映画

子どものクィア時間と、母親の救い~『秘密の森の、その向こう』(ネタバレあり)

セリーヌ・シアマ監督の新作『秘密の森の、その向こう』を見てきた。 www.youtube.com お話は8歳のネリー(ジョゼフィーヌ・サンス)のおばあちゃんが亡くなった直後から始まる。ネリーはお母さん(ニナ・ミュリス)とお父さん(ステファン・ヴァルペンヌ)…

なんとなく「田舎って怖いなぁ」感が…『LAMB ラム』(ネタバレあり)

ヴァルディミール・ヨハンソン監督の『LAMB ラム』を見てきた。アイスランドが舞台のフォークホラー映画で、脚本に有名な作家のショーンがかかわっている。 www.youtube.com 舞台はアイスランドの人里離れた山奥の牧場である。マリア(ノオミ・ラパス)とイ…

映像はすごいが、話は…『アバター:ジェームズ・キャメロン 3Dリマスター』

『アバター:ジェームズ・キャメロン 3Dリマスター』を試写で見た。実は私はこれまで一度も『アバター』を見たことがなく、今回初めて見た(2009年9月からイギリス留学をしていたのだが、2009年後半から2010年初めにかけては留学したてでお金がない上、余裕…

映画『よだかの片想い』にコメントを書きました

映画『よだかの片想い』に簡単な推薦のコメントを寄せました。 notheroinemovies.com

ブルゴーニュ地方のワイン作りに関するドキュメンタリー~『ソウル・オブ・ワイン』(試写)

『ソウル・オブ・ワイン』を試写で見た。ブルゴーニュ地方のワイン生産に関するドキュメンタリーである。 私はお酒を飲まないのでワインについては全く知らないのだが、ブルゴーニュ地方のロマネ・コンティをはじめとする伝統的な高級ワインがいかに手をかけ…

イモが大事だ~『デリシュ!』

エリック・ベナール監督『デリシュ!』を見てきた。 www.youtube.com 舞台は1789年のフランスである。新しい食材を取り入れるのに意欲的なマンスロン(グレゴリー・ガドゥボワ)は、まだフランスではあまりなじみのないジャガイモを使ったオリジナルレシピの…

実は猫映画~『地下室のヘンな穴』(ネタバレあり)

カンタン・デュピュー監督『地下室のヘンな穴』を見てきた。 www.youtube.com 舞台は現代フランスのどこかの郊外である。アラン(アラン・シャバ)とマリー(レア・ドリュッケール)の夫妻は地下室にヘンな穴のある家を買うことにするが、この穴はなぜか家の…

おしゃれなのだが、戯曲がそもそも好みじゃないのかも…『8人の女たち』(配信)

ロベール・トマ『8人の女たち』を配信で見た。板垣恭一演出で、サンシャイン劇場で9月3日に撮影されたものである。フランソワ・オゾンの映画版は見たことがあるのだが、舞台は初めて見た。プロダクションの特徴としては、出演者が全員、宝塚出身者の女優であ…

『ブエノスアイレス』4K上映

ウォン・カーウァイ『ブエノスアイレス』4K上映を見てきた。 www.youtube.com 既に何度か見たことがある作品なのだが、やはりイグアスの滝を含めて大画面で綺麗な画質で見られるというのはありがたいことである。また、香港返還直前という時代背景に密着して…

「オールド・タウン・ロード」をSFホラー映画にするとしたら?~『NOPE/ノープ』(ネタバレあり)

ジョーダン・ピール監督の新作『NOPE/ノープ』を見てきた。 www.youtube.com 主人公であるOJ・ヘイウッド(ダニエル・カルーヤ)は父と一緒に映画やテレビに出る馬を訓練する仕事をしていたが、父が空からの落下物による直撃で死亡して以来、譲り受けた牧場…

個人的に一番苦手な部類の百合を突然見せられた気分~『戦争と女の顔』(ネタバレあり)

