モーツァルト

音楽は楽しいが、話はけっこうメチャクチャだと思う~『後宮からの逃走』

日生劇場でモーツァルト『後宮からの逃走』を見てきた。初めて生で見る演目である。 誘拐されてトルコの後宮に売られた恋人、コンスタンツェ(安田麻佑子)を救出すべく、ベルモンテ(山本耕平)が太守セリム(大和田伸也)の宮廷にやってくる。コンスタンツェはセ…

ギンギラギンにさりげないエレクトリックアンドロイドモーツァルト~日生劇場『コジ・ファン・トゥッテ』(ネタバレあり)

日生劇場で菅尾友演出『コジ・ファン・トゥッテ』を見てきた。この作品については既に連載で記事も書いているくらいなのだが、びっくりするような演出だった。 この作品の舞台は「ネオポリス」で(ナポリっぽい名前ではあるが、18世紀のナポリではない)、LED…

連載記事「性差別?フェミニズム?恋する人間はみんなバカ?~『コジ・ファン・トゥッテ』の一筋縄ではいかない世界」が公開されました

wezzyの連載記事「性差別?フェミニズム?恋する人間はみんなバカ?~『コジ・ファン・トゥッテ』の一筋縄ではいかない世界」が公開されました。よく性差別的だと言われる一方、フェミニズム的だとも言われるモーツァルトのオペラ『コジ・ファン・トゥッテ』…

メチャクチャな世界~METライブビューイング『コジ・ファン・トゥッテ』

METライブビューイングで『コジ・ファン・トゥッテ』を見てきた。 www.youtube.com この演目は一度だけ舞台で見たことがあってけっこう気に入ったのだが、今回見たこちらは以前の新国立とはかなり違った演出だ。この話は筋立てなずいぶんとしっちゃかめっち…

笑いと天才〜NTライヴ『アマデウス』

NTライヴ『アマデウス』を見てきた。今授業でこのテクストを読んでいるのだが、上演を見るのは初めてである。ピーター・シェーファー作の有名戯曲で、マイケル・ロングハースト演出である。神に愛された天才モーツァルトに嫉妬し、あの手この手で追い落とそ…

絵の中の出来事〜新国立劇場オペラ研修所修了公演『コジ・ファン・トゥッテ』

新国立劇場オペラ研修所修了公演『コジ・ファン・トゥッテ』を見てきた。見たことがない演目で見たいと思っていたし、去年演劇研修所の公演がなかなか良かったので、行ってきた。 お話じたいはナンセンス艶笑落語みたいな展開の物語である。18世紀末頃のナポ…

グラインドボーンツアー『フィガロの結婚』、ニューウィンブルドン座〜ツアーではスポーツカーをカット…

ニュー・ウィンブルドン座でグラインドボーンツアー公演『フィガロの結婚』を見てきた。言わずとしれたモーツァルトの有名オペラで、グラインドボーン音楽祭伝統の演目でもあるのだが、今回は演出を一新したバージョンらしい。 舞台は1960年代あたりのスペイ…

イングリッシュナショナルオペラ『ドン・ジョヴァンニ』〜演奏や歌はいいけど、イマイチなところも多数

イングリッシュナショナルオペラでモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』を見てきた。演出は『Dr. Dee』をやったルーファス・ノリス。学生スタンバイでかなり良い席をとれたせいで基本的には楽しめたのだが、イマイチなところも多数。 セットをぐるぐる回転…

イングリッシュナショナルオペラ『魔笛』〜『戦艦ポチョムキン』と比べよう!

イングリッシュナショナルオペラでニコラス・ハイトナー演出の『魔笛』を見てきた。1988年に初めて製作された人気のヴァージョンで、今回が最後の再演になる予定だとか。 前回ドイツ語版をロイヤルオペラで見た時は話が意味不明で洗脳カルト入信をすすめる内…

主役をサッチャー政権下のゲイにした翻案版『ドン・ジョバンニ』〜ロンドンで一番ホットなゲイクラブ、Heavenにて上演!

ロンドンで一番ホットなゲイクラブのひとつらしいチャリングクロスのHeavenでモーツァルトの『ドン・ジョバンニ』ゲイ版翻案を見てきた。脇役の歌の技術とか音響には若干文句があるが、基本的には大満足。 なんか昨日まで場所は金曜日に行ったチャリングクロ…

あらすじはカルト宗教のプロパガンダ作品みたいだと思うが、パパパパパパパゲーノには勝てん〜ロイヤルオペラ『魔笛』

先週の木曜は昼に『リア王』を見て面白かったのでそのまま授業に出て帰ろうと思っていたのだが、授業でなんかひどい映画を見せられたので帰りにお口直しということでロイヤルオペラの『魔笛』を見てきた。言わずとしれたモーツァルトの超有名オペラで、ケネ…