NTライヴ

「NTLive語る会4弾『英国万歳!』」に参加しました

「NTLive語る会4弾『英国万歳!』」に参加しました。初参加で登壇でしたが、やはり他の人とディスカッションすると自分では気付かないようなところにも気付けて大変面白かったです。 www.ntlive.jp

狂気の時のほうが、人間~NTライヴ『英国万歳!』

NTライヴで『英国万歳!』を見てきた。アラン・ベネットの有名戯曲で、アダム・ペンフォード演出のノッティンガム・プレイハウスでの公演を収録したものだ。 www.youtube.com 実はこれはロンドンで一度見たことがあるのだが、戯曲の構成としてはけっこうゆる…

最高のバケモノ~NTライヴ、イアン・マッケラン主演『リア王』

NTライヴでジョナサン・マンビー演出、イアン・マッケラン演出の『リア王』を見てきた。 www.ntlive.jp 演出は現代的だが、美術や衣装などは完全に21世紀というわけではなく、ちょっとマッケラン版『リチャード三世』を思わせるような戦前風のところもある。…

すごくよくできた上演だが、好みではない~『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』

NTライヴでエドワード・オールビー作、ジェームズ・マクドナルド演出『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』を見てきた。 www.ntlive.jp 舞台は60年代初め頃のニューイングランドの大学町。大学教授のジョージ(コンレス・ヒル)と妻マーサ(イメルダ・スト…

いいところはたくさんあるが、あまり好みではなかった~NTライヴ『マクベス』

NTライヴ『マクベス』を見てきた。ルーファス・ノリス演出で、主演はロリー・キニアとアン=マリー・ダフである。 www.youtube.com セットは内戦で破壊された近未来の都市で、ポストアポカリプス的な混乱状態がイメージされている。ただ、とくに前半部では立…

感情の政治~NTライヴ『ジュリアス・シーザー』

NTライヴの『ジュリアス・シーザー』を見てきた。『ヤング・マルクス』に続き、新しいブリッジ・シアターでの上演を撮影したものである。演出はニコラス・ハイトナーである。 www.youtube.com とにかく面白いのは空間の使い方である。空間の使い方が非常にフ…

ピカイチの革命家、サイテーの夫~NTライヴ『ヤング・マルクス』(ネタバレあり)

ナショナル・シアター・ライヴで『ヤング・マルクス』を見てきた。ニコラス・ハイトナーなどが立ち上げた新劇場ブリッジ・シアターのこけら落とし作品で、リチャード・ビーンとクライヴ・コールマンによる新作である。 www.youtube.com 舞台は1850年のロンド…

ノスタルジアが執着に化ける時~ナショナル・シアター・ライヴ『フォリーズ』

ナショナル・シアター・ライヴで『フォリーズ』を見てきた。タイトルの『フォリーズ』(Follies)は、たくさんのショーガールが出てきて踊るレヴューの「フォリーズ」と、「愚行」の意味のフォリーをかけている。脚本はジェームズ・ゴールドマン、作詞作曲がス…

NTライヴの日本における受容とSNS上のファンカルチャーに関する英語論文を刊行しました

初めてアーデン・シェイクスピアの論文集に寄稿しました。Pascale Aebischer, Susanne Greenhalgh, Laurie Osborne, ed., Shakespeare and the Live Theatre Broadcast Experience (Bloomsbury Arden, 2018)です。寄稿した論文タイトルは"The Curious Incide…

笑いと天才〜NTライヴ『アマデウス』

NTライヴ『アマデウス』を見てきた。今授業でこのテクストを読んでいるのだが、上演を見るのは初めてである。ピーター・シェーファー作の有名戯曲で、マイケル・ロングハースト演出である。神に愛された天才モーツァルトに嫉妬し、あの手この手で追い落とそ…

