オペラ

面白かったが、映画の枠は一切、要らない~『チェネレントラ』

新国立劇場で『チェネレントラ』を見てきた。ロッシーニのオペラで、内容は『シンデレラ』である。配信でずいぶん何回も見たがライヴでは初めて見た。演出は粟國淳、指揮は城谷正博である。 www.nntt.jac.go.jp 歌は良く、とくにヒロインのアンジェリーナ(…

イマーシヴ舞台っぽい演出~バーミンガムオペラ『ムツェンスク郡のマクベス夫人』

バーミンガムオペラ『ムツェンスク郡のマクベス夫人』を見た。指揮がアルペシュ・チャウハン、演出がグレアム・ヴィックによるものである。2019年のプロダクションで、バーミンガムオペラの50周年記念公演だそうだ。 www.youtube.com このオペラはあまり得意…

統一感のある上演~イングリッシュ・ツアーリング・オペラ『ダイドーとイニーアス』(配信)

イングリッシュ・ツアーリング・オペラ『ダイドーとイニーアス』を配信で見た。2018年のハックニーエンパイアでの上演を撮影したものである。ジョナサン・ケニー指揮、セブ・ハークームの演出によるものである。 右側に傾いた暖炉のあるセットは今年の初めに…

ツボを押さえた笑える上演~二期会『ファルスタッフ』

二期会『ファルスタッフ』を見てきた。レオナルド・シーニ指揮、演出・衣裳が ロラン・ペリーによる上演である。これまた初日が新型コロナウイルスのせいで中止になって上演できるのか…と思っていたが、無事行われた。 舞台設定は20世紀(1960-70年代くらい…

とても現代的な演出~新国立劇場『カルメン』

新国立劇場で『カルメン』を見てきた。アレックス・オリエ演出、大野和士指揮によるものである。一部公演が中止になったので心配していたが、無事上演された。 www.nntt.jac.go.jp 完全に現代的な翻案で、セットは金属のパイプの枠組、カルメン(ステファニ…

シンプルな学生舞台~ロイヤル・アカデミー・オペラ『ダイドーとイニーアス』(配信)

ロイヤル・アカデミー・オペラによるパーセルの『ダイドーとイニーアス』配信を見た。 www.youtube.com こちらはロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージックの上演ということで、スタッフと学生が作った舞台である。そのため、歌はわりと良いのだが、舞台装置…

博物館のセットは…?バイエルン国立歌劇場『リア王』(配信)

バイエルン国立歌劇場の『リア王』を配信で見た。2021年5月30日に撮影したもので、クラウス・H・ヘンネベルク台本、アリベルト・ライマン作曲で1978年に初演された作品である。ユッカ=ペッカ・サラステが指揮、クリストフ・マルターラーが演出をつとめてい…

カットしすぎでは?~ドイツ・オペラ・アム・ライン『ロメオとユリア』(配信)

ドイツ・オペラ・アム・ラインのボリス・ブラッハーによるオペラ『ロミオとジュリエット』を配信で見た。そういう作品があること自体全く知らなかったのだが、ブラッハーはバルト・ドイツ人の作曲家で、これは1943年の作品だということだ。今年の3月19日の上…

笑えてまとまりのある上演~チューリヒ歌劇場『セメレ』(配信)

チューリヒ歌劇場の配信でヘンデル『セメレ』を見た。2007年の上演映像で、ロバート・カーセン演出のものである。字幕などはない。 www.opernhaus.ch 『セメレ』は今年の初めにコーミッシュ・オーパー・ベルリンの配信を見たのだが、それに比べると全体的に…

西部劇に複雑な音楽~メトロポリタンオペラ『西部の娘』(配信)

メトロポリタンオペラの配信で『西部の娘』を見た。2018年の上演で、マルコ・アルミリアート指揮、ジャンカルロ・デル・モナコ演出のものである。プッチーニの作品だが、話は19世紀半ばの西部を舞台に酒場の女主人であるミニー(エヴァ=マリア・ヴェストブ…

50年代頃のイタリアが舞台の楽しいプロダクション~ウィーン国立歌劇場『チェネレントラ』(配信)

