芝居

あまり一貫性がなく、ちょっと無理が…ニック・エヴァンズ演出『ロミオとジュリエット』(配信)

ニック・エヴァンズ演出、メトカーフ・ゴードン・プロダクションの『ロミオとジュリエット』を配信で見た。 www.youtube.com 先日の『エステラ・スクルージ』同様、グリーンバックでほぼ役者を別撮りし、後で合成したものである。しかしながら、全体的にファ…

50分くらいの音楽劇~ジョン・カスケン、The Shackled King(配信)

ジョン・カスケンのThe Shackled Kingを研究会メンバー限定の配信で見た。50分ほどの音楽劇で、ジョン・トムリンソンがリア王、ロザンナ・マディルスがコーデリアや道化などを歌うものである。スタジオにある2つの机にリアと手を縄でつながれたコーデリアが…

よくできているが、好きかというと…『テンダーシング-ロミオとジュリエットより-』(ネタバレあり)

ベン・パワーの『テンダーシング-ロミオとジュリエットより-』を見てきた。『ロミオとジュリエット』他シェイクスピアのセリフを組み替えて老夫婦の物語にするというものである。土居裕子と大森博史が老夫婦を演じている。 全部シェイクスピアの台詞だけで…

50年代頃のイタリアが舞台の楽しいプロダクション~ウィーン国立歌劇場『チェネレントラ』(配信)

ウィーン国立歌劇場の『チェネレントラ』を配信で見た。スヴェン=エリク・べヒトルフ演出、ジャン=クリストフ・スピノジ指揮で、2018年2月22日に上演されたものである。 舞台は「サン・ソーニョ」というヨーロッパの小国らしいのだが、50年代くらいのイタ…

ヨコハマ学生演劇祭2020第1日目(配信)

ヨコハマ学生演劇祭2020の第1日目を配信で見た。演目は芝居の最もアツい場所『猛菌芝居 女優殺幕間煉獄』、枯井戸企画『a closed room〜W シェイクスピア『テンペスト』へ〜』、明治学院大学演劇研究部 『朝の作り方』だった。 ystf-web.jimdosite.com 正直…

キャストを一部変更しての再演~シアターコクーン『フェードル』(配信)

栗山民也演出、シアターコクーンの『フェードル』を有料配信で見た。2017年の上演をキャストを一部変更して再演したものである。 www.phedre.jp 全体的には2017年のものとそこまで大きく印象は変わらなかったのだが、イッポリットが林遣都になったのはかなり…

かわいいブロマンスの終わらせ方~アルメイダ、Hymn(配信、ネタバレあり)

アルメイダが無観客配信したHymnを見た。ロリータ・チャクラバルティによる二人芝居である。チャクラバルティの夫であるエイドリアン・レスターがギルバート、ダニー・サパニがベニーを演じている。 almeida.co.uk 葬儀の弔辞に始まり、別の葬儀の弔辞で終わ…

イモが活躍するブラックな諷刺コメディ~『喜劇「人類館」』(配信)

『喜劇「人類館」』を配信で見た。知念正真作の1976年の作品で、岸田賞もとっているものである。上江洲朝男演出で、無観客上演になってしまったものを21日まで無料配信している。ダブルキャストで複数バージョンがあり、とりあえず第一演を見てみた。 www.yo…

キャラが立った楽しい上演~ウィーン国立歌劇場『フィガロの結婚』(配信)

ウィーン国立歌劇場による『フィガロの結婚』の配信を見た。2021年2月4日に無観客で上演されたばかりの公演の録画らしい。指揮者はフィリップ・ジョルダンで、演出はジャン=ピエール・ポネルによるものである。 以前に配信でポネルの『チェネレントラ』を見…

やや演出に疑問~ウィーン国立歌劇場『皇帝ティートの慈悲』(配信)

ウィーン国立歌劇場の配信でモーツァルトのオペラ『皇帝ティートの慈悲』を見た。2016年4月4日の上演を録画したものである。演出家はユルゲン・フリム、指揮者はアダム・フィッシャーである。 ローマの皇帝ティートをめぐるいざこざを描いた作品である。ティ…