やさしく、おかしいロゼギル〜NTライヴ『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』

デヴィッド・ルヴォー演出の『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』をNTライヴで見てきた。 ダニエル・ラドクリフがボケ役のローゼンクランツ、ジョシュア・マグワイアがツッコミ役のギルデンスターンである。全体的に非常にコミカルな演出になって…

死を出し抜く〜『エンジェルス・イン・アメリカ第二部 ペレストロイカ』

NTライヴで『エンジェルス・イン・アメリカ第二部 ペレストロイカ』を見てきた。『エンジェルス・イン・アメリカ第一部 至福千年紀が近づく』の完結編である。第一部同様、セットをうまく使った動きのある演出と、役者陣の演技で、重厚なクライマックスへ突…

長い!デカい!面白い!〜『エンジェルス・イン・アメリカ 第一部 至福千年紀が近づく』

NTライヴでトニー・クシュナーの『エンジェルス・イン・アメリカ 第一部 至福千年紀が近づく』を見てきた。言わずと知れた有名作で、マリアン・エリオット演出である。既に一度、日本語で見たことがあるのであらすじなどはそちらで見られる。 「ゲイ・ファン…

妊娠の拒絶〜NTライヴ『ヘッダ・ガーブレル』

ナショナル・シアター・ライヴでイヴォ・ヴァン・ホーヴェ演出『ヘッダ・ガーブレル』を見てきた。 いかにもイヴォ・ヴァン・ホーヴェっぽい白い箱のようなセットでヘッダの家を表現しており、左端には女中さんが常駐しているという変わった空間設定の演出だ…

大がかりな仕込み、徹底的な笑劇〜NTライヴ『一人の男と二人の主人』(ネタバレあり)

NTライヴで『一人の男と二人の主人』を見てきた。ゴルドーニの18世紀の戯曲をリチャード・ビーンが60年代のブライトンを舞台に翻案したもので、演出はニコラス・ハイトナーがつとめている。主演はジェームズ・コーデンである。 主人公のフランシス(ジェーム…

シャープな美術と女性同士の友情が見どころ〜NTライヴ『お気に召すまま』

NTライヴ『お気に召すまま』を見てきた。演出は『宝島』と同じポリー・フィンドリーだ。 とにかく美術が非常に野心的で、宮廷は新公爵にこき使われている人々があくせく働く現代のオフィスだ。このオフィスは色鮮やかで盆栽みたいな植木が飾られているのだが…

素面の人が誰もいない国でつるみたがる男たち〜NTライヴ『誰もいない国』

NTライヴでイアン・マッケランとパトリック・スチュワート主演『誰もいない国』を見てきた。ハロルド・ピンターが70年代に発表した芝居の再演で、ショーン・マサイアス演出。字幕は喜志哲雄訳を使っており、ちょっと誤字があったがたしかに上演向けにこなれ…

「ナショナル・シアター・ライヴ」の記事を作りました

「ナショナル・シアター・ライヴ」の記事を翻訳で作りました。今、これについての論文を準備しているところです。

大変よくできているが、あまり好みではなかった〜NTライブ『深く青い海』

テレンス・ラティガンの『深く青い海』を見てきた。演出はキャリー・クラックネルで、既に一度、クラックネルが演出した『人形の家』を見たことある。 舞台は戦後のロンドン。ヒロインのヘスター(ヘレン・マックロリー)は夫のウィリアムから離れてテストパイ…

ブラックユーモアあふれるパブ劇〜NTライブ『ハングメン』

ナショナル・シアター・ライヴ『ハングメン』を見てきた。マーティン・マクドナーの芝居で、マシュー・ダンスターが演出を担当している。ロイヤル・コート劇場で初演された後、ウィンダム劇場に移った。 絞首刑が廃止されることになった60年代はじめ、イギリ…

NTライブ再上映『ジ・オーディエンス』

スティーヴン・ダルドリー演出、ピーター・モーガン作、ヘレン・ミレン主演『ジ・オーディエンス』を見てきた。既に一度生で見ていてあまり感想は変わらないのだが、まあ何度見てもよくできた政治劇だったと思う。途中でエリザベス二世の年齢のうつりかわり…