ウィーン国立歌劇場の『チェネレントラ』を配信で見た。スヴェン=エリク・べヒトルフ演出、ジャン=クリストフ・スピノジ指揮で、2018年2月22日に上演されたものである。 舞台は「サン・ソーニョ」というヨーロッパの小国らしいのだが、50年代くらいのイタ…

キャラが立った楽しい上演~ウィーン国立歌劇場『フィガロの結婚』(配信)

ウィーン国立歌劇場による『フィガロの結婚』の配信を見た。2021年2月4日に無観客で上演されたばかりの公演の録画らしい。指揮者はフィリップ・ジョルダンで、演出はジャン=ピエール・ポネルによるものである。 以前に配信でポネルの『チェネレントラ』を見…

やや演出に疑問~ウィーン国立歌劇場『皇帝ティートの慈悲』(配信)

ウィーン国立歌劇場の配信でモーツァルトのオペラ『皇帝ティートの慈悲』を見た。2016年4月4日の上演を録画したものである。演出家はユルゲン・フリム、指揮者はアダム・フィッシャーである。 ローマの皇帝ティートをめぐるいざこざを描いた作品である。ティ…

モーツァルトの音楽を使った抱腹絶倒のCovidコメディオペラ~フィンランド国立オペラ、Covid Fan Tutte(配信)

フィンランド国立オペラによるCovid Fan Tutteを配信で見た。2020年8月に初演された『コジ・ファン・トゥッテ』の翻案で、音楽は少しだけワーグナーなどが使われている以外はほぼモーツァルトである。指揮者のエサ=ペッカ・サロネンと、有名なワーグナーソ…

ピアチェンツァ市立劇場『アチ、ガラテアとポリフェモ』(配信)

ピアチェンツァ市立劇場による『アチ、ガラテアとポリフェモ』の公演を配信で見た。2020年11月15日に上演されたものである。指揮とチェンバロがルカ・グリエルミ、演出はジャンマリア・アリベルタである。ヘンデルが1708年に作ったイタリア語のカンタータで…

最後が怖い~ウィーン国立歌劇場『ルル』(配信)

ウィーン国立歌劇場の配信でベルクの『ルル』を見た。2017年の上演で、インゴ・メッツマッハー指揮、ウィリー・デッカー演出のものである。 play.wiener-staatsoper.at 基本的に一種類のセットで展開する話で、弧の形の壁の中で話しが展開する一方、その後ろ…

正攻法の豪華なヘンデル~『ロデリンダ』(配信)

METの配信でヘンデル『ロデリンダ』を見た。2011年に上演されたものの映像である。スティーヴン・ワズワースが演出、ハリー・ビケットが指揮をつとめている。 www.metopera.org ロデリンダ(ルネ・フレミング)はロンバルディアとミラノの王妃だが、夫のベル…

好みの問題だが、衣装が…コーミッシュ・オーパー・ベルリン『サンドリヨン』(配信)

コーミッシュ・オーパー・ベルリンの『サンドリヨン』を配信で見た。マスネのオペラである。ダミアーノ・ミキエレット演出、ヘンリク・ナサシ指揮によるもので、2016年に上演されたプロダクションの映像である。 www.youtube.com かなり現代風な演出で、舞台…

音楽はいいが、少し演出が地味かも~コーミッシュ・オーパー・ベルリン『セメレ』(配信)

コーミッシュ・オーパー・ベルリンによるヘンデル『セメレ』の上演を配信で見た。コンラート・ユングヘーネル指揮、バリー・コスキ演出で、2018年の上演を撮影したものらしい。台本は英語で、有名な王政復古期の劇作家であるウィリアム・コングリーヴによる…

無観客のカーテンコール~モデナ市立劇場『ダイドーとイニーアス』(配信)

モデナ市立劇場によるパーセル『ダイドーとイニーアス』オンライン配信を見た。マリオ・ソラッツォ指揮、ステファノ・モンティ演出で、2020年11月8日に収録されたものである。 www.youtube.com 同じくらいの時期にボストン・カメラータがやったものは事前に…

妖精や恋人たちのパートはとても良い~モンペリエ国立歌劇場『夏の夜の夢』(配信)

