シェイクスピア

今回のアルクのミニコラムは関係代名詞についてです

今回のアルクのミニコラムは『夏の夜の夢』をとりあげ、関係代名詞について書きました。 ej.alc.co.jp

本日より早稲田大学演劇博物館シェイクスピア講座の受付開始です

本日より、早稲田大学演劇博物館シェイクスピア講座の受付開始です。10/27の夜にオンライン開催です。予約すれば無料ですので、お気軽にお申し込みください。異性配役などについて話します。 www.waseda.jp 高田馬場経済新聞にも告知記事が出ています。 http…

マーガレット・アトウッド『獄中シェイクスピア劇団』のウェブ+チラシ用解説を書きました

マーガレット・アトウッドの『獄中シェイクスピア劇団』のウェブ+チラシ用解説を書きました。『テンペスト』の翻案で、大変面白いのでとてもオススメです。 note.com 語りなおしシェイクスピア 1 テンペスト 獄中シェイクスピア劇団 (語りなおしシェイクス…

音楽が面白い~Kawai Project 番外編『リア王』リーディング公演

Kawai Project 番外編『リア王』リーディング公演を見てきた。私の指導教員である河合祥一郎先生の新訳・演出によるもので、感染対策もあって一回の公演に15人しか入れないという非常に少人数向けの上演である。 www.kawaiproject.com 『リア王』をそのまま…

大変良い上演だが、相変わらず映像が…ブラックフライアーズ劇場『オセロー』(配信)

ブラックフライアーズ劇場、イーサン・マクスウィーニー演出『オセロー』を見た。有料配信で、数日前に上演されたものである。 americanshakespearecenter.com ルネサンス風の衣装にシンプルなセットを使った正攻法のビジュアルだが、この上演の特徴はキャス…

木に化けるところがよいが、映像クオリティは…ブラックフライアーズ劇場『十二夜』(配信)

ブラックフライアーズ劇場がMarquee TVで有料配信している『十二夜』を見た。ダン・ハッセ演出で、客席はソーシャルディスタンシングし、有料配信もするというやり方で劇場を再開した公演である。こちらも新型コロナウイルス対策だと思うのだが、90分くらい…

参宮橋トランスミッションには行きたくないと思った~『全ての魔女たちへ』

劇団やりたかった『全ての魔女たちへ』を見てきた。シェアハウスを経営しているクローゼットなゲイカップルと、シェアハウスに住んでいる住人たちを中心にしたロマンティックコメディである。 yaritakatta.wixsite.com ウェブページにシェイクスピア風の『お…

早稲田大学の演劇博物館のシェイクスピアイベントがオンラインになりました

対面で実施の予定が延期されていた早稲田大学演劇博物館のシェイクスピアイベントですが、オンライン実施になりました。10/27に実施で、予約を9/16から受け付けます。予約は無料ですので、お気軽にお申し込みください。 www.waseda.jp

延期されていた朝日カルチャー講座を9/18にオンライン開催します

延期になっていた朝日カルチャーの「シェイクスピア劇のヒロインを考える」講座ですが、9/18にオンライン開催となりました。お気軽にお申し込みください。 www.asahiculture.jp

けっこう台本に問題があると思う~The Secret Love Life of Ophelia (配信)

グリニッジ劇場のThe Secret Love Life of Opheliaを配信で見た。スティーヴン・バーコフの戯曲をジェイムズ・ハドレルが演出したものである。2001年初演だそうだが、このバージョンはオフィーリアとハムレットのやりとりを全てビデオメッセージにするという…

演出がかなり苦手~オランダ国立オペラ『ムツェンスク郡のマクベス夫人』(配信)

オランダ国立オペラの『ムツェンスク郡のマクベス夫人』を配信で見た。2006年の公演で、マルティン・クシェイ演出である。 www.youtube.com 実はこの演目はたぶん私が初めて日本で生で見たオペラ(演出は全く違った)…なのだが、その時の記憶に比べるとけっ…

