坂(中島歩)が熱意を持って説得してきて、アイコは飛坂に好意を抱くようになるが…

 わりと静かで地味とも言える作品なのだが(ちょっと『サンドラの小さな家』に似ているかもしれない)、実は搾取と解放の危ういバランスみたいなものを扱った作品だ。飛坂がアイコに近づくのはとにかくアザのある女性についての映画を作りたいからで、アイコをインスピレーションにして映画を作り、さらにその役柄を自分と腐れ縁の女優さんに演じさせる。飛坂はかなり自分勝手で極めてわがままな芸術家で、明らかにアイコを利用しているというか、自分のインスピレーションのために顔にアザがある女性というマイノリティを芸術的な側面で搾取していると言える。しかしながらアイコはこの搾取的な芸術家である飛坂と付き合うことを通して今までとかなり異なる人生経験を得て、ひどく不愉快な経験もした一方、解放されたような新しい気分を味わうこともできた。最後のアイコの姿を見ると、アイコはひょっとして自分を搾取してくる飛坂も消化してしまったのではないか…という気がしてくる。こういう書き方をするとなんか搾取されたけどいい経験になりました、というような極めて卑屈で問題ある話に見えそうなのだが、この作品は全体的に「こういうことありそうだな…」という絶妙なバランスを保つことでそういうイヤな感じを回避している。これは飛坂があからさまに暴力的でイヤな奴というよりはわがままで実に困った人だが実際にいそうだ…という感じで提示されているのと、アイコ自身がかなりリアルに真面目な大学院生らしく描かれているからではないかと思う(大学院生で研究三昧の生活だったとしたら、自分の生活圏内にちょっとイケてる芸術家が入ってきたら絶対ああなると思うので、アイコが油断してるとか卑屈だみたいなことは絶対に言えない)。

 ただ、終盤はもうちょっと火傷したミュウ先輩(藤井美菜)のエピソードを増やしたほうがいい気がする。ラストシーンはかなり印象的なのだが、そこの準備としてミュウ先輩がどうやってあんなにポジティヴに回復したのかをもう一場面くらい使って描いたほうがいい気がした。ミュウ先輩とアイコのやりとりは女性同士の細やかな会話でよくできていると思ったので、もう少し見たいと思った。

台詞の雰囲気がだいぶ違う~明治大学シェイクスピアプロジェクト『ロメオ、エンド、ジュリエット』(配信)

 明治大学シェイクスピアプロジェクト、西村俊彦演出『ロメオ、エンド、ジュリエット』を配信で見た。今年の明治大学シェイクスピアプロジェクトは2本立てで、これは特別講演として1886年の河島敬蔵『春情浮世の夢』と1904年の小山内薫脚色を用いた台本を使い、「日本で一番最初に上演された『ロミオとジュリエット』」をやってみるというものである。

www.youtube.com

 語りがたくさん入っているのはおそらく当時のお客さんには説明がないとあまりよくわからなかったからではないかと思う。歌舞伎っぽいような感じもあり、これが世紀転換期のお客さんには馴染みのある形だったのかもしれない。また、けっこうみんな台詞の口調が優しい。ロメオ(真淵月海)のしゃべり方などは礼儀正しい学生みたいな感じだし、青年同士で「ロメオ君」などと呼び合っていて、今の上演で見かけるかなりくだけた感じで下ネタを飛ばし合う若者たちに比べるとちょっと品が良いというか、穏やかな感じがする。最後の大公(小島淳之介)の台詞なども今の台本に比べるとかなり当たりが柔らかく、全体として優しい印象を与える台本だ。

ちょっと史実に基づいてなさすぎて…I am William(配信)

 ストラトフォード・フェスティバルの配信でI am Williamを見た。レベッカ・デラスプによる子ども向けのお芝居で、野外上演を収録したものである。シェイクスピアの架空の姉妹という、英文学研究者にはお馴染みのネタを音楽劇にした作品だ。

www.stratfordfestival.ca

 舞台は近世のストラトフォード・アポン・エイヴォンである。ジョン(アラン・ルイス)とメアリー(シャノン・テイラー)のシェイクスピア夫妻にはマーガレット(シャクーラ・ディクソン)とウィリアム(ランドン・ドーク)の二人の子どもがいる。マーガレットには文才があるのだが、読み書きの得意な女性は魔女扱いされるのでマーガレットは全くその文才を発揮することができない。このため、マーガレットは文才はないが善良で芝居好きのウィリアムが著者だというふりをして戯曲を発表しようとするが…

 よくできた戯曲ではあるし、役者陣の演技などはいいと思うのだが、私はけっこうこういう史実を無視している話はあまり面白いとは思わない。まず、そもそもこの作品のネタになっているシェイクスピア別人説というのは既にシェイクスピアのことをよく知っている大人が冗談で楽しむもので、そういうことをよく知らない子ども向けの芝居にするようなものではないと思う。また、本作はヴァージニア・ウルフのジュディス・シェイクスピアのたとえで有名な「シェイクスピアに姉妹がいたら?」という発想をネタにしているのだが、実は17世紀に入ると女性でものを書いた人というのはいないわけではないので、むしろシェイクスピアに姉妹がいたら…みたいな話よりはそういう実在の女性作家を取り上げて紹介すべきではないかと思っている(『エミリア』はそれをやっていて、正直、うまくいっているとは思えなかったのだが)。あと、最後が『恋におちたシェイクスピア』に似すぎており、エリザベス1世が劇場に来るということは実際にはないのだが(宮廷に役者を呼ぶので)、お芝居を見に来て全部解決してしまうのが物足りない。

庭園美術館「キューガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート」

 東京都庭園美術館で「キューガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート」を見てきた。シャーロット王妃とジョージ3世の時代の植物画の他、ウェッジウッドによる植物模様の陶器なども展示されており、18世紀英国における客観性とか植物観について考えさせられる展示だった。現在のキュー植物園における植物画家の活動紹介やキューがやっている生物多様性プロジェクトの啓蒙動画などもあり、大変教育的で面白かった。

www.teien-art-museum.ne.jp