音楽

穏やかなビートルズ~『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』(試写)

『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』を試写で見た。カナダのテレビ制作者であるポール・サルツマンが、若い頃にリシケシュのアシュラムでビートルズのメンバーと一緒に過ごした8日間を振り返ったドキュメンタリーである。ナレーションをモーガン…

『マーベル・シネマティック・ユニバース音楽考』に寄稿しました

『マーベル・シネマティック・ユニバース音楽考――映画から聴こえるポップミュージックの意味』にコラムを寄稿しています。書誌情報は以下の通りです。 北村紗衣「My Best Songs in MCU――MCU「あの曲、あの場面」ベスト3」添野知生、高橋芳朗『マーベル・シネ…

『マーベル・シネマティック・ユニバース音楽考』に寄稿しています

添野知生、高橋芳朗『マーベル・シネマティック・ユニバース音楽考 映画から聴こえるポップミュージックの意味』(イーストプレス、2022)に寄稿しています。 マーベル・シネマティック・ユニバース音楽考 映画から聴こえるポップミュージックの意味 作者:添…

神に愛されたアイルランドのしょうもない酔っぱらい~『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』

『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』を見てきた。ポーグスのフロントマンであるシェイン・マガウアンのキャリアについてのドキュメンタリーである。監督は音楽映画の専門家とも言えるジュリアン・テンプルで、最近裁判が終わったばかりのジョニー・デップ…

アニメ版『ベルベット・ゴールドマイン』~『犬王』(ネタバレあり)

湯浅政明監督『犬王』を見てきた。古川日出男の小説『平家物語 犬王の巻』のアニメ映画化である。脚本は野木亜紀子、キャラクター原案を松本大洋、音楽を大友良英がつとめている。 www.youtube.com 南北朝の時代が舞台で、異形の者として生まれたが猿楽の芸…

ウェストコーストのルーツを探して~『エコー・イン・ザ・キャニオン』

『エコー・イン・ザ・キャニオン』を見てきた。 www.youtube.com ローレル・キャニオンの音楽を扱った音楽ドキュメンタリーだが、少し前に公開された『ローレル・キャニオン 夢のウェストコースト・ロック』とは違う映画である。ジェイコブ・ディランがさま…

軍隊社会の女たちの連隊~『シング・ア・ソング! 笑顔を咲かす歌声』

『シング・ア・ソング! 笑顔を咲かす歌声』を見た。ドキュメンタリー番組The Choirをもとに大きく脚色した映画で、多少実話に基づいている。『フル・モンティ』の監督であるピーター・カッタネオ監督作である。 www.youtube.com 2009年、英国のフリットクロ…

アメリカでなかなか売れなかった最初の女性ロックスター~『スージーQ』

スージー・クアトロに関するドキュメンタリー『スージーQ』を見た。 www.youtube.com スージー・クアトロの幅広いキャリアをプレジャー・シーカーズの頃から追うものである。クアトロ姉妹を中心に結成されたデトロイトのプレジャー・シーカーズは女性だけの…

理想の共同体をゆるがす暴力の陰~『ローレル・キャニオン 夢のウェストコースト・ロック』

『ローレル・キャニオン 夢のウェストコースト・ロック』を見てきた。 www.youtube.com 1960年代から70年代にかけて、ロサンゼルスの音楽文化の中心地だったローレル・キャニオンについてのドキュメンタリーである。ロサンゼルスの中心部のすぐ近くにあるの…

女性同士の連帯とリンダの業績~『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』を見た。 www.youtube.com リンダ・ロンシュタットの業績を解説したドキュメンタリーである。リンダ・ロンシュタットというと、美声のみならずキュートで魅力的な恋多き女だったので、下世話な関…

スパークスのすごさがわかるドキュメンタリー~『スパークス・ブラザーズ』

エドガー・ライト監督の音楽ドキュメンタリー『スパークス・ブラザーズ』を見た。ロンとラッセルのメイル兄弟のバンドであるスパークスの来歴を辿ったドキュメンタリーである。 www.youtube.com スパークスはグラムロックの時代から活躍している古株で、もの…

松本(4)鈴木鎮一記念館

松本市の少し北のほうに音楽教育のスズキ・メソードで有名な鈴木鎮一の記念館があるので行ってきた。見た目が完全にただの民家で、なかなか見つかりにくい。スズキイ・メソードがわりと情操教育寄りだからなのか、展示はけっこう故人を称える感じで、そんな…

これがないとただの「史料集」だよね…『ザ・ビートルズ Get Back:ルーフトップ・コンサート』

『ザ・ビートルズ Get Back:ルーフトップ・コンサート』を見てきた。ピーター・ジャクソンによるドキュメンタリー『ザ・ビートルズ:Get Back』のヤマ場であるルーフトップ・コンサートを切り出したものである。 www.youtube.com ディズニーが配信している…

ウェールズの農場にある音楽スタジオのドキュメンタリー~『ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ』

『ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ』を見た。 www.youtube.com 1960年代初め、ウェールズのモンマスシャ、ロックフィールドに住むキングズリーとチャールズのウォード兄弟が、農家の一部をスタジオに改装したことがきっかけで生まれた滞在型スタジオに…

「QUEEN 50周年展 -DON'T STOP ME NOW-」

渋谷の西武でやっている「QUEEN 50周年展 -DON'T STOP ME NOW-」を見てきた。 queen-exhibition.jp 歌詞の原稿とか衣装とか写真、映像資料などいろいろなものが来ていて展示じたいはわりと充実している。ただ、わりと狭い通路で映像を上映していたりして少し…