まあ、普通~ストラトフォード・フェスティヴァル『じゃじゃ馬馴らし』(配信)

ストラトフォード・フェスティヴァル『じゃじゃ馬馴らし』を配信で見た。クリス・エイブラム演出のものである。 www.youtube.com ルネサンス風の衣類でのプロダクションなのだが、原作にある枠をちょっと複雑にしており、酔っ払ったフェスの客が文句をつけて…

猫演出に注目~グラインドボーン『ファルスタッフ』(配信)

グラインドボーンの配信で『ファルスタッフ』を見た。リチャード・ジョーンズ演出、ウラディーミル・ユロフスキ指揮のプロダクションである。 www.glyndebourne.com 1940年代の第二次世界大戦直後くらいのウィンザーが舞台という設定で、かなり作り込んだセ…

田中兆子『劇団42歳♂』文庫版の解説を書きました

田中兆子さんの『劇団42歳♂』が文庫化されるにあたり、解説を書きました。『オセロー』をオールメールで上演するカンパニーのお話で、シェイクスピアなどなどについて書いています。 劇団42歳♂ (双葉文庫) 作者:田中兆子 発売日: 2020/08/06 メディア: Kindl…

あわれヨリック、墓場がほぼ全面カット~座・高円寺2『ハムレット』

座・高円寺2でREBORNプロデュース『ハムレット』を見てきた。正直、かなりパッとしない上演だった。 ほとんど何もないシンプルな舞台で、影をうまく使ったカラフルな照明はよい…のだが、テキレジがとにかく全然ダメである。2時間にカットしたスピード感のあ…

手堅い演出だが、撮り方は昔風~メトロポリタンオペラ『ファルスタッフ』(配信)

メトロポリタンオペラの配信で『ファルスタッフ』を見た。フランコ・ゼフィレッリ演出、ジェームズ・レヴァイン指揮による1992年の上演である。かなり長い間にわたって再演されていたロングセラー演出を記録したものらしい。 www.metopera.org セットや衣装…

星のめぐり~メトロポリタンオペラ『ロミオとジュリエット』(配信)

メトロポリタンオペラ『ロミオとジュリエット』を配信で見た。ギイ・ヨーステン演出、プラシド・ドミンゴ指揮による2007年の上演で、再演らしい。2017年に日本で上映されたMETライブビューイングのバージョンとは全く違うものである。 www.metopera.org 全体…

音楽がいっぱいの楽しいプロダクション~オレゴン・シェイクスピア・フェスティヴァル『夏の夜の夢』(配信)

オレゴン・シェイクスピア・フェスティヴァル『夏の夜の夢』を配信で見た。ジョゼフ・ハジ演出で、2020年の初めの上演らしい。有料で、22日まで見られる。 vimeo.com セットは両側にスケートボードをする時に使うみたいなスロープがあり、後方には大きなアー…

Shakespeare Bulletinに彩の国シェイクスピア・シリーズ『ヘンリー五世』劇評を寄稿しました

ジョンズ・ホプキンズ大学が出しているシェイクスピアの専門雑誌Shakespeare Bulletinに彩の国シェイクスピア・シリーズ『ヘンリー五世』劇評を寄稿しました。書誌情報は以下のとおりです。本当は2019年秋号なのですが、めちゃめちゃ刊行が遅れました。 Kita…

『yom yom』vol.63、2020年8月号に連載2回目が出ました

『yom yom』vol.63、2020年8月号にミニ連載「結婚というタフなビジネス」2回目が出ました。書誌情報は以下のとおりです。『ロミオとジュリエット』とかのことを書いています。 北村紗衣「結婚というタフなビジネス(2)シェイクスピア劇のカップルたち」『yom …

ダイアナの思し召し~ストラトフォード・フェスティヴァル『ペリクリーズ』(配信)

