美術館

「ロバート・キャパ セレクト展:もうひとつの顔」

神戸ファッション美術館で「ロバート・キャパ セレクト展:もうひとつの顔」を見てきた。戦争写真はもちろん、著名人を撮ったものとか日本の仏像を撮ったものなどもある。また、コレクション展の「フランス文学が誘う街とファッション-19世紀後期から20世紀…

国立西洋美術館「自然と人のダイアローグ」展

国立西洋美術館のリニューアル記念展である「自然と人のダイアローグ」展を見てきた。ドイツのフォルクヴァング美術館の収蔵品と国立西洋美術館の収蔵品を、自然と人をテーマに展示したものである。フリードリヒ、モネ、ゴッホなどひとつひとつの作品はけっ…

「特別展アリス―へんてこりん、へんてこりんな世界」展

「特別展アリス―へんてこりん、へんてこりんな世界」展を見てきた。ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』についての展示で、書簡などの手稿や写真、その後のマーケティング展開や受容なども含めていろいろ多角的に見せてくれる展覧…

「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~」展

六本木ヒルズで「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~」を見てきた。東京シティビューの展望スペースで開催されている展覧会である。水木しげるの妖怪に関する画業をいろいろ解説した展示で、どういうところからインスピレーション…

「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」

東京都美術館で「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」を見てきた。ジョシュア・レノルズやベラスケスなどをはじめとして、小ぶりだがけっこう良い絵がきている。また、ショップが充実しており、マーマレードとかショートブレッドなどが買え…

三菱UFJ信託銀行「ピーターラビットの世界」

東京駅前の三菱UFJ信託銀行で「ピーターラビットの世界」を見た。

「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」

国立新美術館で「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」を見てきた。ニューヨークのメトのヨーロッパ絵画部門が改修中だということで、かなり有名な作品が来日している。ルネサンスからポスト印象派までまんべんなく展示があり、カラヴァッジョ、フェル…

「ミロ展ー日本を夢みて」

渋谷の文化村で「ミロ展ー日本を夢みて」を見てきた。ミロと日本文化のかかわりに焦点をあてた展示である。ミロが影響を受けたと思われる日本の美術工芸品とミロの作品をあわせて展示するもので、日本の書みたいな絵なども来ている。ミロはかなり旅先などで…

抽象絵画の先駆者~『見えるもの、その先に ヒルマ・アフ・クリントの世界』(試写、公開前注意)

『見えるもの、その先に ヒルマ・アフ・クリントの世界』をオンライン試写で見た。スウェーデンの女性画家で、カンディンスキーやモンドリアン以前に抽象絵画を描いていたが全く知られていないヒルマ・アフ・クリントに関するドキュメンタリー映画である。 w…

「出版120周年ピーターラビット展」

世田谷美術館で「出版120周年ピーターラビット展」を見てきた。 peter120.exhibit.jp ポター自筆の書簡などいろいろな展示品が来ており、かなり見応えがある。絵本として出る前のポターの絵手紙など、初期の史料も見ることができる。ポターがピーターラビッ…

「Museum of Mom's Art ニッポン国おかんアート村」

渋谷の公園通りギャラリーで「Museum of Mom's Art ニッポン国おかんアート村」を見てきた。 inclusion-art.jp おかんアートを展示するもので、作品じたいは女性のクリエイティヴィティが爆発する可愛くてエネルギッシュなものが多く、とても良かった。ただ…

金沢(6)石川近代文学館・石川四高記念文化交流館

石川近代文学館・石川四高記念文化交流館に行ってきた。同じ建物に入っており、石川近代文学館では「言の葉の緑と花-文学と植物<前編・冬から春へ>」展が実施中である。 建物の外観。 近代文学館のほうは、史料は泉鏡花、徳田秋声、室生犀星関連のものを…

金沢(5)国立工芸館「めぐるアール・ヌーヴォー展 モードのなかの日本工芸とデザイン」

国立工芸館で「めぐるアール・ヌーヴォー展 モードのなかの日本工芸とデザイン」展を見てきた。ミュシャやガレみたいなヨーロッパのアール・ヌーヴォーのアーティストが日本に与えた影響を見るものである。杉浦非水の作品などが多く展示されているのだが、た…

金沢(4)鈴木大拙館

鈴木大拙館にも行ってきた。鈴木大拙は金沢出身だそうで、その業績を記念するものである。学術的な業績紹介の他、大拙とネコのツーショット写真など、プライベートな資料も見られる。外には池のあるきれいな庭がある。 水鏡の庭。

金沢(1)金沢21世紀美術館

「フェミニズムズ / FEMINISMS」展と「ぎこちない会話への対応策—第三波フェミニズムの視点で」展を見るために金沢21世紀美術館に行ってきた。金沢に行くのは初めてで(学生時代から行きたかったが全然行けていなかった)、金沢21世紀美術館にはとにかく行か…

