11/6に東京ウィメンズプラザにてウィキギャップイベントを行います

11月5日~6日に行われる東京ウィメンズプラザフォーラムにて、ウィキギャップイベント(女性人物記事を編集するイベント)を組織することになりました。11月6日(日)の9:30より、少人数で行います。参加ご希望の方は必ずこちらから事前登録してください。初…

「2010年以降の日本/日本語のシェイクスピア上演を問う」セミナーが終わりました

シェイクスピア学会の「2010年以降の日本/日本語のシェイクスピア上演を問う」セミナーが無事終了しました。お越しくださった皆様、どうもありがとうございます。どの発表も面白く、質疑応答も盛り上がって、バランスの良いセミナーになったと思います。私…

「ロバート・キャパ セレクト展:もうひとつの顔」

神戸ファッション美術館で「ロバート・キャパ セレクト展:もうひとつの顔」を見てきた。戦争写真はもちろん、著名人を撮ったものとか日本の仏像を撮ったものなどもある。また、コレクション展の「フランス文学が誘う街とファッション-19世紀後期から20世紀…

子どものクィア時間と、母親の救い~『秘密の森の、その向こう』(ネタバレあり)

セリーヌ・シアマ監督の新作『秘密の森の、その向こう』を見てきた。 www.youtube.com お話は8歳のネリー(ジョゼフィーヌ・サンス)のおばあちゃんが亡くなった直後から始まる。ネリーはお母さん(ニナ・ミュリス)とお父さん(ステファン・ヴァルペンヌ)…

わりとオーソドックスなテネシー・ウィリアムズ~『ガラスの動物園』

新国立劇場でイヴォ・ヴァン・ホーヴェ演出『ガラスの動物園』を見た。イザベル・ユペールがアマンダ役という豪華なプロダクションである。劇場もほぼ満席だった。 セットは全体にけばのあるふわっとした茶色い生地で覆われた長方形の部屋である。後ろの壁に…

なんとなく「田舎って怖いなぁ」感が…『LAMB ラム』(ネタバレあり)

ヴァルディミール・ヨハンソン監督の『LAMB ラム』を見てきた。アイスランドが舞台のフォークホラー映画で、脚本に有名な作家のショーンがかかわっている。 www.youtube.com 舞台はアイスランドの人里離れた山奥の牧場である。マリア(ノオミ・ラパス)とイ…

11月3日に猫町倶楽部で新刊の読書会があります

11月3日(木)14:30 〜 18:00に、猫町倶楽部にて『お嬢さんと嘘と男たちのデス・ロード ジェンダー・フェミニズム批評入門』のオンライン読書会が行われることになりました。著者トークもある予定です。お気軽にご参加下さい。 nekomachi-club.com お嬢さん…

日本英文学会中国四国支部第74回大会で発表します

10月22日にオンライン開催される日本英文学会中国四国支部第74回大会で発表します。13時からのシンポジアム「デジタル時代の英語英米文学研究と英語教育――デジタル・ヒューマニティーズの有用性と可能性を考える」で、「ユーザ視点のデジタル・ヒューマニテ…

どうしてバイロンがこうなった…?~ハインリヒ・マルシュナー『吸血鬼』

ハインリヒ・マルシュナー『吸血鬼』を配信で見た。ジョン・ポリドリの『吸血鬼』が原作のオペラである。ハノーファー国立歌劇場が3月25日に上演したもので、Ersan Mondtag演出、Stephan Zilias指揮によるものである。 www.youtube.com 全体的に音楽はロマン…

『クレーヴの奥方』のような…スタジオライフ『トーマの心臓』

スタジオライフ『トーマの心臓』を見てきた。萩尾望都作品(未読)を倉田淳脚本・演出で舞台化したものである。スタジオライフの定番演目だが、今回初めて見た。キャストはレジェンドチームとクールチームがあるが、私が見たのはクールチームのほうだった。 …

映像はすごいが、話は…『アバター:ジェームズ・キャメロン 3Dリマスター』

『アバター:ジェームズ・キャメロン 3Dリマスター』を試写で見た。実は私はこれまで一度も『アバター』を見たことがなく、今回初めて見た(2009年9月からイギリス留学をしていたのだが、2009年後半から2010年初めにかけては留学したてでお金がない上、余裕…

ジョン・スノウ…じゃなかったハル、あんな何にも知らないね~ナショナル・シアター・ライブ『ヘンリー五世』

ナショナル・シアター・ライブの『ヘンリー五世』を見てきた。マックス・ウェブスター演出、キット・ハリントン主演でドンマーウェアハウスで収録されたものである。 www.youtube.com 非常に現代的な演出で、軍人たちは迷彩の軍服を着ているし、戦争も完全に…

どうしても一箇所、解釈違いがあり…日生劇場『夏の夜の夢』

井上尊晶演出『夏の夜の夢』を日生劇場で見てきた。 全体的に階段が多く、そこを森に見立てている。宮殿の場面は真ん中に台を置いてやっている(このため、宮中の場面はちょっと舞台が狭いような印象も受ける)。衣装はけっこう現代風なところもあるが、一部…

『美的』と『北海道新聞』に新刊書評がのりました

雑誌『美的』2022年11月号p. 183に新刊『お嬢さんと嘘と男たちのデス・ロード ジェンダー・フェミニズム批評入門』(文藝春秋、2022)の書評がのりました。 美的(BITEKI) 2022年 11月号 [雑誌] 小学館 Amazon また、『北海道新聞』にも、以前『西日本新聞』…