セットや衣装にも気を配ったしっかりした上演~『カプレーティとモンテッキ』

日生劇場で『カプレーティとモンテッキ』を見てきた。こちらはベッリーニのオペラで『ロミオとジュリエット』と同じお話を原作にしているが、かなり内容も味わいも違う。ライヴ上演ではないが、ジョイス・ディドナートがロメオ役の上演が配信されており、そ…

デヴィッド・ボウイの音楽を使わないボウイの伝記映画を2本作る必要、ある?~『スターダスト』

『スターダスト』を見た。1971年、『世界を売った男』を出したばかりのデヴィッド・ボウイ(ジョニー・フリン)が渡米し、マーキュリー・レコードの広報担当であるロン・オバーマン(マーク・マロン)とプロモーションツアーをする様子を描いた伝記ものであ…

クラシック音楽メディアFreudeに新刊のレビューが載りました

かげはら史帆さんが音楽サイトFreudeで新刊『批評の教室ーチョウのように読み、ハチのように書く』をレビューしてくださいました!クラシック音楽のメディアでとりあげていただけるとは全く思っていなかったので、ビックリです。 freudemedia.com

ブリットポップの束の間の夢~『オアシス:ネブワース1996』

『オアシス:ネブワース1996』を見てきた。 www.youtube.com 1996年にオアシスがネブワースで行った2日間のライヴを撮影したものである。チケットを入手しようとしたファンたちの頑張りから始まり、当時どれだけオアシスが人気があったかのかがわかる構成に…

ウィキペディアに[[ネブワース・ハウス]]の記事を作りました

ウィキペディア日本語版に翻訳でネブワース・ハウスの記事を作りました。もともとはブルワー=リットン家の屋敷ですが、オアシスやクイーンのライヴで有名なコンサート会場です。 ja.wikipedia.org

オルフェウス室内管弦楽団"Orpheus with Caleb Teicher & Company"(配信)

オルフェウス室内管弦楽団のオンライン配信"Orpheus with Caleb Teicher & Company"を見た。50分くらいの短いコンサートを5ドルで有料配信するもので、エイトル・ビラ=ロボスの「ブラジル風バッハ第5番~アリア」、ネイ・ロサウロ「マリンバ協奏曲第1番」(…

東京交響楽団パンフレット6月号に寄稿しました

東京交響楽団パンフレットの6月号に寄稿しました。プロコフィエフ『ロミオとジュリエット』のコンサートにあわせて、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』に関する簡単な解説です。書誌情報は以下のとおりです。 北村紗衣「シェイクスピア時代の恋と社…

自由自在な動きという幻想~『アメリカン・ユートピア』

スパイク・リーがデイヴィッド・バーンのショーを撮った『アメリカン・ユートピア』を見てきた。 www.youtube.com ブロードウェイでの公演を撮ったコンサート映画なのだが、全体的に全くコードをつないでいない楽器を持ったミュージシャンやダンサーたちがお…

今年最初に作ったウィキペディア記事は[[ウェラーマン]]です

今年最初のウィキペディア記事を作りました。TikTokでシーシャンティのブームを起こしたニュージーランドの民謡「ウェラーマン」です。 ja.wikipedia.org

ギャラガー家のポール、音楽業界で一番なりたくない立場だ~『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』

『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』を見てきた。オアシスを辞めてからのリアム・ギャラガーに関するドキュメンタリーである。 www.youtube.com オアシス後のリアムがどうやってどん底から抜け出してキャリアを復活させたかという話である。オアシス…

ジョーンの業績をうまくまとめたドキュメンタリー~『ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション』

『ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション』を見てきた。 www.youtube.com ジョーン・ジェットの業績をたいへんうまくまとめたドキュメンタリーである。ジョーンはけっこうのびのびした環境で育ったが、音楽業界に入ってから性差別の壁にブチあたり、…

擬似家族としてのモータウンとその2人の父~『メイキング・オブ・モータウン』

『メイキング・オブ・モータウン』を見てきた。60年代に一世を風靡したデトロイトのレーベル、モータウンについてのドキュメンタリー映画である。 www.youtube.com 全体としては、まだご存命の関係者を中心にモータウンの歴史を創設から70年代頃まで辿るとい…

若い女性がヒロインだと中年女性の描写がおそろかになってしまう問題~『ワイルド・ローズ』(ネタバレあり)

トム・ハーパー監督『ワイルド・ローズ』を見てきた。 www.youtube.com ヒロインはグラスゴーのカントリー歌手、ローズ=リン(ジェシー・バックリー)である。ローズ=リンは2人子供がいるシングルマザーで、麻薬関連の犯罪で服役しており、刑務所出たてで子…

わざと良い音楽を使わない音楽映画~『ポップスター』

ブラディ・コーベット監督作『ポップスター』を見た。ナタリー・ポートマン主演、音楽はシーアが担当している。 www.youtube.com ヒロインのセレステは14才の時に学校で銃乱射事件の被害にあう。姉のエリーと一緒に制作し、追悼イベントで歌った曲が注目され…

練馬区立美術館「ショパン-200年の肖像」展

練馬区立美術館「ショパン-200年の肖像」展を見てきた。日本とポーランドの国交樹立100年記念企画だそうで、開始が延期されていたがやっと緊急事態宣言解除で始まったものである。ショパンの肖像画や手稿、またショパン受容に関する資料などを集めた展覧会…