科学、倫理、情熱〜NTライブ『ハード・プロブレム』(ネタバレあり)

NTライブで『ハード・プロブレム』を見てきた。トム・ストッパードの新作で、ニコラス・ハイトナーが演出している。ストッパードが『アルカディア』に続いて科学を題材としてとりあげた作品である。 ヒロインのヒラリー(オリヴィア・ヴィノール)は意識はどこ…

エドワーディアンではないショー〜NTライブ『人と超人』(ネタバレあり)

NTライブの『人と超人』を見てきた。バーナード・ショーの有名な戯曲で、サイモン・ゴドウィン演出、レイフ・ファインズとインディラ・ヴァルマ(『ゲーム・オブ・スローンズ』のエラリア・サンド)主演である。 基本的には革命思想家で独身主義者の男ジャック…

父の抑圧とギリシア悲劇〜NTライヴ『橋からの眺め』(ネタバレと字幕解釈あり)

NTライヴで『橋からの眺め』を見てきた。アーサー・ミラーが1950年代に書いた芝居で、イヴォ・ヴァン・ホーヴェ演出、マーク・ストロング主演である。 舞台は50年代のブルックリンの波止場の近くに住んでいるシチリア系の一家。家長で波止場の労働者であるエ…

とてもよくできたお芝居、ではあるのだが…『夜中に犬に起こった奇妙な事件』(ネタバレあり)

NTライヴで『夜中に犬に起こった奇妙な事件』を見てきた。マーク・ハッドン原作の小説の舞台化で、15歳の自閉症の少年クリストファーが、ご近所で起こった犬殺害事件を調査することでいろいろなトラブルを暴いてしまい…という内容である。全体としてはクリス…

NTライヴ版、ベネディクト・カンバーバッチ主演『ハムレット』

去年、バービカンシアターで生で見てきたベネディクト・カンバーバッチ主演『ハムレット』をNTライヴで見てきた。 基本的には以前にレビューで書いた感想とそうは変わらないのだが、字幕には相変わらず誤字脱字があった。ただ、「こっちのほうがよかったかも…

全てに必然性のある圧倒的残虐〜サム・メンデス演出、NTライヴ『リア王』(演出ネタバレあり)

NTライヴで『リア王』を見てきた。これ、ライヴでロンドンで見ようとしたらチケットが一瞬で売り切れて行けず、前回の上映の時には在英中で…ということで今回ようやく見ることができたのだが、とにかく素晴らしい上演だった。 演出はサム・メンデス、リア王…

女の子にも冒険が必要だ〜ナショナル・シアター・ライブ『宝島』

ナショナル・シアター・ライブの『宝島』(Treasure Island)を見てきた。言わずと知れたロバート・ルイス・スティーヴンソンの作品の舞台化で、ブライオニー・ラヴェリー台本、ポリー・フィンドレー演出で昨年末から今年の初めに初演されたものである。 この…

クロースアップの罠〜ナショナル・シアター・ライブ『スカイライト』

ナショナル・シアター・ライブの『スカイライト』を見てきた。これはデイヴィッド・ヘアーの1995年の戯曲の再演で、スティーヴン・ダルドリーが演出をつとめている。初演でも主演をつとめたビル・ナイが再び主役を演じ、相手役はキャリー・マリガン。 キャリ…

これはクィアな悲劇か?〜ナショナル・シアター・ライブ『二十日鼠と人間』

ナショナル・シアター・ライブ『二十日鼠と人間』を吉祥寺オデオンで出てきた。なぜかブロードウェイで上演された作品である。主演は今をときめくクリス・オダウドとジェームズ・フランコ、演出はアンナ・D・シャピロで、スタインベックが自分の小説を戯曲化…