ヴァージニア・ウルフ

たくさん面白いところがあるが、個人的に苦手なところも~シャウビューネ『オーランド』(配信)

シャウビューネ『オーランド』を配信で見た。以前に東京芸術劇場で見たサラ・ルールのバージョンとは別のもので、アリス・バーチ翻案、ケイティ・ミッチェル演出のものである。ベルリンのシャウビューネなのでもちろんドイツ語で、英語字幕がつく。2019年に…

変幻するアイデンティティ、不滅の芸術〜『オーランドー』

東京芸術劇場で『オーランドー』を見てきた。言わずと知れたヴァージニア・ウルフの有名小説の舞台化で、白井晃演出。 舞台の両端に生演奏のミュージシャンを配し、セットは比較的簡易なもので背景はプロジェクションで変化をつけている。6人の役者でとっか…