シェイクスピア

全部を丸く終わらせる~言葉のアリア『から騒ぎ』

言葉のアリアによる『から騒ぎ』を見てきた。佐々木雄太郎演出で、劇場MOMOで上演されたものである。 全体的に和解や調和を強調する柔らかめの演出である。ベネディック(シミズアスナ)もクローディオ(鈴原紗央)も女優が演じているが男性という設定で、一…

アフリカの国が舞台の見応えある演出~セントルイスシェイクスピア祭『リア王』(配信)

セントルイスシェイクスピア祭の『リア王』を配信で見た。演出はカール・コーフィールドによるものである。野外上演を撮影したものである。 stlshakes.org 舞台は北アフリカのどこかの国という設定で、キャストはだいたい非白人である(ただ、設定が北アフリ…

内容は悪くないが、撮影が…鄧樹榮演出『マクベス』(配信)

世界シェイクスピア大会の配信で鄧樹榮演出の『マクベス』を見た。2019年の香港のプロダクションである。広東語で英語字幕がつく(最後のQ&Aは字幕がないので見られなかった)。 箱のような背景幕だけがあるシンプルなセットで展開する物語である。一応、現…

ハムレットを出す必要あるのか…?『オフィーリア』(配信)

世界シェイクスピア大会の配信で『オフィーリア』を見た。シンガポールで2016年に行われた上演で、ナタリー・ヘネディゲとミシェル・タン作、演出もヘネディゲがつとめている。『ハムレット』の翻案である。 プールみたいなセットにプール監視員用の椅子があ…

ツボを押さえた笑える上演~二期会『ファルスタッフ』

二期会『ファルスタッフ』を見てきた。レオナルド・シーニ指揮、演出・衣裳が ロラン・ペリーによる上演である。これまた初日が新型コロナウイルスのせいで中止になって上演できるのか…と思っていたが、無事行われた。 舞台設定は20世紀(1960-70年代くらい…

世界シェイクスピア大会の発表が終わりました

世界シェイクスピア大会のセミナー"Seminar 25: Shakespeare in-between Translation and Adaptation"での発表"Why Should George Lucas Fall in Love? From Shakespeare’s Biography to Star Wars"が無事終了しました。大会はまだプレカンファレンスなので…

こなれた再演~『ウィルを待ちながら インターナショナル・ヴァージョン』

『ウィルを待ちながら インターナショナル・ヴァージョン』を見た。2018年初演なのだが、今回の上演はシビウ国際演劇祭参加を見込んだ改訂版で、英語のセリフなどもある。前回見た時はとてもよくできていると思った一方でわりと苦手なところもあったのだが、…

となりのトトロぬいぐるみも出演~グローブ座『ロミオとジュリエット』(配信)

グローブ座『ロミオとジュリエット』を有料配信で見た。Ola Inceによる演出で、グローブ座が久しぶりに実施するお客さんを入れて行う上演の一環…なのだが、なんとティボルト役が隔離になってしまったそうで代役だった。イギリス時間で夜の公演しかライヴ配信…

小規模なリーディング~『3人ぐらいdeシェイクスピア「マクベス」』(配信)

『3人ぐらいdeシェイクスピア「マクベス」』を配信で見た。3人+リュートだけでやるリーディング公演である。お芝居好きの夫婦と家政婦3人でやるアマチュア演劇という設定なのだが、この設定が要るのかはあんまりよくわからなかった。リュートの生演奏がある…

世界シェイクスピア大会にて『恋におちたジョージ・ルーカス』についての発表をします

世界シェイクスピア大会にて"Shakespeare in-between Translation and Adaptation"セミナーで『恋におちたジョージ・ルーカス』についての発表をします。今回の世界シェイクスピア学会はオンライン開催で、地球上のあらゆるタイムゾーンから参加者が来るため…

博物館のセットは…?バイエルン国立歌劇場『リア王』(配信)

