バレエ

ロイヤルバレエ『シンデレラ』〜つまらん!ただの魔法!

ロイヤルバレエの『シンデレラ』を見てきた。 うーん…正直、この間見たマシュー・ボーンの翻案のほうがずっと面白かったな。なんというかプロコフィエフのシンデレラの音楽は、うまく処理すればいくらでも恋愛の機微を表現できるようなオトナな音楽だと思う…

ロイヤルバレエ『白鳥の湖』

ロイヤルバレエ『白鳥の湖』を見てきた。なんとチケット6ポンド。立ち見。 『白鳥の湖』は二回しか見たことがないし、そもそもバレエはそんなによく知らないのでまだちゃんと理解できたとはあまり思えないのだが、今回見てこれは童貞崇拝の話なんだなという…

リッチモンド座、モスクワシティバレエ『白鳥の湖』

この間の『ロミオとジュリエット』がイマイチだったのにもめげず、再びリッチモンド座でモスクワシティバレエの『白鳥の湖』を見た。生でオリジナル版『白鳥の湖』の舞台を見るのは初めて。 オケが相変わらずひどいのはなんとかしてほしいものだが、それ以外…

モスクワシティバレエ『ロミオとジュリエット』〜マチネの前には歯を磨こう

リッチモンド座でモスクワシティバレエの『ロミオとジュリエット』を見てきた。この間見たイングリッシュナショナルバレエに比べると全然パッとしなかった気がする。 まずジュリエット役のダンサーの芝居がちょっと…初めのほうのジュリエットはやたら陽気で…

ヴィクトリア&アルバート博物館「ディアギレフとバレエ・リュスの黄金時代」展

ヴィクトリア&アルバート博物館で「ディアギレフとバレエ・リュスの黄金時代」展を見てきた。会期末ということで大混雑、入場は一時間待ち。 展示品は舞台の書き割りやミニ復元模型などバレエ・リュスの美術関係資料、舞台衣装、文字資料の他、オリジナルの…

イングリッシュナショナルバレエ『ロミオとジュリエット』

イングリッシュナショナルバレエのバレエ版『ロミオとジュリエット』を見てきた。バレエ版を見るのは始めてなのだが、すごく面白かった。 まあ話は原作と同じなのだが、『ロミオとジュリエット』をそこらのお涙頂戴の悲恋ものと一線を画す一大恋愛悲劇にして…

まあ、さすがに大晦日らしい演目を〜マシュー・ボーンの『シンデレラ』

観劇納めってことで、サドラーズ・ウェルズ劇場でマシュー・ボーンのバレエ『シンデレラ』を鑑賞。日付が変わることが重要な演目なので、大晦日らしいかと… ボーン版『シンデレラ』は、音楽はプロコフィエフの有名なアレなのだが、設定はかなり違う。舞台は1…

お日様ホリデーなんていらねえぜ(5)〜シャルロッテンブルク宮殿と動物園など、そして壁の側とバレエ

♪ベルリンの壁の側 君は5フィート10インチ♪ さて、ドイツ五日目。この日はまずシャルロッテンブルク宮殿へ。 中は華麗の一言。修復はしてあるんだろうが、実に立派。 植物の壁紙の部屋。 …なんか、眠り姫の部屋を蔦とかがとりかこんで守ってるみたいな感じの…

マシュー・ボーン『白鳥の湖』はキャンプではない

今日は、すっかりバラマーケットにはまってしまった母がまたバラに行ってみやげを買いたいというので、またバラに連れて行ってターキッシュ・ディライトやパウンドケーキなどを購入。その後、コヴェントガーデンを散策した。 コヴェントガーデンにいたトナカ…