終盤にかけて失速したような…ITA『ローマ悲劇』(配信)

イヴォ・ヴァン・ホーヴェ演出、ITAの『ローマ悲劇』を配信で見た。新型コロナがなければ来日していたはずの演目である。2007年に作られた作品で、シェイクスピアの『コリオレイナス』、『ジュリアス・シーザー』、『アントニーとクレオパトラ』をまとめて6…

ちょっとつけヒゲが…東京ノーヴイ『ワーニャ伯父さん』(配信)

東京ノーヴのスタニスラフスキーアカデミー7期生による『ワーニャ伯父さん』を配信で見た。下北沢演劇祭の一環としてオンライン配信されたものである。 www.tokyo-novyi.com ものすごくゆっくりした正攻法のチェーホフなのだが、上演予定時間3時間45分という…

語られないもの~福島三部作第三部『2011年:語られたがる言葉たち』(配信)

福島三部作第三部『2011年:語られたがる言葉たち』を配信で見た。 www.tpam.or.jp 2011年3月11日の大地震から始まり、震災による原発事故で避難した人たちを取材する福島のテレビ局の様子を描くことで、語るべきだが非常に語りにくい震災と原発事故の被害、…

犬以外に救いがない~福島三部作第二部『1986年:メビウスの輪』(配信)

福島三部作第二部『1986年:メビウスの輪』を配信で見た。 www.tpam.or.jp 視点人物、というか視点動物として穂積家の老犬であるモモ(百花亜希)が出てくるのだが、モモは最初のところで死んでしまい、霊的な存在としてその後の展開を見守るようになる。お…

原発というマッチョな「意識の高さ」~福島三部作第一部『1961年:夜に昇る太陽』(配信)

DULL-COLORED POPによる福島三部作第一部『1961年:夜に昇る太陽』をTPAMの配信で見た。福島県出身の谷賢一が福島県双葉町の原発を主題に作った大作の一作目である。初演時は私は都内にいなくて見られなかったのだが、待望の再演ということで、今回、配信で…

モーツァルトの音楽を使った抱腹絶倒のCovidコメディオペラ~フィンランド国立オペラ、Covid Fan Tutte(配信)

フィンランド国立オペラによるCovid Fan Tutteを配信で見た。2020年8月に初演された『コジ・ファン・トゥッテ』の翻案で、音楽は少しだけワーグナーなどが使われている以外はほぼモーツァルトである。指揮者のエサ=ペッカ・サロネンと、有名なワーグナーソ…

ピアチェンツァ市立劇場『アチ、ガラテアとポリフェモ』(配信)

ピアチェンツァ市立劇場による『アチ、ガラテアとポリフェモ』の公演を配信で見た。2020年11月15日に上演されたものである。指揮とチェンバロがルカ・グリエルミ、演出はジャンマリア・アリベルタである。ヘンデルが1708年に作ったイタリア語のカンタータで…

私向けのイモではなかった~『アーリントン』

KAAT神奈川芸術劇場でエンダ・ウォルシュの『アーリントン』を見てきた。 www.kaat.jp ダンスや音楽を組み込んだウォルシュっぽい不条理なディストピアものなのだが、正直、私が考える「機嫌の悪い時のウォルシュ」の典型で、どこで笑えばいいのか全然わから…

大変シリアスでタイムリーな作品~東京芸術劇場『パレード』(ネタバレあり)

東京芸術劇場でミュージカル『パレード』を見てきた。キャストが新型コロナウイルス感染症になるなどいろいろ大変なことになっていた舞台だが、とりあえず開演している。史実を扱ったもので、1910年代にアメリカ南部のジョージア州で起きたレオ・フランクの…

50年代が舞台の楽しいプロダクション~ストラトフォードフェスティバル『ウィンザーの陽気な女房たち』(配信)

ストラトフォードフェスティバルの『ウィンザーの陽気な女房たち』を配信で見た。アントニ・チモリーノ演出の2019年の上演を記録したものである。 www.youtube.com 大変カラフルな1950年代風のインテリアが特徴である。フォード夫人(ソフィア・ウォーカー)…