映画『よだかの片想い』にコメントを書きました

映画『よだかの片想い』に簡単な推薦のコメントを寄せました。 notheroinemovies.com

彩の国さいたま芸術劇場『ヘンリー八世』再演

彩の国さいたま芸術劇場で『ヘンリー八世』の再演を見てきた。2020年に初演を見ているのだが、あまり上演されない演目だし、阿部寛のヘンリー八世は当たり役だと思うし、また去年の5月以来彩の国シェイクスピアがなかったということもあり、また行ってきた。…

「フォークホラーとしての『マクベス』」講座が無事終了しました

朝日カルチャーでのオンライン講座「フォークホラーとしての『マクベス』」が無事終了しました。お越しくださった方々、どうもありがとうございます。『ウィッカーマン』みたいなフォークホラーと『マクベス』の共通点について話しました。 www.asahiculture…

だいぶカットしてすっきりさせている~『ハリー・ポッターと呪いの子』

『ハリー・ポッターと呪いの子』を赤坂ACTシアターで見てきた。英語版は見たことがあり、台本も授業で読んだことがある。イギリスで見た時は二部構成で全部で5時間以上ある大作だったのだが、さすがにそれではキツいということなのか、3時間半くらいで1度休…

『週刊文春』9月22日号「東西大学名物講義」に私の授業のことが載りました

『週刊文春』9月22日号「東西大学名物講義」p. 137に、私が武蔵大学で実施している授業である「インターネット・イングリッシュ」(ウィキペディアの授業)と「イギリス文学ゼミナール」のことが載りました。 週刊文春 2022年9月22日号[雑誌] 文藝春秋 Amazon

彩の国シェイクスピア・シリーズ『ジョン王』勉強会に出ます

彩の国シェイクスピア・シリーズ『ジョン王』勉強会に出ます。全4回でどれも面白そうですが、私は第3回 12/4(日)14:00~15:45に「なぜ私たちは『ジョン王』を見たことないのだろう?〜受容、人気、不人気」という受容についての話をします。私はこの作品に…

ブルゴーニュ地方のワイン作りに関するドキュメンタリー~『ソウル・オブ・ワイン』(試写)

『ソウル・オブ・ワイン』を試写で見た。ブルゴーニュ地方のワイン生産に関するドキュメンタリーである。 私はお酒を飲まないのでワインについては全く知らないのだが、ブルゴーニュ地方のロマネ・コンティをはじめとする伝統的な高級ワインがいかに手をかけ…

イモが大事だ~『デリシュ!』

エリック・ベナール監督『デリシュ!』を見てきた。 www.youtube.com 舞台は1789年のフランスである。新しい食材を取り入れるのに意欲的なマンスロン(グレゴリー・ガドゥボワ)は、まだフランスではあまりなじみのないジャガイモを使ったオリジナルレシピの…

今月の連載は自分の発達障害について書きました

今月の連載は、最近発達障害と診断されたことについて書きました。 wezz-y.com

実は猫映画~『地下室のヘンな穴』(ネタバレあり)

カンタン・デュピュー監督『地下室のヘンな穴』を見てきた。 www.youtube.com 舞台は現代フランスのどこかの郊外である。アラン(アラン・シャバ)とマリー(レア・ドリュッケール)の夫妻は地下室にヘンな穴のある家を買うことにするが、この穴はなぜか家の…

国立西洋美術館「自然と人のダイアローグ」展

国立西洋美術館のリニューアル記念展である「自然と人のダイアローグ」展を見てきた。ドイツのフォルクヴァング美術館の収蔵品と国立西洋美術館の収蔵品を、自然と人をテーマに展示したものである。フリードリヒ、モネ、ゴッホなどひとつひとつの作品はけっ…

『西日本新聞』、『ダ・ヴィンチ』10月号、『週刊金曜日』9月9日号に新刊書評がのりました

『西日本新聞』、『ダ・ヴィンチ』10月号、『週刊金曜日』9月9日号に新刊『お嬢さんと嘘と男たちのデス・ロードージェンダー・フェミニズム批評入門』の書評がのりました。短期間に3本も書評が出てありがたいことです。 www.nishinippon.co.jp ダ・ヴィンチ …

諷刺は辛辣だが、台本はイマイチか~国際ギルバート・アンド・サリヴァン祭『ユートピア有限会社』(配信)

国際ギルバート・アンド・サリヴァン祭による『ユートピア有限会社』を配信で見た。ジェフ・クラークの演出である。これはギルバート・アンド・サリヴァンの演目でもほとんど上演されないもので、国際ギルバート・アンド・サリヴァン祭でも上演されるのは2回…

動きの制限から祝祭へ~『令和X年のオセロー』

吉村元希作・演出、戯曲組『令和X年のオセロー』を見てきた。90分くらいに刈り込んだ『オセロー』の翻案である。シンプルなセットに現代風の衣装で(ただし女性陣はコルセットみたいなものをつけている)、かなりデズデモーナ中心の構成にし、ビアンカ周りの…

おしゃれなのだが、戯曲がそもそも好みじゃないのかも…『8人の女たち』(配信)

ロベール・トマ『8人の女たち』を配信で見た。板垣恭一演出で、サンシャイン劇場で9月3日に撮影されたものである。フランソワ・オゾンの映画版は見たことがあるのだが、舞台は初めて見た。プロダクションの特徴としては、出演者が全員、宝塚出身者の女優であ…

文春オンラインに武田砂鉄さんとのイベントの記事が出ました

文春オンラインに武田砂鉄さんと実施した新刊イベントの記事が出ました。また相撲のラジオ中継の話をしております。 bunshun.jp お嬢さんと嘘と男たちのデス・ロード ジェンダー・フェミニズム批評入門 (文春e-book) 作者:北村 紗衣 文藝春秋 Amazon