「LOVE LOVE スヌーピー展 ~Take Care with Peanuts~」

池袋の西武百貨店で「LOVE LOVE スヌーピー展 ~Take Care with Peanuts~」を見てきた。わざわざスヌーピーを環境保護とかと結びつけなくても…という気がしたのと、あと漫画のコマは日本語の訳の版にしたほうがいいのじゃないかと思った(引き延ばしたコマ…

「語りの複数性」展

渋谷公園通りギャラリーで「語りの複数性」展を見てきた。大森克己、岡﨑莉望、川内倫子、小島美羽、小林紗織、百瀬文、山崎阿弥、山本高之が出品している。障害のあるアーティストがかかわっている作品などもあり、感覚についていろいろな方向性でアプロー…

「明治大学とシェイクスピア」展

明治大学で「明治大学とシェイクスピア」展を見てきた。www.meiji.ac.jp 明治大学出身の演劇人とシェイクスピアのかかわりを紹介するもので、学生などがかかわっている展示である。ありがたいことに、私がShakespeare Studiesに書いたDull-Colored Popの『マ…

庭園美術館「キューガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート」

東京都庭園美術館で「キューガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート」を見てきた。シャーロット王妃とジョージ3世の時代の植物画の他、ウェッジウッドによる植物模様の陶器なども展示されており、18世紀英国における客観性とか植…

「QUEEN 50周年展 -DON'T STOP ME NOW-」

渋谷の西武でやっている「QUEEN 50周年展 -DON'T STOP ME NOW-」を見てきた。 queen-exhibition.jp 歌詞の原稿とか衣装とか写真、映像資料などいろいろなものが来ていて展示じたいはわりと充実している。ただ、わりと狭い通路で映像を上映していたりして少し…

「特別展 国宝鳥獣戯画のすべて」

東京国立博物館で「特別展 国宝鳥獣戯画のすべて」を見てきた。最初の予約が緊急事態宣言で流れてしまってがっかりしていたのだが、今回は見ることができた。全巻が見られるというめったにない機会だったのだが、やはり動物を描いた甲巻がハイライトで大変面…

KING & QUEEN展

上野の森美術館でKING & QUEEN展を見てきた。わりと英国王室の歴史がよくわかる肖像画が来ていて、ナショナル・ポートレイト・ギャラリーの特性が理解できるような展示構成になっている。ひとつ疑問だったのはチャールズ1世妃の名前の表記が「アンリエッタ・…

早稲田大学演劇博物館シェイクスピア講演会+「Inside/Out─映像文化とLGBTQ+」展

早稲田大学演劇博物館 2020年度シェイクスピア祭演劇講座「もしも私が女なら~シェイクスピア劇におけるジェンダーとセクシュアリティ」、オンライン開催でしたが無事終了いたしました。聞いてくださった皆様、どうもありがとうございます。私が機材を忘れる…

横浜トリエンナーレ

横浜トリエンナーレに行ってきた。横浜美術館、プロット48、日本郵船歴史博物館の3つの会場があり、1日でまわってきた。 横浜美術館のホール、ニック・ケイヴの展示 大きなホグウィード 全体的には前の時よりも会場を暗くして見るような展示が増えている気が…

アーティゾン美術館+三越英国展

アーティゾン美術館に行ってきた。リニューアルしてからは初めてである。 まずは「ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり」展を見た。この展覧会は撮影できるのだが、けっこう遊び心のある特設展で面白かった。 でっかい…

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」を見てきた。小品だがフェルメールとかゴッホが来ており、ナショナル・ギャラリーの歴史についての解説パネルも充実していてなかなか楽しめた。

スヌーピーミュージアム+ひつじのショーンビレッジ

仕事の関係で南町田グランベリーパークにあるスヌーピーミュージアムに行ってきた。グランベリーパークに行くのは初めてである。新型コロナウイルスが流行り初めて以来、お仕事関係とはいえこんなに遠出したのは本当に久しぶりだ。 snoopymuseum.tokyo 駅の…

練馬区立美術館「ショパン-200年の肖像」展

練馬区立美術館「ショパン-200年の肖像」展を見てきた。日本とポーランドの国交樹立100年記念企画だそうで、開始が延期されていたがやっと緊急事態宣言解除で始まったものである。ショパンの肖像画や手稿、またショパン受容に関する資料などを集めた展覧会…

士別市立博物館

何年ぶりかで士別市立博物館に行ってきた。 地元の史料がいろいろ展示されている。 これは昔の映画館の写真と模型。『七人の侍』が上映されてたようだ。 おひな様の展示。 士別軌道。 博物館の一部として昔の公会堂が保存されている。

「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ―― 線の魔術」

文化村で「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ― 線の魔術」を見てきた。絵じたいは良いものが多かったのだが、パネルの説明が少ないのがあまりよくなかった。広告に使われた絵については、何を売るための絵なのかくらいはパネルに説明を書いておくべきだ…