バイエルン国立歌劇場の『リア王』を配信で見た。2021年5月30日に撮影したもので、クラウス・H・ヘンネベルク台本、アリベルト・ライマン作曲で1978年に初演された作品である。ユッカ=ペッカ・サラステが指揮、クリストフ・マルターラーが演出をつとめてい…

Booklover's Burlesque: To Tease Or Not To Tease (VirtualShakespeareEdition)(配信)

Booklover's Burlesque: To Tease Or Not To Tease (VirtualShakespeareEdition)を有料配信で見た。ポートランドあたりのパフォーマーを中心にシェイクスピアがテーマのバーレスク演目を配信するというものである。 www.eventbrite.com 最初は男性が演じる『…

オンライン講座「『ロミオとジュリエット』の笑いと社会批判」が無事終わりました

朝日カルチャーで実施したオンライン講座「『ロミオとジュリエット』の笑いと社会批判」が無事終わりました。お越しくださった方々、どうもありがとうございます。申し込まれた方には期間限定アーカイヴもあります。また、一応続編ということで8/20の「『夏…

東京交響楽団パンフレット6月号に寄稿しました

東京交響楽団パンフレットの6月号に寄稿しました。プロコフィエフ『ロミオとジュリエット』のコンサートにあわせて、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』に関する簡単な解説です。書誌情報は以下のとおりです。 北村紗衣「シェイクスピア時代の恋と社…

内容はいいのだが…『テンペスト~はじめて海を泳ぐには』

あうるすぽっとで『テンペスト~はじめて海を泳ぐには』を見てきた。 www.owlspot.jp 日本、イギリス、バングラデシュそれぞれの国からいろいろな障害を有する役者たちが集まって『テンペスト』を作ろうとするが、新型コロナウイルスその他の障害に阻まれて…

とにかく若々しい~『ロミオとジュリエット』(配信)

ミュージカル『ロミオとジュリエット』を配信で見た。ロミオが黒羽麻璃央、ジュリエットが伊原六花の回である。 www.rj-2021.com 先日、宝塚で見たのと同じ演目なのだが、宝塚に比べるとロミオをはじめとする男性陣が圧倒的に理想化されておらず、最初は「同…

8/20に朝日カルチャーで『夏の夜の夢』に関するオンライン講座を実施します

8/20に朝日カルチャーで『夏の夜の夢』に関するオンライン講座を実施します。お気軽にお申し込みください。「シリーズ 異界・幻想・リアル」の一部です。 www.asahiculture.jp 6/18の『ロミオとジュリエット』の講座も受付中です。 www.asahiculture.jp

終盤は素晴らしいが…『フェイクスピア』(ネタバレ注意)

野田秀樹『フェイクスピア』を東京芸術劇場で見てきた。 www.nodamap.com イタコ見習いを50年も続けているアタイ(白石加代子)のところに口寄せ依頼がダブルブッキングとなるところから始まる。謎の箱を持っている何だかよくわからない男モノ(高橋一生)と…

カットしすぎでは?~ドイツ・オペラ・アム・ライン『ロメオとユリア』(配信)

ドイツ・オペラ・アム・ラインのボリス・ブラッハーによるオペラ『ロミオとジュリエット』を配信で見た。そういう作品があること自体全く知らなかったのだが、ブラッハーはバルト・ドイツ人の作曲家で、これは1943年の作品だということだ。今年の3月19日の上…

ブラックユーモアたっぷり、オールブラックキャストの現代版『ハムレット』~ウィルマ劇場、Fat Ham (配信、ネタバレあり)

ウィルマ劇場が配信しているFat Hamを見た。ジェイムズ・アイムズ作、モーガン・グリーン演出の作品で、オールブラックキャストの『ハムレット』現代版翻案である。 wilmatheater.org 設定はデンマークの王室から現代アメリカ南部でバーベキュー店を営む一家…

シンプルな美術のしっかりした上演~ポーランド国立バレエ『ロミオとジュリエット』(配信)