すっきりしない現実的な終わり方~『ザ・空気 ver. 3 そして彼は去った…』

東京芸術劇場で永井愛の新作『ザ・空気 ver. 3 そして彼は去った…』を見てきた。これまで『ザ・空気』シリーズを見ておらず、初めてである。 www.nitosha.net テレビ局が舞台で、時期はほぼ今、新型コロナウイルスが流行っている最中という設定である。政府…

庭と国家~『ハンサード』(NTライヴ)

ナショナル・シアター・ライヴで『ハンサード』を見てきた。サイモン・ウッズ作、サイモン・ゴドウィン演出で、2019年の公演である。 www.youtube.com 1988年、サッチャー政権下のイギリスのコッツウォルズが舞台である。保守党の議員であるロビン(アレック…

最後が怖い~ウィーン国立歌劇場『ルル』(配信)

ウィーン国立歌劇場の配信でベルクの『ルル』を見た。2017年の上演で、インゴ・メッツマッハー指揮、ウィリー・デッカー演出のものである。 play.wiener-staatsoper.at 基本的に一種類のセットで展開する話で、弧の形の壁の中で話しが展開する一方、その後ろ…

正攻法の豪華なヘンデル~『ロデリンダ』(配信)

METの配信でヘンデル『ロデリンダ』を見た。2011年に上演されたものの映像である。スティーヴン・ワズワースが演出、ハリー・ビケットが指揮をつとめている。 www.metopera.org ロデリンダ(ルネ・フレミング)はロンバルディアとミラノの王妃だが、夫のベル…

好みの問題だが、衣装が…コーミッシュ・オーパー・ベルリン『サンドリヨン』(配信)

コーミッシュ・オーパー・ベルリンの『サンドリヨン』を配信で見た。マスネのオペラである。ダミアーノ・ミキエレット演出、ヘンリク・ナサシ指揮によるもので、2016年に上演されたプロダクションの映像である。 www.youtube.com かなり現代風な演出で、舞台…

ちょっと余分なものを足しすぎでは?ブラックアイド劇場『ジキル博士とハイド氏の奇妙な事件』

ブラックアイド劇場の有料配信で『ジキル博士とハイド氏の奇妙な事件』(The Strange Case Of Doctor Jekyll & Mr. Hyde)を見た。言わずと知れたロバート・ルイス・スティーヴンソンの古典をニック・レインが翻案し、演出もつとめている。こちらは2020年9月に…

セックスの拒否と芸術~『マシュー・ボーン IN CINEMA/赤い靴』(試写、ネタバレ注意)

『マシュー・ボーン IN CINEMA/赤い靴』を試写で見てきた。こちらは昨年、公演が来日予定だったが新型コロナウイルスで上演中止になり、映像のほうが先に日本公開となった作品である。 www.youtube.com お話は有名なバレエ映画である『赤い靴』に沿ったもの…

いったいどういう作品だったのだろうか…RSC、Swingin' the Dream(配信)

ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーが有料で配信しているSwingin' the Dreamを見た。これは1939年に豪華メンバーで制作されたブロードウェイミュージカルで、『夏の夜の夢』のジャズ版だったらしい。ほとんど資料が残っていないのだが、今わかっているも…

ドナルド・トランプ時代のシェイクスピア~Kings of War (配信)

ITAの配信でKings of Warを見た。イヴォ・ヴァン・ホーヴェ演出でシェイクスピアの『ヘンリー五世』(ただし最初にプロローグみたいな感じで『ヘンリー四世』第二部の最後の切れっ端部分が入る)+薔薇戦争サイクルを4時間半くらいで上演するものである。ア…

音楽はいいが、少し演出が地味かも~コーミッシュ・オーパー・ベルリン『セメレ』(配信)

コーミッシュ・オーパー・ベルリンによるヘンデル『セメレ』の上演を配信で見た。コンラート・ユングヘーネル指揮、バリー・コスキ演出で、2018年の上演を撮影したものらしい。台本は英語で、有名な王政復古期の劇作家であるウィリアム・コングリーヴによる…