ジェンダー

立教大学第83回ジェンダーセッション「ウィキペディアとジェンダー」のお知らせ

6/29の夜18:30より、立教大学主催の第83回ジェンダーセッションにて「ウィキペディアとジェンダー」のお話をいたします。オンライン講義で、予約をすれば誰でも参加できます。極めて入門的なもので、今までいろんなところでしてきた話を少々アップデートした…

第16回ジェンダー史勉強会で発表します

2021年6月28日18時よりオンラインで実施される第16回ジェンダー史勉強会にて、「初めて人前で話した女性たちーー近世イングランドにおける説教する女性と女優」という発表をします。王政復古期のイングランド演劇に初めて出演するようになったプロの女優と、…

ふぇみ・ゼミでのウィキペディア講義が無事終わりました

ふぇみ・ゼミでのオンライン講義「ウィキペディアにひそむジェンダーバイアス」が無事終わりました。お呼び頂き、大感謝です。今回はデモ記事としてフレンドシップ・ブレスレットを作りました。 ja.wikipedia.org

今月のwezzy連載は女性史関係の絵本の時代考証チェックです

今月のwezzyの連載が出ました。『コンヴァージェンス・カルチャー』の刊行関連企画と、新学期その他で多忙だったため3回休載していましたが、復活しました。絵本には時代考証があやしいものも多いのですが、今回はとくに女性史関連絵本をとりあげて時代考証…

アート+フェミニズムの記事としてウィキペディアに「マドレーヌ・フランソワーズ・バスポルト」を作りました

国際女性デーのアート+フェミニズムの記事として、ウィキペディアに「マドレーヌ・フランソワーズ・バスポルト」を作りました。18世紀フランスの植物画家で、王立植物園付きの絵師、リンネやビュフォンの知り合いです。 ja.wikipedia.org

毎日新聞の国際女性デー関連のウィキペディア記事にコメントしました

毎日新聞の国際女性デー関連のウィキペディア記事にコメントしました。 mainichi.jp

アート+フェミニズムの一環として「ソニア・ボイス」の記事をウィキペディアに作成しました

本日はアート+フェミニズムのエディタソンを実施しており、私は散発的に仕事があって参加できないのですが記事だけでも…と思ってとりあえずソニア・ボイスを作りました。イギリスのカリブ系の現代アーティストで、マンチェスター市立美術館の「ヒュラスとニ…

エトセトラブックスに行ってきた

新代田に新しくできた、フェミニズムにかかわる本を集めた書店であるエトセトラブックスに行ってきた。小さいお店だが品揃えは悪くなく、また行きたい。木・金・土 の12-20時しかやってないので、そこは注意である。 お店の前の様子 etcbooks.co.jp

今月のwezzyの連載は英語のジェンダー関連本紹介です

今月のwezzyの連載記事は、今年翻訳が期待される英語のジェンダー関連本紹介です。比較的一般向けのものを3冊、紹介しました。 wezz-y.com

男女共同参画センター横浜で実施された「ジェンダーとメディア表現」イベントが無事終わりました

男女共同参画センター横浜で実施された「ジェンダーとメディア表現」イベントが無事終わりました。企画を立案された男女共同参画センターと明治学院大学の学生の皆様、登壇者の三島あずささん、お越しくださった方々、どうもありがとうございます。私のほう…

これは地方の市民演劇のお手本になるのでは~パイロット劇場Everything Is Possible: The York Suffragettes (配信)

ヨークのパイロット劇場が配信しているEverything Is Possible: The York Suffragettes (『なんでもできる~ヨークのサフラジェットたち』)を見た。ブリジット・フォアマンの戯曲で、2017年のプロダクションである。演出はジュリエット・フォスターとケイテ…

国際女性デーに[[フィリス・ホイートリー]]のウィキペディア記事を作りました

国際女性デーなので、神奈川のオンラインウィキギャップの一環としてフィリス・ホイートリーの記事をウィキペディアに作りました。アフリカ系アメリカ人女性として初めて詩集を出版した18世紀の詩人です。 ja.wikipedia.org

東久留米市役所でのイベントでウィキペディアの話をします

2月29日に東久留米市役所のイベントでウィキペディアとジェンダーのお話をします。実際に編集するワークショップとかではなく、講演になる予定です。 www.city.higashikurume.lg.jp

『現代思想』3月臨時創刊号のフェミニズム特集に寄稿しています

『現代思想』3月臨時創刊号のフェミニズム特集に寄稿しています。「波を読む――第四波フェミニズムと大衆文化」というタイトルで、第四波フェミニズムを中心に、フェミニズムの歴史とカルチャーみたいな話をしています。先行研究のざっくりしたまとめで、あま…

献血ポスター問題について

ここ3週間近く議論が続いている『宇崎ちゃんは遊びたい!』献血ポスターについて、このようなtogetterまとめが投稿されました。 togetter.com これは吉峯耕平弁護士が私と行った議論をまとめたセルフまとめです。セルフまとめで相手の議論について「saebou先…

9月29日にWikiGapイベントが行われます

9月29日に在日スウェーデン大使館により、日本で初めてWikiGapイベントが行われます。女性の記事を書くエディタソンイベントです。支援に入る予定ですので、よろしくお願い申し上げます。 wikigap.jp