ポーランド国立バレエの『ロミオとジュリエット』を配信で見た。今年の2月27日に上演されたものの映像である。 www.youtube.com 私が見慣れているマクミランのイギリス風のバージョンとはがらりと雰囲気の違う、ヨーロッパ風の『ロミオとジュリエット』であ…

ESRAの「シェイクスピアと音楽」セミナーは6/4開催です

ヨーロッパシェイクスピア協会で私が参加するセッション"Shakespeare and Music:'Where should this music be? I’ th’ air or th’ earth?'"は6/4の15:15-17:15(東ヨーロッパ夏時間)となりました。 esra2021.gr

終わってないもん!~彩の国さいたま芸術劇場『終わりよければすべてよし』

彩の国さいたま芸術劇場で吉田鋼太郎演出『終わりよければすべてよし』を見てきた。彩の国さいたま芸術劇場シェイクスピアシリーズ第37弾である。 horipro-stage.jp ステージ上に赤い花が咲き乱れるセットで、こういうのはけっこう前の芸術監督だった蜷川好…

これならシェイクスピア劇をそのままやったほうが…『アウグストゥス-尊厳ある者-』&『Cool Beast!!』 

宝塚の『アウグストゥス-尊厳ある者-』と『Cool Beast!!』を無観客有料配信で見た。 kageki.hankyu.co.jp 基本的にアウグストゥスこと若きオクタヴィウス(柚香光)のキャリア序盤を描いたものである。カエサル(夏美よう)の独裁官就任からアントニウス(…

ほとんどミュージカルみたいな上演~ストラットフォード・フェスティバル『十二夜』(配信)

ストラットフォード・フェスティバルの配信で『十二夜』を見た。2011年上演の映像で、デス・マカナフ演出のものである。 www.youtube.com 難破船のようなイメージのセットで、衣装はわりと時代劇っぽいところもあるのだが(1920年代風のスーツとかスポーツ用…

ESRAの「シェイクスピアと音楽」セミナーに参加します

ESRA (ヨーロッパシェイクスピア研究協会)のヴァーチャル大会(6/3-6/6)の「シェイクスピアと音楽」セミナーに"Shakes Like Jagger: How the Rolling Stones Handled the Legacy of the Globe Theatre"というペーパーを出します。ローリングストーンズのコン…

劇中劇『十二夜』あり~『青山オペレッタ THE STAGE~ノーヴァ・ステラ/新しい星~』(配信)

『青山オペレッタ THE STAGE~ノーヴァ・ステラ/新しい星~』を配信で見た。青山にある由緒あるオールメールの歌劇団が新人でシェイクスピアの『十二夜』を上演する、という設定の芝居である。前半が新人のオーディションとか、後半が『十二夜』のダイジェ…

正統派の若々しい上演~東京グローブ座『ロミオとジュリエット』

東京グローブ座で森新太郎演出『ロミオとジュリエット』を見た。 www.romeoandjuliet2021.jp 以前に同じ東京グローブ座で森新太郎がやった『ハムレット』同様、全体で3時間以上ある。ふつうの『ロミオとジュリエット』に比べるとかなりカットが少ないのだが…

能舞台の撮影はなかなか難しい~鮭スペアレ『リチャード三世』(配信)

鮭スペアレ『リチャード三世』を配信で見た。坪内逍遥訳『リチャード三世』を能舞台で上演するというものである。全部通しでやるのではなく、一部の場面を抜き出した短い公演である。 syake-speare.com 正直、コンセプトとして示されている「肉体を持たない…

DULL-COLORED POP『マクベス』の劇評が出ました

先月末発行のShakespeare Studies(日本)にDULL-COLORED POP『マクベス』の劇評を書きました。書誌情報は以下のとおりです。 Kitamura Sae, "Dull-Colored Pop's Macbeth, dir. by Kenichi Tani", Shakespeare Studies, 59 (2021): 46 - 48.