十二夜

次のエクステンション講義では『十二夜』をとりあげます

次回の早稲田大学中野エクステンションセンターでの一般向け講義では、『十二夜』をとりあげます。11/5(月)の13:00が第1回で、5回で読みます。ふるってご応募ください。 あなたがまだ知らないかもしれないシェイクスピア | 北村 紗衣 | [公開講座] 早稲田大…

子供向けのシェイクスピアショー、Shakespearience

サウスバンクのアンダーベリーフェスティヴァルで、子供向けのシェイクスピアショーであるShakespearienceを見てきた。これはヒゲをつけた3人の役者(男性1人、女性2人)でとっかえひっかえいろんな役をやりながら、かなり簡単にした『マクベス』『ロミオとジ…

ストラトフォード(9)少しダークで思いっきり笑える『十二夜』

マーサ・ヘンリー演出の『十二夜』を見た。 フェスティバルシアターの張り出し舞台を使い、奥には木を、前面には楽器を設置している。この楽器がくせもので、白っぽいガラスのボールを棒でこすって音を出すというもので、舞台を囲むように複数設置されていて…

フェステは誰に歌うのか〜インターナショナル・シアター・カンパニー・ロンドン『十二夜』

ポール・ステッビングズ演出、インターナショナル・シアター・カンパニー・ロンドン『十二夜』を明星大学で見てきた。 後ろのついたて以外はほとんどセットもない簡素な舞台で、台本は相当カットされている。立ち聞きの場面やマルヴォーリオを部屋に閉じ込め…

イマイチなシェイクスピア〜PAL Produce『十二夜』

下北沢でPAL Produce『十二夜』を見てきた。かなりイマイチで、あまり良いところもないが最低というわけでもない普通のシェイクスピアだった。 セットは両側に階段があり、二階にのぼれるシンプルなもの。脇右上に音楽スペースがあり、ハープの生演奏が聴け…

messyに『十二夜』の批評を寄稿しました

世界シェイクスピア学会にあわせて、messy連載に「べ、別にあんたのためにツンデレを分析してるわけじゃないんだからね!〜シェイクスピア『十二夜』を考える」を寄稿しました。夏学期の授業で『十二夜』を読んだのですが、そこで気付いたことと、前から思っ…

アッシュランド(3)オレゴン・シェイクスピア・フェスティバル『十二夜』

さてさて、待ちに待った今回の取材のメイン、オレゴン・シェイクスピア・フェスティバルへ。合衆国では非常に規模が大きく、最も歴史のあるシェイクスピアまつりである。 桜が咲いているきれいな場所に3つの劇場がある。 最初に見る予定の公演、クリストフ…

両側の「独白演壇」の使い方がイマイチ〜新宿シアターモリエール『十二夜』

新宿シアターモリエールでCasual Meets Shakespeare Vol.3『十二夜』を見てきた。小さいハコでセットはほとんどなく、道具類もトランプをイメージして白黒にカラーリングした箱を出し入れしたりする程度のシンプルなセットである。着るものもトランプを意識…

秘密と影〜日生劇場『十二夜』

日生劇場でジョン・ケアード演出『十二夜』を見てきた。 このプロダクションの特徴はセットが大変凝っていることである。真ん中にはラテン語の銘文が入った日時計がある。その両脇には三重くらいになっている半円形の緑の生け垣があり、生け垣と生け垣の間は…

音楽はいいが、それ以外は…『十二夜より十三夜、または勝手にしやがれ』

あうるすぽっとで『十二夜より十三夜、または勝手にしやがれ』を見た。渋さ知らズの生演奏をバックにしたシェイクスピア『十二夜』の翻案で、一つの役を一人の作者が担当し、まとめて上演するという実験的な企画らしい。舞台は沖縄の島に設定されており、『…

サーカス風なパブシアターっぽい演出〜下北沢駅前劇場『十二夜』

下北沢駅前劇場で、「日本の30代」によるシェイクスピア『十二夜』を見た。わりとオーソドックスな『十二夜』で、小さいハコを生かしたサーカスみたいな衣装や演出は数年前にホワイトベア座で見た『悪魔は頓馬』みたいで、パブシアターっぽい雰囲気があって…

楽しい喜劇だが、ドタバタに走りすぎな気も〜Dステ『十二夜』

Dステのオールメール『十二夜』を見てきた。笑いが多くて楽しく見られる喜劇だが、ちょっとドタバタに走りすぎでうまくいってないところもある気がした。 とりあえず、この間見たアイドル舞台の『ハムレット』が結構ひどかったので、女性に人気のある若いイ…

アポロ座、オールメール『十二夜』〜マーク・ライランスのオリヴィアにスティーヴン・フライのマルヴォーリオというだけで至福ですよ

アポロ座で『十二夜』を見てきた。夏に『リチャード三世』と一緒にグローブ座で上演されたオールメール二本立てのうちのひとつで、グローブからアポロに移動して上演。マーク・ライランス主演の『十二夜』は10年前にティム・キャロル演出でグローブで初演さ…

RSCロンドン公演難破三部作(1)『十二夜』〜セットなどはいいとこもあるけどちょっとイマイチかなぁ

ロンドンに戻ってもまたRSCということで、ラウンドハウスで実施中の難破三部作のひとつめ、デイヴィッド・ファー演出の『十二夜』を観劇。 とりあえずセットはすごくいい。現代(21世紀にしてはちょっといろいろレトロなのでたぶん20世紀だが)のホテルのロビ…

ナショナルシアター『十二夜』〜それでも恋するイリリア、なのか…?!?!

ナショナルシアターで『十二夜』を見てきた。初日ということでジュディ・デンチとかがふつうに来ててすごくびっくり(ジュディ・デンチ、舞台で見るよりほっそりしてて思ったより007のMっぽかった)。 えーっ、一言で言うと役者が結構ダメで、あまり面白くなか…

オリヴィアの可愛らしさにやられたけど、全体としてはイマイチ〜RSC『十二夜』

ロイヤルシェイクスピアカンパニーの『十二夜』を見てきた。ひとつひとつのパーツをとってみると結構楽しめるとこも多いし、とくに役者がすごく頑張っていて良かったのだが、全体的になんとなく違和感があって心から面白いと思えなかった。 まず違和感につい…

NINAGAWA 十二夜

昨日は『NINAGAWA 十二夜』を見てきた。 この芝居のいいところは、たぶん何十年か後に蜷川じゃない人が全然違うキャストで上演してもちゃんと歌舞伎として通りそうなしっかりした台本を作っていることだと思う。もちろん『NINAGAWA 十二夜』なもんでどう見て…