『アフター6ジャンクション』の「英語圏のボーイズ・ラブ、【スラッシュ・カルチャー】入門」補足(文献情報など)

昨日の『アフター6ジャンクション』で「英語圏のボーイズ・ラブ、【スラッシュ・カルチャー】入門」を聞いて下さった皆様、ありがとうございました。昔から聞いていた宇多丸さんの番組に出られるなんて、本当に光栄でした(しかも『アフター6ジャンクション』…

GQウェブサイトに国際女性デーのブックガイドを掲載しました

GQに国際女性デーのブックガイドを寄稿しました。簡単に女性史やフェミニズムについて知ることができそうで、かつ全部肯定よりは引っかかって考えるきっかけになりそうな本5冊です。 gqjapan.jp

今回の連載は「私は女なのか?~「不完全女性」を認定する」です

今回の連載は「私は女なのか?~「不完全女性」を認定する」です。『侍女の物語』と『リトル・ブリテン』を題材に、トランスフォビアについて書きました。 wezz-y.com

ウィキペディアに[[ホークス的女性像]]の記事を作りました

ホークスについて書いているので、昨日に引き続きホークス的女性像の記事を翻訳でウィキペディアに作りました。ハワード・ホークスの映画に出てくるような、カリスマ的で強気でイケてる女性のことです。 ホークス的女性像 - Wikipedia

新年一発目の記事として[[マニック・ピクシー・ドリーム・ガール]]を作りました

新年一発目の記事としてマニック・ピクシー・ドリーム・ガールの記事を日本語版ウィキペディアに翻訳で作りました。今ちょっとハワード・ホークス関係の調べ物をしているので、そのついでです。 マニック・ピクシー・ドリーム・ガール - Wikipedia

今回の連載はシンデレラについてです

今回の連載では「ディズニーに乗っ取られたシンデレラ~民話の変貌をたどる」と題して、ディズニーが商業化してしまう前のシンデレラには豊かな民話の伝統があったという話をしています。 wezz-y.com 私は大学で民話研究の授業をとるまでディズニーの『シン…

クライマックスが大問題で頭を抱えた~タイプス『リア王』

座・高円寺でタイプス『リア王』を見てきた。オールフィメールの上演である。 オーソドックスな上演で、良いところはたくさんある。グロスターが崖から飛び降りようとするあたりのくだりなどは真に迫った描写とユーモアのバランスが良かったし、全体的に笑う…

講談社サイトにマンスプレイニングについての記事を書きました

講談社サイトの「現代新書」コーナーに「男たちはなぜ「上から目線の説教癖」を指摘されるとうろたえるのか」という記事を書きました。接頭辞としてのman-とか、この言葉の背景とか、わりと歴史的なことが多いです。 gendai.ismedia.jp 説教したがる男たち p…

国際女性デー、アート+フェミニズムウィキペディアエディタソン終了

テンプル大学ジャパンキャンパスで行われた国際女性デーのアート+フェミニズムウィキペディアエディタソンが無事終了しました。英語と日本語によるバイリンガルエディタソンで参加者も多く、アクティヴなウィキペディアンの参加は私ひとりということでかな…

国際女性デー、アート+フェミニズムウィキペディアエディタソンのお知らせ

3/8の国際女性デー11時から18時まで、テンプル大学ジャパンキャンパスにてアート+フェミニズムのウィキペディアエディタソンが行われます。ウィキペディア内にも記事を作りましたが、これはウィキペディアにおけるジェンダーバイアスを是正するために世界中…

帝国とシスターフッド〜パク・チャヌク監督『お嬢さん』(ネタバレ及び猥褻な表現あり)

パク・チャヌク監督作『お嬢さん』を見てきた。これ、原作はサラ・ウォーターズによるヴィクトリア朝を舞台にしたミステリ『荊の城』である。舞台をイギリスから植民地時代の朝鮮半島に移し、結末などもかなり変更している。 1939年の朝鮮半島、ヒロインのス…

『終わらないフェミニズム −「働く」女たちの言葉と欲望』

日本ヴァージニア・ウルフ協会編『終わらないフェミニズム −「働く」女たちの言葉と欲望』(研究社、2016)を読んだ。終わらないフェミニズム −−「働く」女たちの言葉と欲望posted with amazlet at 17.02.17研究社 売り上げランキング: 227,895Amazon.co.jpで…

二級市民には意見を伝える手段すらない〜『サフラジェット』(『未来を花束にして』)

『サフラジェット』(『未来を花束にして』というタイトルだが、全く酷い日本語タイトルである)を見てきた。1912年のロンドンを舞台に、洗濯工場でクズ上司のセクシャルハラスメントに苦しみながら働くモード(キャリー・マリガン)が女性参政権運動に参加する…

これは女性の不条理な人生についての映画である〜『10クローバーフィールド・レーン』(ネタバレあり)

『10クローバーフィールド・レーン』を見た。実は『クローバーフィールド』は見ていない…のだが、『10クローバーフィールド・レーン』は女性の映画として物凄く面白かった。はっきりフェミニストSFといってもいいような作品だったと思う。 主人公は男と別れ…