ストラトフォード・フェスティヴァルの『ペリクリーズ』を配信で見た。スコット・ウェントワース演出で2015年の上演である。 www.youtube.com 『ペリクリーズ』はあんまり上演されない芝居で、私の記憶ではおそらくライヴの舞台では2回しか見たことがなかっ…

マジックの芝居~フォルジャー・シェイクスピア図書館『マクベス』(配信)

フォルジャー・シェイクスピア図書館の『マクベス』を配信で見た。アーロン・ポズナーと、マジシャンのデュオであるペン&テラーのテラーが演出したプロダクションである。2008年の上演で、かなり画質が悪く、ちょっとわかりづらいところがあるのが残念だ。 w…

子役がすごくうまい~ストラトフォード・フェスティヴァル『恋の骨折り損』(配信)

ストラトフォード・フェスティヴァル『恋の骨折り損』を配信で見た。ジョン・ケアード演出で、2015年のプロダクションらしい。 www.youtube.com 『恋の骨折り損』はもともとシェイクスピア劇の中ではそんなに人気がないというか、初期の作品で流行りにそって…

ロシアの現代政治~チーク・バイ・ジョウル&モスクワプーシキン劇場『尺には尺を』(配信)

チーク・バイ・ジョウルとモスクワプーシキン劇場『尺には尺を』をシビウ国際芸術祭の配信で見た。デクラン・ドネラン演出なのだが全部ロシア語で、英語の字幕がつく。2013年の上演である。 www.sibfest.ro 完全に現代のロシア政治を背景にした上演である。…

コンクリートの陰鬱なセットと現代政治~ウィーン国立歌劇場『マクベス』(配信)

ウィーン国立歌劇場『マクベス』を配信で見た。2019年5月14日に上演されたもので、指揮はジェームズ・コンロン、演出はクリスティアン・レートである。 www.staatsoperlive.com 舞台は完全に現代で、灰色のコンクリートの大きなセットに軍服を着た人々が行き…

ちょっとセットに凝りすぎで撮影により見づらいところも~ウィーン国立歌劇場『オテロ』(配信)

ウィーン国立歌劇場の配信でヴェルディ『オテロ』を見た。2018年3月18日上演のもので、指揮者はグリーム・ジェンキンズ、演出がクリスティーネ・ミーリッツである。 www.staatsoperlive.com セットがやたら凝っている…というか、別に豪華な家具があるとかで…

非常に正統派の上演~グローブ座『夏の夜の夢』(配信)

グローブ座の『夏の夜の夢』を配信で見た。2013年の上演で、ドミニク・ドロムグール演出のものである。 www.youtube.com 近世風の非常に正統派な感じの演出で、奇をてらったところもほとんどなく、手堅く笑わせるものだ。珍しい工夫としては冒頭にシーシアス…

手堅すぎるような…シビウ国際演劇祭配信、中国国家大劇院『夏の夜の夢』(配信)

シビウ国際演劇祭の配信で中国国家大劇院『夏の夜の夢』を見た。クリス・ホワイト演出で、2016年に上演されたものの映像である。 www.sibfest.ro なんかものすごくいろいろ先行上演を研究してるフシのある美術で、「どっかで見たな…」的要素が多い。たぶんピ…

散らかり気味の台本を面白おかしくまとめた上演~グローブ座『ウィンザーの陽気な女房たち』(配信)

グローブ座の配信で『ウィンザーの陽気な女房たち』を見た。エル・ホワイト演出で2019年に上演されたものである。 www.youtube.com 1930年代頃が舞台という設定で、女性陣はおしゃれなドレスを着ているし、音楽もジャズだ。フォード家もペイジ家もアッパーミ…

登場人物の心象を強調する演出~メトロポリタンオペラ『オテロ』(配信)

メトロポリタンオペラ『オテロ』を配信で見た。バートレット・シャー演出、ヤニック・ネゼ=セガン指揮で、2015年に上演されたものである。アレクサンドルス・アントネンコがオテロを演じており、ブラックフェイスなしのオテロ役ということで話題になったも…