『戦争と女の顔』を見てきた。スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチの『戦争は女の顔をしていない』が原案の映画である。ジャーナリズムの著作が原案だが、本作ではドキュメンタリーではなく、劇映画である。 www.youtube.com 第二次世界大戦期のレニングラー…

穏やかなビートルズ~『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』(試写)

『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』を試写で見た。カナダのテレビ制作者であるポール・サルツマンが、若い頃にリシケシュのアシュラムでビートルズのメンバーと一緒に過ごした8日間を振り返ったドキュメンタリーである。ナレーションをモーガン…

ウクライナの政治を織り込んだ体操スポーツ映画~『オルガの翼』(試写、ネタバレ注意)

エリ・グラップ監督による映画『オルガの翼』を試写で見た。 www.youtube.com 2013年のキーウが舞台である。体操選手である15歳のオルガ(アナスタシア・ブジャシキナ)は、チームメイトの親友サーシャ(サブリナ・ルプツォワ)と練習に励んでいた。ところが…

全然面白いと思わなかった~『ベイビー・ブローカー』(ネタバレあり)

是枝裕和監督『ベイビー・ブローカー』を見た。 www.youtube.com 赤ちゃんボックスに子どもを置いていったソヨン(イ・ジウン)は、ふとしたことから赤ん坊を売ろうとしていたサンヒョン(ソン・ガンホ)とドンス(カン・ドンウォン)に出会い、養親に子ども…

ある意味、最高のゴドー~『アプローズ、アプローズ! 囚人たちの大舞台』(ネタバレあり)

エマニュエル・クールコル監督『アプローズ、アプローズ! 囚人たちの大舞台』を見た。現代が舞台のフランス映画だが、お話は80年代にスウェーデンに起こった実話をもとに脚色したものである。 www.youtube.com 売れない役者のエチエンヌ(カド・メラッド)…

出血を率直に~『セイント・フランシス』(試写、ネタバレ注意)

アレックス・トンプソン監督『セイント・フランシス』を試写で見た。ケリー・オサリヴァンが脚本で、主役のブリジットも演じている。 www.youtube.com 30代半ばのブリジットはだいぶ年下の付き合っているのか付き合っていないのかもよくわからないようなボー…

ブラッド・ピット、また引退をやめる~『ブレット・トレイン』(試写、ネタバレ注意)

『ブレット・トレイン』をプレス試写で見てきた。原作は伊坂幸太郎『マリアビートル』である。 www.youtube.com しばらく休養していて復帰した殺し屋レディバグ(ブラッド・ピット)は、日本の高速鉄道でブリーフケースを盗むという楽勝そうなお仕事を復帰第…

手ぶれがひどい~『呪詛』(ネタバレあり)

Netflixで台湾のホラー映画『呪詛』を見た。台湾の地方宗教にまつわる呪いを受けてしまったルオヤン(蔡亘晏)が娘とともに呪いに対抗しようとする様子を描いた作品である。 時系列はあまり直線的ではないのだが、基本的にはファウンドフッテージ…ではあるも…

家族に頼らない子ども映画~『ミニオンズ フィーバー』

『ミニオンズ フィーバー』を見た。 www.youtube.com 舞台は70年代である。怪盗グルー(スティーヴ・カレル)の子ども時代を描いたプリークェルである。ミニオンズたちと暮らしている11歳のグルーは悪党に憧れて、空きの出た悪党一味であるヴィシャス6のオー…

聖なる童貞の父ふたたび、そして子どもの幻想~『ソー:ラブ&サンダー』(ネタバレあり)

タイカ・ワイティティ監督、マイティ・ソーシリーズ最新作の『ソー:ラブ&サンダー』を見た。 www.youtube.com 全体がコーグ(タイカ・ワイティティ)の語りの枠に入っている。ソー(クリス・ヘムズワース)は瞑想したり、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシ…