モンペリエ国立歌劇場、ベンジャミン・ブリテンの『夏の夜の夢』を配信で見た。テッド・ハフマン演出で、2019年5月10日に上演されたものの記録映像である。 www.youtube.com 全体的に非常にシンプルな美術で、平たい床がついた箱みたいなセットがあり、背景…

とてもよくできた鋭いプロダクション~メトロポリタンオペラ『マハゴニー市の興亡』(配信)

メトロポリタンオペラの配信で『マハゴニー市の興亡』を見た。ブレヒトとクルト・ヴァイルが組んだ有名作で、日本でも4年前に横浜で上演されている。これは1979年にジョン・デクスターが演出したものである。なんでもこの作品は1970年代までアメリカで上演さ…

あずまやのかわりにクロークで~日生劇場『メリー・ウィドー』

日生劇場で『メリー・ウィドー』を見た。台詞も歌も日本語で、歌には日本語の字幕がつくというものである。指揮は沖澤のどか、演出は眞鍋卓嗣である。www.nikikai.net 現代の大使館をイメージしたわりとシンプルでカクカクした直線を強調する白っぽいセット…

事前収録映像と歌を組み合わせ、しっかり配信向けに作ったオペラ~ボストン・カメラータ『ダイドーとイニーアス』(配信)

ボストン・カメラータの配信で『ダイドーとイニーアス』を見た。ネイハム・テイトが台本を書いたパーセルの短いオペラで、アンヌ・アゼマ演出のものである。配信のため新しく作られたプロダクションだ。お話はお馴染みの『アエネーイス』のカルタゴの下りで…

ちょっと演出の基本コンセプトがグラインドボーンに似すぎでは…東京オペラシティ『リナルド』(配信)

東京オペラシティで上演された鈴木優人プロデュースオペラVol.2、バッハ・コレギウム・ジャパンの『リナルド』を配信で見た。ヘンデルのバロックオペラである。セミ・ステージ形式の上演というのは今回、初めて見た。 www.japanarts.co.jp 新型コロナが流行…

華やかで現代風な上演~ウィーン国立歌劇場『ロミオとジュリエット』(配信)

ウィーン国立歌劇場のオペラ『ロミオとジュリエット』を配信で見た。指揮者はプラシド・ドミンゴ、演出家はユルゲン・フリムで、2017年に上演されたものである。 play.wiener-staatsoper.at 非常に現代的で華やかな演出である。ジュリエット(アイダ・ガリフ…

ファッショナブルでモダンな上演~ウィーン国立歌劇場『オーランドー』(配信)

ウィーン国立歌劇場で2019年に初演されたオペラ『オーランドー』を見た。これはヴァージニア・ウルフの『オーランドー』が原作で、作曲家がオルガ・ノイヴィルト、演出がポリー・グレアム、衣装が川久保玲というものである。オーランドー役は『アグリッピー…

屋根裏の夢~新国立劇場オペラ『夏の夜の夢』

新国立劇場でベンジャミン・ブリテン作曲のオペラ『夏の夜の夢』を見た。この演目は新型コロナウイルスロックダウンが始まってから配信で一度見たのだが、生の舞台で見るのは初めてである。デイヴィッド・マクヴィカー演出に基づき、「ニューノーマル時代の…

シェイクスピアの女性キャラクターに台詞と歌で迫る~『シェイクスピア~哀しみの女たち~』

髙岸未朝演出『シェイクスピア~哀しみの女たち~』を見てきた。シェイクスピア悲劇の女性キャラクターについて、モノローグとオペラのアリアを組み合わせて人物像を表現する企画である。演劇のモノローグは田野聖子、オペラのアリアは田村麻子が担当してい…

1940年代が舞台の上演~メトロポリタンオペラ『マノン・レスコー』(配信)

メトロポリタンオペラの配信で『マノン・レスコー』を見た。ファビオ・ルイージ指揮、リチャード・エア演出である。2016年に収録された公演である。 www.metopera.org 舞台が1940年のドイツ占領下のパリになっており、衣装や調度などもそういった雰囲気だ。…