セットや衣装にも気を配ったしっかりした上演~『カプレーティとモンテッキ』

 日生劇場で『カプレーティとモンテッキ』を見てきた。こちらはベッリーニのオペラで『ロミオとジュリエット』と同じお話を原作にしているが、かなり内容も味わいも違う。ライヴ上演ではないが、ジョイス・ディドナートがロメオ役の上演が配信されており、そちらを見たことがある。今回の上演は粟國淳演出、鈴木恵里奈指揮によるものである。 

opera.nissaytheatre.or.jp

 剣が刺さった壁みたいな背景があるセットで、この壁は真ん中で分割して動かすことができ、これを使っていろいろな場面の背景を転換している。おそらくカプレーティ家とモンテッキ家の政治的分断を示唆するために、こういう分割できる壁みたいなセットにしたのだろうなと思った。衣装はわりとルネサンス風で、正攻法でしっかり見せる感じの舞台である。最後のカプレーティ家の墓所の場面では透明な仕切りの後ろにジュリエッタが横たわるところから始まり、けっこう幻想的で不穏な感じなのだが、そこでロメーオ(加藤のぞみ)とジュリエッタ(オクサーナ・ステパニュック)が一緒に亡くなるところを見せることにより、分断とそれに対する抵抗を示そうとしているのかなと思った。

 珍しくオーケストラに近い前方(ただしすごく右寄り)の席で見たせいだと思うのだが、最初はパーカッション(トライアングル?)の音がやたらデカく聞こえて慣れるまで時間がかかったものの、音楽は大変ドラマティックで良かったと思う。当日配布のプログラムにも詳しく書かれていたが、わりと伴奏がシンプルで美しいメロディを強調する感じの音楽である。テバルド(山本耕平)がシェイクスピアの『ロミオとジュリエット』よりかなり大きい役で、大活躍していた。

 シェイクスピア劇よりはるかに政治的な要素がはっきりしており、シェイクスピア劇ではロミオはまだ少年と言っていいような若さでたいして政治のことも考えずに恋のことばかり考えているのだが、この作品ではロメーオが最初から若いながらもモンテッキ家の政治闘争にかかわっていて、かなり政治劇らしくなっている。このあたりはプログラムにある原基晶先生の解説にも詳しく説明されており、観劇の上で役に役に立った。ただ、これは前に配信で見た時も思ったのだが、シェイクスピア劇に比べるとジュリエッタの主体性が弱くなっているように感じられるのは気になる。作られた時代の趣味の問題なのだろうか…