ヘッダ・ガーブレル

飲んだくれて踊ることもできない、不機嫌なヒロイン〜シス・カンパニー『ヘッダ・ガブラー』

シアターコクーンでシス・カンパニー『ヘッダ・ガブラー』を見てきた。言わずと知れたイプセンの有名作で、栗山民也演出、ヘッダ役は寺島しのぶである。 左側に大きな窓があり、右側に隣室への出入り口があるセットが組まれている。客席中央にせり出した角が…

妊娠の拒絶〜NTライヴ『ヘッダ・ガーブレル』

ナショナル・シアター・ライヴでイヴォ・ヴァン・ホーヴェ演出『ヘッダ・ガーブレル』を見てきた。 いかにもイヴォ・ヴァン・ホーヴェっぽい白い箱のようなセットでヘッダの家を表現しており、左端には女中さんが常駐しているという変わった空間設定の演出だ…

性革命と第二波フェミニズムの前に〜クルージュ・ナポカマジャール劇場『ヘッダ・ガブラー』

世田谷シアタートラムでクルージュ・ナポカマジャール劇場、アンドレイ・シェルバン演出『ヘッダ・ガブラー』を見てきた。ルーマニアのハンガリー語劇団である。 『ヘッダ・ガブラー』は今まで英語と日本語で一回ずつ見たことがあるのだが、これが一番面白か…

根本的なコンセプトに賛同できない〜shelf『ヘッダ・ガブラー』

渋谷のカミニートでshelfによるイプセン『ヘッダ・ガブラー』の上演を見てきた。とにかくつまらなくて、途中で二回ほど意識が遠のいた… まず、テクストの順番をバラバラにして、役者を特定の役に固定しないという実験をやっているのだが、正直この芝居でこれ…

オールドヴィック『ヘッダ・ガブラー』〜だから、完成された古典をちょっとだけいじるのは危険なんだってば

オールドヴィックで『ヘッダ・ガブラー』を見てきた。言わずとしれたイプセンの超有名作だが、この上演はブライアン・フリールが翻案しているもの。 で、私、この原作を高校の時に読んでなんかいけすかない美人が一人で悲劇ってる話だというようなおぼろげな…