『ハスラーズ』に続くストリッパー映画~『Zola ゾラ』(試写、ネタバレあり)

『Zola ゾラ』を試写で見た。SNSでバイラルになった実話ベース(という触れ込みの)話をジャニクザ・ブラヴォー監督で映画化したものである。 www.youtube.com ヒロインである黒人女性のゾラ(テイラー・ペイジ)はウェイトレス兼ストリッパーとして働いてい…

ファンガールズ、隠れたデヴィッド・ボウイとルー・リード~『メタモルフォーゼの縁側』(ネタバレ)

『メタモルフォーゼの縁側』を見た。 www.youtube.com 高校生のうらら(芦田愛菜)は本屋でバイトをしていたが、そこで75歳の書道教師である雪(宮本信子)に出会う。雪はひょんなことからBL漫画にハマっており、コメダ優 (古川琴音)の漫画の続きを探して…

『キネマ旬報』7月下旬号に『エルヴィス』評を書いています

『キネマ旬報』7月下旬号にバズ・ラーマン監督『エルヴィス』評を書いております。書誌情報は以下の通りです。 北村紗衣「最大でサイテーのファンが語るスーパースターの人生ー「憧れ」とバズ・ラーマン」『キネマ旬報』2022年7月下旬号、pp. 24-25。 キネマ…

現代風なひねりのある正統派ロマコメ~『ザ・ロストシティ』(ネタバレあり)

『ザ・ロストシティ』を見てきた。 www.youtube.com 元研究者で今は冒険ロマンスもののベストセラー作家であるロレッタ(サンドラ・ブロック)は学者だった夫ジョンをなくして以来、創作意欲が衰えてスランプ状態だった。やっと完成した新作のプロモーション…

起業大好きPTA~『リコリス・ピザ』(試写、ネタバレ多数)

ポール・トーマス・アンダーソンの新作『リコリス・ピザ』を試写で見てきた。なお、リコリスもピザも出てこない(タイトルはレコード店の名前からとっているらしい)。 www.youtube.com 舞台は70年代のサンフェルナンド・バレーで、15歳の子役でティーンなの…

神に愛されたアイルランドのしょうもない酔っぱらい~『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』

『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』を見てきた。ポーグスのフロントマンであるシェイン・マガウアンのキャリアについてのドキュメンタリーである。監督は音楽映画の専門家とも言えるジュリアン・テンプルで、最近裁判が終わったばかりのジョニー・デップ…

真面目で自由自在な現代映画史~『ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行』(試写)

『ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行』を試写で見た。北アイルランド出身の映画監督マーク・カズンズによる、21世紀に作られた映画に関するドキュメンタリー映画である。カズンズはこの前に15時間くらいあるテレビシリーズの映画史ドキュメンタリー…

アニメ版『ベルベット・ゴールドマイン』~『犬王』(ネタバレあり)

湯浅政明監督『犬王』を見てきた。古川日出男の小説『平家物語 犬王の巻』のアニメ映画化である。脚本は野木亜紀子、キャラクター原案を松本大洋、音楽を大友良英がつとめている。 www.youtube.com 南北朝の時代が舞台で、異形の者として生まれたが猿楽の芸…

ウェストコーストのルーツを探して~『エコー・イン・ザ・キャニオン』

『エコー・イン・ザ・キャニオン』を見てきた。 www.youtube.com ローレル・キャニオンの音楽を扱った音楽ドキュメンタリーだが、少し前に公開された『ローレル・キャニオン 夢のウェストコースト・ロック』とは違う映画である。ジェイコブ・ディランがさま…

教員には向いてない?ご冗談を~『トップガン マーヴェリック』(ネタバレあり)

『トップガン マーヴェリック』を見てきた。前作『トップガン』(1986)から36年振りの続編ということである。メインキャストのトム・クルーズとヴァル・キルマーは続投だが、トニー・スコットはお亡くなりになっているので監督はジョセフ・コシンスキーがつと…